古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

お玉ちゃん、行列参加呼び掛け 京都・長岡京「ガラシャ祭」

2017-07-13 17:57:30 | 祭 carnival
 毎年11月に京都府長岡京市で開催される長岡京ガラシャ祭のマスコットキャラクター「お玉ちゃん」がこのほど、JR長岡京駅(同市神足2丁目)の一日駅長を務め、乗降客らに同祭のハイライト「行列巡行」への参加を呼び掛けた。

 同祭では市民が地元ゆかりの人物にふんして市内を練り歩き、歴史絵巻を再現する。戦国武将細川忠興と妻ガラシャ(玉)が勝竜寺城で新婚生活を送ったことにちなんだ「お輿(こし)入れ行列」の配役は毎年一般公募している。

 募集しているのは、主役の玉と忠興、玉の両親の明智光秀と煕子(ひろこ)、忠興の両親の細川藤孝と麝香(じゃこう)、光秀のおいの明智弥平次、細川家家臣の松井康之と、玉の侍女の清原マリア。

 玉と忠興役は交際中または夫婦の男女が対象で、いずれかが市内在住、在勤、在学であることが条件。他の配役は18歳以上(清原マリアは15歳以上)が対象で市内外を問わない。応募多数の場合は抽選で、配役に選ばれると負担金2千~3千円が必要。配役抽選会は9月3日に行う。締め切りは8月10日。

 同駅では、お玉ちゃんが「一日駅長」と書かれたたすきをかけ、同祭実行委員会の役員らと配役募集のチラシを配った。湯川明委員長は「昨年は行列巡行当日は晴天に恵まれた。祭りとしても定着してきており、ぜひ多くの人に応募してほしい」と話していた。

 問い合わせは、市総務課内の同祭実行委事務局(955)9684。

【 2017年07月13日 09時57分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害時物資運搬で協定 京都... | トップ | 竹林経営の将来は悲観的 京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

祭 carnival」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL