電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

マイケル・サンデル『これからの正義の話をしよう』-格差原理の実現した社会とは、扶養控除150万円はよい決断

2016-11-25 10:59:52 | マイケル・サンデル

 こんにちは 晴れ

 配偶者控除 --150万円を上限
 なかなかよい決断だ。パートから税金とっても微々たるもの。それなら、働きやすくしておくほうがよい。貧乏人はメリットが大きい。

『<配偶者控除>パート世帯にメリット…150万円上限』(毎日新聞 11/25)

 
 マイケル・サンデル『これからの正義の話をしよう』格差原理の実現した社会とは

    ロールズは「格差原理」で、
   
    天賦の才能や家庭環境は、偶然によって生じた、という。それを恣意的という。
   
    そのように有利に生まれ、才能をもったからにはその成果を、才能がない者に分け与えるべきだ。そんな社会の仕組みを作るべきという。
   
    そんなことが249頁に書かれてある。私は、実力者が得た報酬を無能な者に与える理由がいまいちみえてこない。それはともかく、
   
    ロールズは、1.封建制度、2.リバタリアニズム、3.実力主義は、「恣意的要員(生まれ、社会的・経済的優位性、生来の才能や能力)」を分配の基準にしていると主張する(251頁)。
   
    「こうした偶然性を所得と富の分配基準にしていないのは格差原理だけだ。」ともいう。
    
    実力や能力を偶然性、恣意性と分配の基準から捨象するのはおかしいとは思う。が、これで、格差原理が見えた。格差原理が実現した社会は、まったく素晴らしくない。
   
    格差原理では、人間は2タイプいる。一つは才能があり、活躍して富を得る者。もう一人は無能で、稼ぎがなく貧困に陥る者だ。
   
    まずは配分を決めるために、個人は、天賦の才能や家庭環境などの有利性を取り除かれる。無能で貧乏人とみなされる。彼は、恣意的なもの、実力や能力、家庭環境の有利性で余分に受け取れない。よって、彼がもらうのは、無能な一人として受け取れる分である。それはおそらく、最低限の配分で、人間が生きて行く上での最低限の保障である。いわば、生活保護だ。
   
    格差原理が通用する社会では、飢えて死ぬことはない。が、格差原理の恩恵に預かる者は、実力や能力がある者達が受け取る分を、けっして受け取れない。貧者や才能がない者は、最低の保障のみを受け取る。
   
    格差原理の実現した社会は、有能な者がいる一方で、他方で、貧者が金持ちからの配給で最低限の生活ができるようである。貧乏人は、社会主義国家と似たようなもので、生きてゆくための食料や家などは与えられる。が、才能ある者達が手にするような豊かなものや多くのカネは何一つもらえない。
    
    反論1-動機、反論2-努力。これは、こんな社会では、やる気を失う。努力分の報酬がないという批判だ。これは社会主義への反論に使われるものだ。ソ連の集団農場では、人々はやる気を失った。そこでは、給料が同じだから、努力も報われない。サンデルは、ロールズを社会主義的だと、反論した。彼の反論は要領は得てないが。
   
    才能がある者も、実力社会なら受け取れるはずの多額の報酬をまったく受け取れなく、質素に暮らす。こちらが、格差原理の主な説明だ。金持ちはそれを稼ぎだす才能はある。その才能で蓄えたお金を、貧困層に回さなくてはいけない。
   
    格差原理は、ベーシックインカム=最低保障と人を導く。路頭に迷うことがない分だけ、素晴らしい社会かもしれない。有能な人は、儲けの大方を貧困層にとられてゆくから、巨万の富は築かない。が、彼の才能を発揮するために必要な分は受け取れる。
   
    これは賃金差があまり広がってはいなくて、富者は高給をもらわず、会社の従業員に給料を高めにあげ、生活保護が増えた日本社会のようである。
   
    これが社会主義と違うのは、才能ある者は自由に活動して、稼ぐことができる点だ。社会主義では、個人の自由な活動が禁じられ、自由の行使が許されない。それをすると資本主義になるから、国家がそれを抹殺する。だから、ロールズの描く社会は、この部分では、社会主義ではなく、自由主義である。
   
    ロールズの「格差原理」がゆきわたる社会が、社会主義だと少しでも思った人は、知的な貧困層である。彼は自由主義の社会をベースにして、いかに配分をよくしようかと試行錯誤している。

    
    というわけで、これは資本主義の話なのに、社会主義のことと思ったあなた。あなたは社会論に貧弱だから、天賦の才能をもつ人たちの知識を配分してもらうのがよいだろう。格差原理に従って。ここを読みつづけるか、サンデルでも読んだらよい。
   

  大野地震研究所 http://tasuku2013.web.fc2.com/world007.htm
 東京-仙台震災は来年1月です。富士山・神奈川地震の後です。
   
 本日の被害
 口の中をかみ傷つく。すると口の中のそこを傷つけける輩がいる。治りが悪い。今日は目が痛む。目を3箇所以上は刺された。

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくたくさんある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。睡眠中に目を刺された。マスクして寝る。毎日、鏡で歯を見る。音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイケル・サンデル『これか... | トップ | 公的年金、運用益2.3兆円=... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マイケル・サンデル」カテゴリの最新記事