Life likes whisky.

20代にしてウイスキーにハマってしまった筆者によるブログ。
Twitter:@Ruud_whisky

ニッカ カフェグレーン

2017-06-14 00:51:33 | NIKKA

ニッカ「第二の武器」カフェグレーンをご紹介。

国産の本格ウイスキーを追い求めた竹鶴政孝が、カフェ式の
連続蒸留機を設けたのは1962年のこと。
当時はまだ仙台工場(宮城峡)竣工前で西宮工場に設置され、
仙台にやってきたのは1999年と、比較的最近になってから。

導入された段階で既に旧式だったカフェ式蒸留機ですが、
蒸留効率で劣る分、蒸留しても香味成分が含まれており、
グレーンを「薄め液」ではなく「ブレンドの構成要素」と
とらえていたニッカで採用されました。



現在では世界で数えるほどしか残っていないカフェ式蒸留機。
余市の石炭直火蒸留と並び、ニッカの個性を生み出す源泉と言えます。

接着剤のような臭いとバニラ。ドシッと重みがある。
さらに青リンゴ、蜂蜜。全体的に香りの濃度が高い。

ストレートですとアルコールと同時にかなりの甘味を感じます。
カラメルのような、苦味を伴った甘味が押し寄せますが、
一定のところでフッと甘味が潔く消えるフィニッシュ。

加水するとフルーティーな香りがより引き立ちますね。
ふんわりと柔らかな甘さに包まれ、飲みやすい。
ロックにすると、風味が薄まる一方渋みがフィニッシュに凝縮される。
香りはまずまず残りますが、個人的には好みではない起承転結。

ハイボールにすると、メロンのような瓜系の、やや甘めの香りが
強く立ちますが、甘さがやや短調で物足りなさを感じ、
クリアに振り切っている知多のほうがハイボールとしては優秀。

単体でもいただけるだけの味わいを持ちながら、グレーン本来の
役割であるブレンドも楽しそうな銘柄。
遊んでみたいものの、結構お値段が張るのが悩みどころです。

香りB- 風味B+ 厚みB 余韻B- C/P C- 総合B-

ウイスキー ブログランキングへ
ジャンル:
お酒・お茶
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポートシャーロット スコティ... | TOP | ウイスキー梅酒(2年目編) »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | NIKKA

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。