たた&にせ猫さんの備忘録

―演劇、映画、展覧会、本などなど、思うままに―

『ジャコメッティ展 国立新美術館開館10周年』 国立新美術館

2017年06月18日 | 日記
   『ジャコメッティ展 国立新美術館開館10周年』 国立新美術館  2017.6.16
         2017.6.14(水)―9.4(月)

   ―20世紀を代表する彫刻家、没後半世紀を経た大回顧展―
   “没後半世紀を経た”となっているのはジャコメッテイ(1901-1966)で没後51年目だからかな。

  美術書を読んだりするのが好きだけれど、彫刻を体系的に取り上げてある本をきちんと読んだことがなくて、彫刻をどのように鑑賞したり、楽しんだらよいのかよくわからないところがある。ただ、彫刻というのは不思議な存在感があって、例えば、渋谷でハチ公の像があるだけで、そこは単なる場所から、名前のある、意味ある空間になるというか。
  横浜美術館ではイサム・ノグチの作品が常設展示されていて、魅力的な空間を作っている。

  ジャコメッテイは2014年11月に『チューリッヒ美術館展』で≪森≫という表題の作品を見て、多分それ以前もジャコメッテイの作品は見ているのだろうけれど、印象に残った。今回もこのシリーズ作品が「4.群像」というコーナーで示されていた。

  細い人物像という独特のスタイルの不思議で美しい存在感。
  彫刻という動かないものに、「生きた眼差し」をとらえようとする。「見えるものを見えるとおりに」捉え、形造ろうとするが次の瞬間に同じには見えない。その困難と葛藤の先に独自の造形に行きつき、実存主義の哲学者や同時代の詩人に高く評価されたと。

  モデルを使ったり、記憶で作ったり、葛藤して、像がどんどん小さくなったり。すごく小さい作品が印象的。
  人物像が中心だが、犬と猫の像も。猫好きなので、やはり猫の像が好きかな。
 絵画も少し展示されていたが、独特のスモーキィな色彩。

  彫刻展はあまり人気がないのか、平日だからなのか、結構空いていて、広い空間の置かれた彫像をゆっくり見ることができた。展示が工夫されていて、それぞれの像がそれぞれの空間を邪魔していないというか、全体として存在感のある空間になっているというか、なかなか素敵でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『METライブビューイング R.... | トップ | 『パイレーツ オブ カリビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。