電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

朝日テレビは、虚偽報道を萩生田光一氏に謝罪他、国営テレビ待望論

2017-08-09 11:32:44 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 朝日テレビは、萩生田光一が加計学園の再考責任者とした虚偽に近い報道を謝罪した。(正しい歴史認識…より)CNNにつづいて、朝日テレビの砲手の一つが撃破された。まだ虚偽の印象を植え付ける報道はこれだけとは思えないから、まだまだおさまらないと思う。テレビや新聞の週刊誌化。真実を伝えるジーナリスト魂はなくなり、あることないこと書きまくるようになったようだ。今更ではないが。このまま左派メディアは凋落しない。何段階かにわけて、落ちてゆく。

『トランプ大統領、自画自賛の「リアルニュース」を配信 ⇒ 「北朝鮮の番組みたい」と話題に(動画)』(ここから引用)
 トランプ大統領は、自ら政府の立場を説明するため、ニュース番組を作った。反対派のニュース番組があまりにも多くの反対番組を流すアメリカ。政府の主張を自ら訴えてゆくのは、必要不可欠なようだ。こういうことを大統領の私費でしなくてはならないのは、おかしい。

 国家としてやるべきである。国営テレビは必要だ。それは政府の主張と実績を正しく伝えるものとなるからだ。フェィクニュースが溢れかえる中では、国民は政府の主張に接する機会は必要だ。

 日本でも、NHKみたいな反政府の要素がいりまじるのは、公共放送とはとてもいえない。政府は自ら、1日最低、2時間を使い、自らの番組を作らなくてはいけないだろう。そう法律で規制すべきだ。
 そうでないと、国が何をしているかわからない。加計とか前川とか、籠池はどうでもいい。政府の活動をそのまま伝えてくれるところがほしい。

 左派メディアが政府や大統領の問題点とニュースを政略的に作ったようなものは、正当な番組ではいちいち説明しなくてもよい。それは左派メディアがやることで、政府やトランプ大統領自身が自ら語る必要はない。

  
  電波犯罪

 ややだるい。手と足先の血管が太くなった。昨夜、頭の周りが圧迫感でしめつけられるような電波が届いた。午後6時に1-2時間。これは電波を強めたもので、かなり近くから電波が飛んでくる代物だ。

 
 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腕下げ走法より、エチオピア... | トップ | 被爆国の日本は、原爆でやら... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。