おさびし日記

たのしい作文練習帳

【おさびし十首選 塔6月号】など

2017-06-22 13:16:26 | Weblog
6月21日(水)


【おさびし十首選 塔6月号】

 早く死ぬことを願つてゐる友と昔二人で占ひにゆきし(岩野伸子)

 完璧な憎しみ、これは。肯定も否定もしないひとの睫毛に(大森静佳)

 かなしみの一日の後に映りおりアラブの王のエスカレーター(佐原亜子)

 アスパラガスきらいなきみのアスパラガスだまって食べる顔が好きなり(山下裕美)

 ざらざらと夕星いでけりロシア語の動詞過去形ひらいてをれば(清水弘子)

 陽だまりの砂場にうつとりふくらみて卵を生めりわたくしのチャボ(渡辺美穂子)

 水槽に海鼠動くを見てをればなまこ打(ぶ)ちたしなんとはなしに(有櫛由之)

 いちりんの牡丹の花の静けさへマリオネットのやうにちかづく(千村久仁子)

 香港に九龍城のありし頃吾になきものなにもなかりき(高橋武司)

 小林が二人をるゆゑ「シンヤさん」と変な抑揚で呼ばるも慣れたり(小林信也)

でした。

今日は日本語ガッコーのS先生と久しぶりにお茶など。
S先生は相変わらず睫毛てんこ盛りで可愛くて、可愛いのにヘンである。
「ネパール行ったらぜったい治りますよ胃!」と、わたくしにカトマンドゥ勤務
を激しく推し、自分はチベットもしくはミャンマーの山奥で曼荼羅を描き、
結婚相手見つける、とのことであった。
カンテのちスタバに移動、で、11時半に会って別れたのは3時過ぎ。

帰宅して晩ご飯の支度を始めたら、マリーさんが、
柿の葉寿司を買って、定期通院から帰ってきた。
で、
麻婆豆腐と茹でキャベツと、柿の葉寿司。
田中の柿の葉寿司、大好き。ふたつ、食べた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌のことなど | トップ | 新しい蓋、など »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL