電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

「鑑定価格」はデマ用語、森友学園の土地は正しい鑑定価格が3000万円

2017-03-29 11:54:26 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 大阪は晴れ
 昨今の報道の間違いを指摘するのは社会上は重要なことではない。私にとっては練習である。
 
 「デマ」と「虚偽」
 民進党の玉木雄一郎が、Twitterで3月26日に「昨日はあまりにデマが酷いので、辻元議員が~」と。

 籠池氏と安倍照恵夫人とのメールのやりとりの中に、辻元議員が塚本幼稚園に侵入したことと、関西生コンの作業員を永友学園の下請け業者に送り込んだ疑惑があった。

 民進党は、文書を配布して、「内容は事実に反する虚偽のものです。」、「ネット上に流された根も葉もない噂」、「そのような事実は一切存在しません。」と弁解した。そして、「このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます。」とメディアに圧力をかけた。

 「デマ」と「虚偽」でイメージ悪化を狙い、つぶす。長友学園でそれを煽っていた側は、その手法をよく知るようだ。その撲滅の仕方も。デマと虚偽が国会とメディアにあふれる。

 「鑑定価格=9億6千万円はデマ」

 最近の永友学園の報道も、同じ構成である。デマと虚偽で貶めた。「鑑定価格は9億6千万円」という言葉がメディアに踊る。この高すぎる鑑定価格はおかしい。

 土中にゴミが埋もれているから、瑕疵のある土地で、その分、値段が下がる。

 鑑定価格というのは、最初に簡単に出した価格ではなく、最終的に判断した土地の値段である。最初に、単純に計算して出した値段を鑑定価格と呼ぶことがおかしい。

 不動産の正しい専門用語は「鑑定評価額」である。鑑定評価額は公示価格などにも使われ、公的な価格となる。それは、客観的な値段である。不動産鑑定士がつける土地の妥当な値段である。土の中にゴミが埋まっていたら、それを取り除く費用は当然差し引かれ、土地は安くなる。

 マスコミは、客観的な価格を示さずに、当初の瑕疵がないと仮定したような価格を、「鑑定価格」という独特の言葉で呼ぶ。似た言葉を使って、事実と違うことを報道するデマである。が、「鑑定価格」は今回の報道のみに使われるマスコミ独特の用語であり、この用法は正しい言葉の使い方ではない。

 「鑑定価格が9億6千万円」は、デマである。皆様は騙されないようにしたい。正しい鑑定価格(鑑定評価額)は、9億6千万円から、ゴミ処理費用の8億円と有害物質除去費用1億3千万円をひいた3千万円である。売買関係の事実からは、こちらが客観的な価格だ。

 「鑑定価格は3000万円」とメディアは改めるべきである。瑕疵のある土地を、瑕疵がなかったかのように計算してつけた間違った「鑑定価格」は、適正な値段ではなく、メディアはそのテロップなどをすぐにひっこめるべきだ。
 
 大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 3月公式予知
1, 3月18日 M7 NZ
2, 3月29日 M6 イタリア
   
 電波犯罪
 鼻が異常にかゆい。家の中ほどそうなる。目も痛み、涙がよく出る。あおさを食べて、疑似花粉症を治療する。 

  川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。何があろうと、人を傷つける権利はアカ細胞にない。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。毎日、音声送信はある。疑似花粉症で生活できないほどだ。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会思想が終わった後のテー... | トップ | 証人喚問で真相は明らかにな... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。