古今東西乙訓三島

地元情報かき寄せブログ

動植物に感謝、熊本復興も祈る 京都・光明寺で放生会

2016-10-16 10:00:53 | 式 celemony

 乙訓社寺会の放生会が12日、京都府長岡京市粟生の光明寺で営まれた。神職や僧侶が厳かに儀式を執り行い、人間が生きるために犠牲となった動植物の命に感謝をささげた。

 乙訓地域の寺社でつくる同会が2005年から毎年催しており、光明寺で開かれたのは初めて。今回は熊本地震復興祈願法要も合わせて行われ、関係者ら約50人が参列した。

 同会会長の國定道晃勝龍寺住職が「熊本地震では、今も多くの人が避難生活を送っている。一日も早い復興を望んでいます」とあいさつ。その後、長岡天満宮の中小路宗俊宮司が祝詞を読み上げ、神楽が奉納された。参拝者は僧侶たちの読経が響く中、焼香し、静かに手を合わせていた。

【 2016年10月13日 11時15分 】

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50周年記念集会、発表で歩... | トップ | 目が不自由な人支え40年 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL