電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

ニュース23は北朝鮮ミサイルに対する避難訓練に反対した。が、それこそ専守防衛の日本国憲法を守る国民のあり方では?

2017-07-15 11:44:01 | 社会思想の終焉

 こんにちは
 昨夜、ニュース23が、北朝鮮に対するミサイル訓練は市民を無用に不安すると、反対していた。小学校と市の訓練が行われていた。
 日本は日本国憲法があって、軍事に消極的になる。北朝鮮のミサイルを発射する時に壊せない。防衛に徹するしかない。避難訓練をする。日本国憲法を守る故に、ミサイル避難が全面に出ることになった。
 防衛、市民の避難訓練。実に、専守防衛の現日本国憲法を象徴する光景である。

 ミサイルが万が一、失敗して、方向を誤り、日本に激突する可能性もある。全国民はそれを一番、心配している。北陸は、ミサイルの方向が間違って、日本に飛んでくる時に、爆撃される可能性が最も高い地域。住民の不安はいかばかりか。

 実際は、避難訓練をやっておくと、少しでもその不安がやわらぐ。つまり、不安を煽っているのではなく、政府は、市民の不安を沈めようとしている。何も防災訓練しなかったら、ミサイルが落ちた時に、どうしてよいかわからない。ただただおろおろする。避難訓練はそんな心配を消してくれる。

 東京の人は、特にTBSメディア、そういうミサイル発射実権を連発する北朝鮮に最も近い北陸の人の恐怖がまったく理解できてないようだ。がっかりだった。東京も、北陸に見習って、米軍基地の周辺100kmは、避難訓練をしたほうがよいのではないか。


 ネットの産経新聞はタイトルが長い。最初に開かれる1ページの上部に1日の主要記事全部表示しないと、読者は面倒なのだ。下のほうに記事があっても、探せない。あいかわらず読みにくい。誰がこんなに読みにくくしているのか。本当に、ネットの使い方を知らない。

  電波犯罪
7/15 頭内部がひどくさされる。こんなきけんなことをする日本人が多数いる日本に外国人は来なくなる。告発されたら、私は懸命に海外に訴えよう。誰も日本にこなくなるだろう。犯罪組織を解体して、犯人をすべて捕まえるまで。

 上海で横断違反の人物は、写真にとられ、電光掲示板に氏名が出るようだ。顔認証システムで、氏名などがつきとめられる。
 『「ビッグブラザー」中国…違反横断すれば電光掲示板に顔・名前表示』(中央日報7/14)

 こういうのは防犯上、非常によい。「ビッグブラザー」とは、ジョージ・オーウェル『1984年』の社会構成員を監視システムの呼び名らしい。中国は2020年までにそれを目指す。中共は日本のアカを参考にしたのではないか? アカの考えることはみな同じだ。

 7/14 おでこが昨夜に一度痛む。午前5時から痛みが強くなる。朝には強烈な痛みとなった。あまりの痛みで2時間ほど寝込んでいた。95-98年に多発した症状だ。
 今わかる範囲では、脳や頭によく作用する鎮静剤か向精神薬の一種を飲まされる。食いものに混ぜるか、睡眠中に、内視鏡などを使って飲ませる。電波を浴びせると、おでこあたりが痛むしかけだ。
 緩和するのは、酸性のもので、ビタミンCがよい。その錠剤を5つ飲んだら、止まった。鎮痛剤も飲んだ。
 95-98年に、こんな薬剤-を飲まされていたと知った。音声送信によると、牛乳にも入れたという。白い薬のようだ。
 午後はなぜか回復した。午前の頭痛は何だったのか? という不思議な1日である。

 鎮痛薬はこの被害者は常備しなくてはならない。私のおすすめは、イブA錠。白い箱のエスエス製薬のもの。無水カフェインが入っていて、それで私は気力は衰えないと思う。私の勘では、酸化マグネシウム入りはやめというほうがよい。もっとよく効くというものには、入っている酸化マグネシウム。
 一番の理由は、安く、余計なものが入ってない。

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプジュニアとロシア弁... | トップ | 人工知能とロボットが共産労... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事