古今東西乙訓三島(ときどき伏見山城)

地元情報かき寄せブログ

宇治茶BAR、プロの技を満喫 「お茶の京都博」でフェア

2017-06-20 14:15:22 | 賞 prize
 宇治茶の魅力を紹介する「お茶の京都やましろフェア」が10日、京都府木津川市相楽台のイオンモール高の原・平安コートで始まり、来場者が「宇治茶BAR」などを楽しんだ。

 府や各自治体、茶業団体などでつくる実行委員会が、「お茶の京都博」の一環として開いた。

 宇治茶BARでは、宇治茶の歴史や入れ方に精通する「ティーアンバサダー」5人が、宇治茶の玉露と煎茶をそれぞれ2煎300円で振る舞った。来場者は「どこまでが宇治茶なのですか」「玉露を家で楽しむには何を買えばいいですか」などと尋ねながらひとときを楽しんだ。

 木津川市や和束町で作られている抹茶を使ったチョコレートやバウムクーヘンなどの特産品も販売された。

 12日まで。宇治茶BARは午前10時から午後6時。特産品販売は11日が午後8時、12日が午後6時まで。

【 2017年06月11日 10時57分 】
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安心でおいしい水への秘密見... | トップ | 戦前の製茶機を動かそう 京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

賞 prize」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL