古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

淀川舟運復活へクルーズツアー 京都・八幡など巡る

2017-03-06 19:36:06 | 創 creation
 かつて京都と伏見、大阪を結んで旅客や荷物を運んだ淀川の舟運(しゅううん)の復活につなげようと、京都府八幡市の三川合流地近くの宇治川を、桜をめでながら周遊したり、京都市、大山崎町などと船で行き来したりするクルーズツアーが25、26日に催される。

 背割堤(八幡市八幡)がある淀川河川公園で25日にオープンする交流施設「さくらであい館」の記念イベントの一環で、国土交通省淀川河川事務所や周辺自治体でつくる実行委員会が主催する。

 淀川の舟運は、江戸時代には「三十石船」が活躍、明治になり京都-大阪間で鉄道が開通するまで多くの旅客を運んでいた。近年、観光や災害時の利用で復活が検討されている。

 ツアーは、さくらであい館近くの「背割堤船着場」を発着点に背割堤の桜並木を水上から楽しむ「さくらであいクルーズ」(当日先着順、大人1500円)や、京都市伏見区から背割堤まで船に乗り石清水八幡宮を訪ねるコース(事前申し込み必要、大人1600円)、大山崎町に向かうコース(同、大人1300円)、大阪府枚方市に向かうコース(同、大人1600円)などがある。

 問い合わせは実行委事務局TEL06(6994)0006。

【 2017年03月02日 10時32分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国宝仏像随一の美作、模刻し... | トップ | ポールウオーキング参加を ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

創 creation」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL