電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

園児や学生が首相を応援するよう教えることは、教育の中立性にあたる。

2017-03-13 11:16:11 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 首相を応援することは、教育の中立性にあたる。
 森友学園系列の幼稚園で、『安倍首相頑張れ』と園児が言ったことが、教育の中立性に反するという批判がある。が、首相や首長は、国の公的な役職である。特定政党の人物とみなしえない。

 首相頑張れ、というのはよい。子供の夢として、首相や大臣などになる。そんな公的で高い地位につくことを推奨するのは、社会の頂点を目指せとか、庶民が首相になるという夢であり、子供の希望をみたす。そういう憧れの対象を尊敬すること。それは、自然な感情である。園児や小学校の時から、国民を守ってくれる政府やその役職に対して、期待感をもたせることは正しい教育だ。反対に、『安倍首相嫌い』、『安倍退陣』とアンチな感情をいだかせるほうが、歪んでいる。

 国家を認め、国を統括する首相を支えるのは、国民として正しい振る舞いだ。日本政府やその執政者である総理を肯定するのは、日本国民のあり方として正しい。そう園児や小学生を育てるのは、よい。

 日本政府がつぶれろ、日本死ね、と声高に教室で叫ぶのは国民としての意識に問題がある。学校教育でそんな内乱志向はいけない。反政府行動に移すとテロリストとなる。反政府の活動や言論は往々にして、日本国民としてあるまじきことである。こちらは、犯罪となりうる行為まである。こういう国家の治安を乱すことを戒めるのが、公教育である。

 子供には『国は市民を守るよいところ。』、『総理は、国にお父さんのようだ。』と一般論を教えるのがよい。国を信頼する性格を養える。それがあると、反政府活動に嫌悪感をもち、簡単に転ばなくなる。

 では、安倍首相と個人名をつけることはどうか? 
 首相という役職を応援することはほぼない。だから、実際にはその役職についた人も応援する。だから、「安倍首相への応援」が悪くない。首相を支援したり、応援することは、特定政党の人物や特定のイデオロギーを称えることではない。

 日本では他国については、元首や首相や大統領を褒めることは、必ずしもよいことではない。日本で、金正恩大将軍バンザイと両手を挙げるのは日本国民としてはおかしい。金氏を同志と呼ぶのも、日本人らしくなく、主体思想の同調者とみなされる。習近平主席は同志というのは、中共のシンパで、特定イデオロギーの信奉者とみなされる。こういう偏向的なものは日本国民の教育に採り入れることは政治の中立性に反する。

 日本国の首相を称えるのは、国民としての自然な振る舞いであり、許容される。園児に国家のリーダー(首相)を尊敬する気持ちを教え込むことは大切である。それは日本国への信頼につながる。

 それは家族においては、父母への尊敬に通じる。宗教においては、神への畏敬になる。『安倍首相頑張れ』と教えることはまったく問題にならない。菅直人が首相の時では、『管直人首相頑張れ』で、よかったのである。このあたり、今となってはいろいろ思う人はいるだろうが、首相は日本の代表であり、尊敬すべき者であることは、1国民にとっても、園児にとってもかわらない事実である。

 園児や学生が、首相を支えようとすることに、応援することは、微笑ましく、めくじら立てるべきではない。

 大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 3月公式予知
1, 3月10-13日 M7 NZ
2, 3月13-16日 M6 イタリアかアフガン
3, 3月2日 M7 パプアニューギニア → ほぼ的中 3月6日 M6.5 ニューギニア
   
 電波犯罪
 一昨日は、特に疑似花粉症がひどかった。昨日は、靴底のゴムと川の間に切り目が入れられた。靴をぬぐ時に、皮とゴム底がはがれた。それで側面の皮とゴム底の接点をみると、大きな範囲にわたって切り目が入っていた。悪質である。
 目は痛む。風が強くあたるだけで、目が開けられないくらいのがここ3日はつづく。

  川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。何があろうと、人を傷つける権利はアカ細胞にない。
 
 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。毎日、音声送信はある。

 では

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本がすでにアジアの盟主で... | トップ | 教育勅語を教えることの国会... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。