電波犯罪と超科学

アベノミクスで上層と下層が潤った。これから中間層だ。よって、継続!!
野合になると円高、株安でデフレ深刻、景気悪化!!

テロ処罰法は、犯罪を考え(計画)ただけでは捕まらない。準備して、はじめて捕まる。

2017-05-25 11:58:01 | 社会思想の終焉

こんにちは

  左翼は、共謀罪の反対する理由として、間違ったことをあげる。 『共謀罪は、実行する前に、犯罪を考えただけで取り締まる。 』と嘘をつく。それを信じるのは詐欺にひっかかった主婦のようだ。正しくは、考えた(犯罪を計画した)だけでは捕まらず、準備をした時に捕まる。

例えば、火炎瓶をデモ闘争用に大量に作って、家の中に保管していたら、アウトだ。「火炎瓶を作ろう」と考えただけでは、そんな危険人物も、捕まらない。

 が、現在の法律では、単独犯は捕まりにくい。デモは、集団活動で、そこで火炎瓶を投げるのは組織犯罪になるが。


 テロ犯罪の構成要件というのがある。
「改正案は、過去3回廃案となった共謀罪と異なり、テロ組織や麻薬密売組織など「重大な犯罪」の実行を目的とした「組織的犯罪集団」に適用対象を限定した。具体的な計画(合意)に加え、資金調達や犯行現場の下見などを実行するための「準備行為」も要件とした。」(組織犯罪処罰法改正案が審議入り 産経新聞4/6より)

 捕まえるには、1, メンバー達が合意した具体的な計画と2, 「準備行為」が要件となる。計画しただけでは捕まらない。つまり、犯罪を考え、人に吹聴しただけでは、反政府活動家と認定されても、こんな迷惑であっても、それだけでは捕まえられない。

 ネトサヨの中には、こういう基礎的なことも理解してないで、朝日や毎日の嘘を信じて「犯罪を考えただけで捕まる」と勘違いしまま、不安がるのがいて、悲しい。

 よく考えると、普段から犯罪組織を監視するのは戦後から行われている。新たに、監視されるわけではない。監視されるというが、市民が新たにそうなると怯えるのは、歴史を知らなすぎる。

 公安調査庁が監視するのは過去にテロ行為を行い、いまだその闘争をやめない団体、中核派、革マル派、日本共産党などである。なぜか、新聞で、監視対象が日本共産党になるとはっきり言わないのが、残念だ。

 日本共産党がテロ組織というのは日本国が認定したものだ。誰が言っても正しく、当然、名誉毀損にもならないし、非難されることもない。もっと大勢が言うべきものだ。

 これらテロ組織が、犯罪を計画した兆しがみえた時、警察はさらなる監視に入る。そして、犯罪組織がターゲットを襲撃する準備を始める。具体的には、殺人電波を浴びせるのではなく、室内に侵入して毒を飲ませようと、毒を入手した時だ。それを警察が確認したら、警察が**党員を逮捕、**党支部を捜索する、という流れになるだろう。

 思想で取り締まるものとは大きく異なる。具体的に、「ガソリンを購入した」とか、「爆弾の材料を入手した」。爆弾製造になるが、それら犯行の道具を製造するために、材料を購入する。それを警察が捜査で確認すると、それら準備行為は非合法となる。そして、警察は、犯罪組織を摘発して、犯行を準備段階で中止させる。

 このようにして、警察は爆弾が炸裂する前に、テロを未然に防ぐ。このように、犯罪計画を考えただけでは捕まえずに、準備行為に動いたら、逮捕するというのが、今回の法律の主旨である。

 欧米でも、テロを実行しようとして捕まるのは、たいてい「銃器収集者だ。」。日本では、銃は持つだけで逮捕されるが、今回のテロ法では「ガソリンと瓶」や「ピッキング工具」など持っているだけでは罪にならないものを実行するために家の中に揃えた犯罪組織の輩達だ。実際に、日本でもそのように明らかな「犯行の道具」を所持するのが、最初に捕まるだろう。あれはこれまでのように、犯行が行われるまで逮捕できなかったのが、これからは、計画と準備行動(犯行の道具を用意すること)で、明らかにテロの犯行手前で、危険なのを逮捕するのが、テロ処罰法である。


 テロ防止法はまっとうな市民が恐れる法律ではない。おわかり頂けたであろうか。

電波犯罪
頭の中が刺されている。命知らずな連中だ。目も刺されている。今日はややだるい。


 川西と池田のアカはキチガイだ。私に何かすると党に迷惑になることがまだわかってない。もうすぐ捕まるのにまだ犯行を続ける。
『アカファイルで不倫の子が夫にバレた。夫にも外に作った子がいる。だから死ぬ必要はない。』http://blog.goo.ne.jp/tasuku44/e/55551d70f14aff5b2b47e20ed193777b

 今日も目を刺された。目に赤い傷が小さくある。ストーカーは毎日、大店などでみかける。歯削りがひどい。夜は噴霧剤と目への刺激電波だ。脳刺し。体が疲れやすい薬を睡眠中に飲まされるのは5月から。毎日、音声送信はある。

 では

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝 組織犯罪処罰法の衆議院... | トップ | 前川喜平氏の怪文書 --『総... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会思想の終焉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。