電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

NHK特集 『激震 “トランプ時代” 第2集  炎上 ヨーロッパ  ~広がる“自国第一主義”~』の感想

2017-04-24 11:51:46 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 NHK特集 『激震 “トランプ時代” 第2集  炎上 ヨーロッパ  ~広がる“自国第一主義”~』
 昨夜の特集はがっくりきた。トランプが当選することを予想できなくて、フェイクニュースと呼ばれたメディアにNHKも入る。今回は挽回すべく、万が一ルペンが当選しても、恥をかかないようにしたのだろう。ルペン特集が、メインだった。有力対抗馬のマクロンの紹介がないではないか。

 今は仏大統領選挙の決選投票にすすみ、マクロンとルペンの2人で、マイクロが圧倒的優勢と報じられる。このままマクロンが当選したら、NHKはまたヘマをしたことになる。つまり、これまでマクロンを説明せずに、ルペンばかりをとりあげた。やはりNHKはフェイクニュースになりつつある。これはルペンを詳しく取り上げたTBSにもいえる。焦って、2度も同じミスするとは、最後は予想を外さないだけまし?

 問題。なぜか関係がないナチスが3度出てきた。ナチスの迫害で知人が収容所送りになった人物が、民族融和を訴え、移民排斥を嫌い、反ルペンをする。ルペンを支持する息子を理解しない左派の母親。それもナチス絡みだ。ナチスは70年以上前の話だ。ルペンは、ナチスとは全く違うことが、まだわからないようだ。ナチスと関係づけるのは、欧米リベラルメディアの政治キャンペーンである。扇動好きな不公正なメディアのすることだ。

 ルペンと比べるべき民族派は、他にいる。現代の移民排斥と、ナチスのような国内の対立、人種差別の甚だしいのとは比較にならない。時代もかなり違う。ナチスの同列は、共産主義者。経営者、資本家、異分子を平気で強制収容所に送るソ連や中国、北朝鮮を支配する人権無視の独裁政党である。スターリン、毛沢東、ヒトラー、そして、金日成である。ルペンは明らかにこれら冷酷無比な輩より温和である。

 フランスにアフリカからの出稼ぎを嫌うのは昔からいる。それがシリアに変わっただけだろう。ドイツは、東ドイツの困窮者が西ドイツにやってきた時に、反対していた者たちがいる。そういう外人労働者の問題がある。そんな流れからルペンが台頭した。そんな歴史経緯をとりあげた報道こそが正論だ。が、NHKはまったくとりあげなく、極論となった。あきれる。人員も多いのだから、偏りすぎる報道はやめて、しっかりと歴史をふまえた上で移民問題を論じるべきであった。

 NHKはヨーロッパ諸国の歴史について、無知も甚だしい。右翼を戦前のナチスと比べるのは、時代の落差が大きく、メディアとしては不合格で失格なのだ。そもそもフランスのどこかの政党の政治キャンペーンにのっかる報道に同調して、扇動に加わることが、客観、中立を外れる。それもわかってないとは。

 無理にルペンをレーニンなどと同列にしようという試みは失敗する。ルペンが支持されるのは、NHKによると移民の排斥や治安維持などだけではなく、フランスの母親というイメージ戦略や農業の復活など政策があるからだった。

 ところで、トランプ大統領がドイツのメルケルと握手しなかった。私の記憶では安倍首相もメルケルを冷遇した。どうやら、世界の首脳はメルケルと同じ狢と呼ばれることを避ける。情報機関が何かつかんでいて、メルケルは不正をしているのだろう。それがみえてしまった。メルケルは東ドイツ育ちの社会主義者(だから、多くの移民など非労働者も社会主義的な政策で住居など提供して、国家として移民を受け入れ可能--統合前に荒廃していた東ドイツもそうだったから--と信じている)だからだけではない、と私は初めて知った。

  電波犯罪
 今日も危険な被害だ。鼻からさす被害で、目の前、後頭部などが痛む。昨夜、目が突然痛くなった。アルカリ剤が室内にサンムされた模様。

 なお、この危ない鼻から牛乳ではなく、鼻から針で脳さしは、メディアなどの人々もやられている。私はテレビを見たら、キャスターが目を刺されたり、脳さしをされたかは、区別できる。もうとっくに日本中に拡散していた。

 被害を軽減するなら、顔に、弱酸性の水でも噴霧したらよいだろう。アカは、アルカリ剤を好む。酸性にすると、その液体から電気が表面に流れて、皮膚内部への作用が減るらしい。つまり、弱酸性液は、被害を緩和する。
 これは仮説だが、当たっているだろう。弱酸性の石鹸やシャンプーで体を洗うと被害が下がるはずだ。

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家主義的グローバリズムの... | トップ | 山猫日記『北朝鮮危機を正し... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。