電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

強行採決ではなく、野党ご都合欠席採決。厚生労働省がブラック企業リスト公表、文在寅-弁護士大統領の宿命、

2017-05-11 11:30:31 | 社会思想の終焉

 こんにちは

『「共謀罪」法案、18日に衆院採決へ 与党、強行の構え』(朝日新聞 5/11)
 審議拒否の野党のせいで、遅れに遅れた。日程がわかったらしい。強行かどうかはどうでもよいことだ。何をしても、野党は反対してボイコットする。野党が自らの意志で審議をさぼるときに採決すると、『強行』という名がつくだけのこと。強行というよりも、野党さぼり採決、もしくは民進党欠席採決である。野党ご都合欠席採決とよぼう。大事な採決の時に、病気でもないのに休む。悪いのは審議もしない上に、多数決の時に欠席する野党である。
 国会の停滞が著しい。欠席を正当化させないために、国会のルールを法律で作るべきである。
 この法案は、国会をさぼる民進党員が何十人いても、成立させなくてはいけない法律だ。やっと採決だ。今国会会期中に成立できたら、安倍首相は立派。

 

『ブラック企業リスト、厚生労働省が334社を公表 今後は毎月更新』(ハフポスト 5/11)
 ブラック企業を厚生省が発表した。沖縄が多く11社もあった。

 文在寅、韓国新大統領は元弁護士、他人の顔色を見て動く輩だ
 彼は弁護士。弁護士というと、オバマ。自らの政策は最初の頃だけ。あとは、周囲の顔色を伺い、何も自分で決断できずに過ごした。
 文在寅も、同じような経緯をたどるだろう。彼は公約を1-2年かけて実施する。そうやって、社会主義的に雇用を増やす。従北、反日政策を開始する。当然、景気はよくならない。で、それ以後は新しい目標は特に目立つものは作らない。

 弁護士は依頼があって、はじめて動くもの。彼もまた自主性がなく、誰か命令者がバックにいて、その意向に従うしかないはずだ。つまり、彼はそうそうに操り人形と化す。

 日本としては、彼に影響を与えるには、背後の人脈を探ることになる。彼は意見などたいしたものはないだから。何かを強行に主張する者がそこにいたら、それが政権のキーマンとなる。

 彼は北朝鮮の代理人ではある。結局は、北の手先になるのではないか。だが、その間にいて、指揮する者がいるはずだ。それを見極めて、日本は対応しなくてはならない。

 
 
  電波犯罪
今日は同じ。頭の中が痛む。頭の中に、血が出た、と音声送信で言われる。こんなことを繰り返したら、また死ぬではないか。アカが。

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。数日に1日は毒。毎日、音声送信はある。

 では

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済政策なき文在寅 韓国は... | トップ | 日本はスパイ天国 中国人諜... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。