電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!! 野合が勝つと円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

『経済成長(GDP)がないと、資本主義が終わっている』という元民主党ブレーンの水野和夫の予言は、民主党政権と共に破綻した。

2016-10-18 11:24:28 | 社会思想の終焉

 こんにちは
   
  大阪は晴れ
 
 『経済成長(GDP)がないと、資本主義が終わっている』という元民主党ブレーンの水野和夫の予言は、民主党政権と共に破綻した。

 なにしろ、経済成長率は低くても、日本の資本主義は日々、発展しているから。いまだに日本の資本主義が終わっているようにみえない。終わっていない。こんな簡単な現実もみえないのは、論外である。

 上記の間違いを日本人に広めたのは経済学者の水野氏だ。経済成長率が低くても、資本主義社会は発展しているのだから、終わるわけではない。そういう現実が見えずに、統計ばかりを見て勘違いをするのは、卓上の学者で、実態に疎い。ダメな経済学者の一例。経済学は、しだいに社会分析の指標として、使い物にならなくなりつつあることの証し。

 水野氏の全共闘の思い入れ仮説のブームも去り、支持されなくなる昨今だ。もう銀行マンなどはギャグでしか言わない。信じて、まじめに言う人は経済オンチくらいだ。

 水野和夫氏は仙谷由人の経済ブレーンだった。日本空洞化の張本人かどうかははっきりしないが、そういう民主党政権の日本凋落者の原因の一人の『私見』にいつまでもとらわれるとは、情けない。

 彼の経歴をみると、こういう意味だったのだとわかる。『民主党政権で経済成長ゼロになり、日本の資本主義が終わる』。どうやら野田元首相のおかげで、彼の予言は泡と消えた。日本は助かった。

 万が一、資本主義に終焉になったら、1990年に決定的に終わった社会主義に戻るわけにもいかず、すでに崩壊して資本主義社会の寄生虫となった共産社会(中共も北もキューバも)に退化させることもできない。資本主義を続けるしか選択肢がないが、それをベースによりよきシステムを構築することになる。
   
   
 大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 震災は11/3-6あたりです。仙台-東京で大地震です。イスラムの地震後。富士山・神奈川地震の後です。
   
 本日の被害
 軽い頭痛がある。悪質なのがきた。他はいつも通り。日曜から、目がやや痛む。
  
 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくたくさんある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『NHK特集 資本主義の未来 ... | トップ | 新潮45 11月号の感想 「医薬... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。