古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

京都・乙訓90団体2万2000人、シェイクアウト訓練

2017-03-13 08:35:55 | 災 disaster
 東日本大震災から6年になるのを前に京都府乙訓2市1町で10日、大規模地震を想定した訓練が行われた。多くの住民が突然の揺れから身を守る方法を確かめた。長岡京市では被災地の小学生の作文を通じて共助を学ぶ授業もあった。

 乙訓地域では京都市と合同で、決まった時間に一斉に災害時の行動を確認する「シェイクアウト訓練」を実施。3市町の小学校や福祉施設、行政機関、企業など90団体・約2万2千人が参加した。

 長岡京市東神足2丁目の長岡第九小では授業中の午前9時半、訓練用の緊急地震速報が校内に鳴り響き、全校児童約380人が素早く机の下に隠れた。約2分間、子どもたちは頭を手で覆うなどして身を守っていた。

 同小2年3組では東北で被災した小学生が書いた作文や詩を読み、大災害で日常を奪われた人の心情や共に助け合うことの大切さを学習した。樋口紗楽さん(8)は「大地震や津波は怖い。訓練でできたことを、いざという時にもできるようにしたい」と話した。

【 2017年03月11日 12時04分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観光消費1人700円目標  ... | トップ | 慰霊がテーマ、ヨガで震災犠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL