黄昏の空のむこう側に

空に心を浮かべてみる

月と日と地

2017-07-23 09:13:10 | 日記


心が望み欲するほどに

絶望、悲嘆、落胆が伴う

....

伴うというのか欲した瞬間に

それらを包括しているのだろう


....


逢うことも、離れることも望まない


つかず離れずのまま


距離は遠ざかったり、近づいたり






日を憧れ

地は嘆く

闇に月仰ぎ

思ひ慰む





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心亡くす | トップ | 見上げる空は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事