電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

民主主義では、衆愚政治で人気とりが始まり、衆愚メディアがのさばる

2017-07-31 10:59:54 | 社会思想の終焉

 こんにちは

 民主主義は1,愚衆政治と2,愚衆メディアをもたらす
 民主主義がすすむと、大衆が数の力をもち、政治家が大衆におもねる。政治の質をないがしろにして、ただただ評判がよい人気取り政策のみをする。それが愚衆政治。専門家の正しい問題解決よりも、大衆の気分で政策を決めるという反知性政治だ。これは民主主義の弊害の一つだ。

 大衆の意見とは、世論のことだ。それを反映するメディアが、愚衆の先導係となる。この時、メディアは自ら大衆のなすがままとなる。愚衆メディアが誕生する。メディアの反知性化が起きる。

 衆愚メディアは正しい社会テーマを定義することなく、その時々の大衆の関心をのみ映し出し、人気がとれる安易な解決法を、正しいものとする。これはメディアが世論を的確に反映することが条件だ。

 メディアが世論を正確に反映しないケースもある。一方的な意見のみを掲載する。国家をつぶすような内容のみを掲載する。政治を混乱させるような策略ばかりを弄する。極論ばかりを記事にするなど、偏ったメディアが現れる。

 民主主義は、大衆を管理すると、政治をコントロールできる。悪どい国が、他国を自分が都合がよいようにしようとして、よく行う干渉だ。また一部の利益団体が、自らの利益をえるために、メディアを使う時に起きる。

 そんなのが強くなると、どうなるか?

 そのメディアの予測や意見は、大衆のそれと一致しなくなる。現在、そういうものはフェイクニュースと呼ばれる。

 例えば、CNN。米国人はトランプ大統領を選んだ。が、大統領選挙の報道ではヒラリー有利と一方的な情報を掲載した。世論をまさしく反映してなかった。彼らは、大衆の意見などテレビニュースでとりあげることはなく、民主党とそのシンパの主張のみを話題にした。

 朝日新聞は、戦後から一貫して、世論を反映していない。日本は自民党を支持する大多数の国民世論から成る国だ。が、朝日は反自民という少数派の意見しかとりあげなかった。毎日新聞しかり。一部、マルクス主義かぶりの子供じみた革命思想の幻想を、連日、紙面にした。常に、アヒ新聞は反政府的だ。それは日本国民の心の声とは違った。

 テレビ新聞メディアと呼ばれるが、世論は反映しない。一部、少数の極論をデカデカと報道するのみだ。一部、邪な政治勢力は、考えた。声が大きいと、世論、大衆の意見のように人々は錯覚する。それで、政治を乗っ取れる、と。そういう目的の下に、作られたのが朝日新聞や、毎日新聞などの偏向左派の主張である。愚衆だから、どうせ物事の善悪は見極められない、間違いでも繰り返し記事にすると、容易に信じるだろう。そういう愚衆をメディア管理する手法がとられている。

これもまた民主主義の愚衆化の現れの一つである。愚衆の群れが、政治、一部メディアに影響を与える。そこを利用している。

 左翼の一部で、日本社会の反知性化は、安倍政治のせいだ、というのがいる。いや、加計、籠池学園問題、スーダン日報問題など、中身がないどうでもよいようなことをいつまでも報道して、大衆が政治に疑いが向くように先導したのが原因だ。チープなニュースを連日、聞かされ、国民はうんざりだ。これはメディアが、自ら愚かになったことで、メディア自身の反知性化である。

 健全で賢明な判断を保ちたい人は、こういうのに巻き込まれてはいけない。愚衆の一員になって、反知性の渦の中に入る。そうなりたくないなら、左派メディアからは距離をおくべきである。

 政治家は正しいことを提案して、実行。それを大衆に説明して、大衆の支持を得ることが肝要である。民主主義で、政治が正しいことをするには、そうするしかない。

 必ずしも、政治家はいつまでも愚衆メディアにつきあう必要はない。そういうものは適当にいなすのが肝要である。政治家の会見で、どうでもよい本人のこだわりがある記者がいつまでもしつこく食い下がるが、うまくあしらう。大手メディアといえどもだ。

日報問題は、もう解決ずみ


 自衛隊の日報の疑惑は、特別観察の報告で、解明された。稲田大臣は隠蔽の関与なし。事務方が隠蔽を指示した。決着はついた。それ以上、何も出てこない。
それ以上に、当時の会議などの状況がわかったとしても、瑣末なことで、欠局、稲田大臣は認識してないことが、唯一の重要な事実なのだから、それで十分だ。

 そもそも隠蔽という言い方がよくない。機密に関わる自衛隊の資料なのだから、それは微妙な問題を含む。完全公開できる代物ではない。それをすべて公開すると、防御方法もばらされることになり、現地の乱暴な連中に攻撃を受け、自衛隊員の命があぶなくなるかもしれなかった。
 機密情報と扱い、一般公開はしないのが、ふつう。そういう秘匿性の高いものを無条件に公開しろ、と迫るほうがどうかしている。隠蔽ではなく、秘匿である。
 日報は、単に、自衛隊内の現地報告だ。当時は気密性が高いものだった。一般への広報とは違う。そこを勘違いしてはいけない。自衛隊の内部資料であり、険しい地域で活動中であり、公開が原則ではない。非公開が当然だったものだ。

 そういう機密情報に対して、隠蔽、隠蔽と騒ぎだてるのは、愚かだとそろそろ気づかなくてはいけない。


  電波犯罪

 今朝は、頭が圧迫される感じがあった。執筆中に一時、頭が異常に暑くなって寝込む。

 シャワーに入ると、玄関の音がして、廊下で足音がなった。誰か帰っきたのかと思ったが、私いなかった。ストーカーはつまらない小細工を。


 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次の民進党代表は、反共の前... | トップ | 世界水泳で、惨敗。体力が持... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。