黄昏の空のむこう側に

空に心を浮かべてみる

君の姿はないけれど

2017-05-05 22:01:28 | 日記


君が言葉少なになった理由は


わかるようでわからない



寂しいな....


とは思う



言葉だけでは伝えられなくて


言葉だけでは誤解を生む



君が遠くに感じられるけど



しょうがない



私は私の君を想うだけ



寂しさの分を優しさで補うため




そうだった



君がいてくれるだけでいいんだ



今夜はあの干潟を想うことにする



君の姿はなかったけど


もうずいぶん前から


あの干潟そのものを


私は君と重ねている













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒れ狂う空 | トップ | 流星 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。