古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

「平常心で戦え」 京都・長岡京で高校球児を激励

2017-07-13 09:54:03 | 士 cerebrity
 夏の全国高校野球選手権京都大会の開幕を前に、京都府長岡京市の中小路健吾市長が6日、同市友岡1丁目の乙訓高を訪れ、野球部員を激励した。

 同高の野球部は113人で広島、徳島県などの強豪校との練習試合やチームワークを高めるための走り込みなどを重ねてきた。初戦は11日に、わかさスタジアム京都(京都市)でシード校の東山高と対戦する。

 中小路市長は、ユニホーム姿の部員らを前に「日々重ねてきた努力を信じ、平常心で戦えば必ず結果はついてくる」とエールを送り、スポーツ飲料を贈った。主将で3年の横山紘太郎さん(17)は「1回戦から強敵なので全員気合が入っている。甲子園出場を見据えて、自信を持って全力で一戦一戦頑張りたい」と健闘を誓った。

 乙訓勢では他に、西乙訓高と向陽高が10日に、あやべ球場で対決する。シード校の立命館高は15日に、同球場で福知山成美高と戦う。

【 2017年07月07日 11時10分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定年後の男の生き方、当事者... | トップ | 涼やかスポット今年も開放 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL