電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

加計文書の作成者を出して、真意をきかないとわからないんじゃない?、とかげの頭だよ。

2017-07-11 12:00:24 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 メディアの政治報道のあまりののろさに、辟易する。

 加計問題を解決するには、とりあえず、政府は急いで獣医師の必要数の予測を作れ。それで必要かどうか判断できるだろう。気の利いた官僚はいないから困る。

 次に、あの怪文書の作者を出せ。真意は彼女にしかわからないのだから、それを問い詰める。告発側は情報提供者を秘密にしなくてはならない。だが、それは告発された側、政府の義務ではない。政府の調査で当人が判明したでいい。

 ところで告発者は前川氏だったのか? 他にいるかもはっきりしない。私は怪文書の作成者にきかないとわからないと思うのだ。彼女が告発したのかどうか? そこも大問題だ。彼女は単に、文書を書いただけで、保管していたのを誰かに、メディアに流されたのかどうかも、大切なことだ。

 怪文書は、作成者自身が出てこないのでは、闇が残ったままで、疑惑は晴れない。メディアもそこが一つの焦点と気づけば良い。

 もうメディアはいつまでもくだらないことに時間を使うな。早く終結させてほしい。

 籠池問題について
 とかげのしっぽきりというが、彼が森友学園のトップではないか。彼こそが森友問題の元締めである。訴えられたのは学園や保育園の運営で補助金申請(小学校と園の職員の)で違法の疑いがかかったから。その黒い闇は、学園内の彼ら一族と職員にしかわからないこと。外部の政治家は、何の関係もない。とかげのしっぽではなく、頭が人前に出たのではないかな?

  電波犯罪
 今日は、脳が少し、切られ、出血した感じだ。目をつぶるといつも真っ白だが、赤い感じが見える。わずかに血液が頭に出たようだ。
 かなり危険な犯罪行為である。私は死ぬかと思った。アカが。

 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党は女の闘いで、小池百... | トップ | 祝 組織犯罪処罰法の施行 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。