おさびし日記

たのしい作文練習帳

オステオパシー

2017-03-24 07:19:39 | Weblog
3月22日(水)

E先生の手業はカイロプラクティックではなくオステオパシーと
いうやつだそうで、ま、効けばなんでもいいんだけど、その二回め。

これはなかなか・・・ いついつまでに治るって言えないけど・・・
などと言われて、ちょっと沈む。保険のきかないこの治療に無制限には
通えないのである。が、そんな心配してたらますます治らんから、
まあなんとかなるやろ。と思うことにしておく。ある日、突然、
海が割れて道が現れるごとく、あむあむ食べられるようになるかもしれんし。

終わってから実家に寄る。
治療のすぐ後は、みぞおち辺りを中心に体が軽く調子が良く、
どこも悪くないかのようにお腹が空いている。
柔らかく茹でたブロッコリーにチーズのせてチンして溶かして
食べた。コーヒーも少し飲んだ。おいしい。

幽かな食事のあと、近所の公園を散歩し、業務スーパーでジャムを買い、
夕方、マリーさんのおやつやご飯の友などもらって、帰宅。
マリーさんはわたくしが食べるはずだった(が、怖くてやめておいた)
クリームチーズタルトも、三笠も、かるかんも、あぐあぐ食べてゆく。

しくしく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とろとろ

2017-03-21 07:07:26 | Weblog
3月20日(月)

そうかー 春分の日かーー
春なのだなあーーーー

リンゴとプルーンとレーズンをとろとろ甘くたいて、
お昼に食べる。
スムージーは、バナナとほうれん草。
マリーさんには焼きそば、菜の花とちくわの胡麻和え、
あと、生姜とわかめのスープ。

夜のスムージーは、バナナとアボカド。
マリーさんには、肉豆腐をたく。それから、薄焼き卵のほうれん草巻き、
あと、きゅうりの酢の物、
食後に、アイス半分。

とろとろしたものなら、だいぶ食べられるようになったのだけどなあ。
次のカイロプラクティックが待ち遠しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花

2017-03-21 06:45:36 | Weblog
3月19日(日)

リンゴやニンジンを、おろし金ですりおろしていたら、
マリーさんがジューサーを買ってくれた。ジューサーって、
今時はもう呼ばないんかな箱に「ブレンダー」って書いてある。
どうでもええねんけど。
で、メーカーによって「ベジー」と名付けられているようなので
ベジーと呼ぼう。
コンパクトで軽くて扱いやすい。

ベジーのおかげでスムージーが作れるようになる。
初めての仕事は、バナナとアボカド。
とろんとろんの美味しいのが出来ました。
栄養栄養。

相変わらず固形物を摂るのは苦しいのだけど、料理するチカラはあるので、
今日もマリーさんのゴハンだけ用意する。
厚揚げともやしとピーマンの中華炒め、オイスターソースと豆板醤で。
それから、玉ねぎとじゃがいもとわかめのお味噌汁。
それから、菜の花の辛子和え。やっと春の食材を買った!
自分用には、花の柔らかいところだけど味噌汁に浸して啜る。くたくたに
なっても香りと苦味が残っていて、ああ 春が来るのだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手業にて

2017-03-19 07:23:36 | Weblog
3月17日(金)

カイロプラクティックのE先生を訪う。
以前めまいでお世話になっていた先生。
朝、実家に寄り、予約時間に医院へ。
この一ヶ月の顛末を話し、お腹を診てもらうと、
「うわ〜 胃カチンカチン」
筋肉(胃)が、めちゃくちゃ硬くなって、
ぜんっぜん動いていない、とのことであった。
「マシュマロであるべきものが堅焼きせんべいになってる」
胃の中は問題なくても、外が硬いと働かないんだって。はぁ、
難しいのね、カラダって。そして、持ち主の思い通りになんか
動いてくれないのね、カラダって。

内視鏡検査で異常が無いなら、たぶん柔らかくしてやれば治ると思う
とのことで(たぶんじゃなくて治って!)、仰向いたりうつ伏せに
なったりして、カイロプラクティックを受ける。
次回の予約もする。
外に出て歩き始めると、んんん、みぞおちの辺りが、軽い。

実家に戻り、マリーさんのおやつなどバッグに詰め、夕方、梅田で
待ち合わせ。回転寿司に行って、ちょっとずつでも食べる練習をする
のである。
東通り商店街の回る寿司で、タイ人観光客ご一行に囲まれて、
ああ久しぶりの、食事。食べられるかしら消化するかしら。
おそるおそる、でも、美味しい・・・しみじみ。
マリーさんがものすごい勢いで皿を重ねてゆく横で、ゆっくり、
よくよく咀嚼して、4貫。おいしかったーーーー
どうか血や肉になりますように。

それにしても
めまいのときも効いたけど、E先生のワザはすごい
と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模範的な

2017-03-16 06:55:50 | Weblog
3月15日(水)

朝起きて、白湯を啜って身支度して、
歩いて10分ほどのA内科へ。胃カメラです。
「初めてですね〜 大丈夫ですよ〜 チカラ抜いてね〜」
と看護婦さんが優しい。
「あ、メガネかけたままでいいですよ。モニター見られますからね」
えっ 自分で見るんか。別に見たくないけどな体の中なんか・・・。
「じゃあ、まず映りやすくするお薬飲んでくださ〜い」と渡された、
ぬるいカルピスみたいなのを飲み、それから、仰向けに寝て、鼻から
麻酔を注入される。
「ちょっとしんどいですけどね、ごっくんせずに、なるべく喉に貯めて
くださいね。はい、じゃあ5分ぐらい、がんばって」
が、液体が、ぬうっと喉にきたら即刻ごっくんしてしまった。ま、
もわんもわんしてきたから、たぶん麻酔は効いてきたのだろう・・・などと
思っているとA先生が登場して、ああ ついに、始まる・・・・
にゅりにゅりと、管が(けっこう太い)、鼻から入ってきて、
「ちょっとキモチワルイとこ通りますけどがんばってね」と言われつつ
ああ喉を通ってゆく・・・・まもなく
「はい、しんどいとこ終わりましたよ。リラックスしてー」と、カメラは
無事に胃に到着したようで、なにか、わたくしにはわからない仕事をして、
うにゃうにゃ。

というわけで、

決してラクではないが、恐れていたほどの苦痛はなく、つつがなく終了。
結果は、
食道に炎症跡があるものの、胃も十二指腸も異常なし。
なのであった。
「十代の胃みたいですよ。教科書の写真にしたいぐらい模範的な・・・」
はぁ、そうなのですか。べつに、自分で何か努力したわけじゃないんですけどね。
そして、そんな模範的な胃なのに、なぜ何も食べられないのだろう?

とりあえず胃薬で様子を見て、良くならなければ別の検査をしてみましょう
ということで、薬をもらって帰宅する。
まだ麻酔が効いていて、うまく喋れない。もごもご。

模範的な胃の写真は、プリントアウトしてくれた。
誰に自慢しよう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

溢れるオムライス

2017-03-14 06:05:56 | Weblog
3月13日(月)

時間があるので久しぶりにお風呂をきれいに掃除する。
必死になりすぎて、終わったら、あれっなんか腰が・・・
捻ってしまったのか、ずきんと痛い。
ときどきやってしまうのだけど、まあ、またすぐ治るだろうと
気にせず、マリーさんの昼ごはんなど用意する。
これも久しぶりのオムライス。わたくしにしては珍しく見た目も
良く仕上がり、自分で言うけど、うつくしい。
マリーさんがはぐはぐ平らげてゆくのを見ながら、すりおろしたリンゴと
ニンジンを啜る・・・・
と、ここまでは問題なかったのだけど、
昼寝から覚めたら、
腰が、
壊れていた。
ヘンな体勢で寝てしまったのか・・・うぐうぐ。

晩ご飯は買ってくるからじっとしとき。
とマリーさんは、お弁当を買いに出た。
そして、
買ってきたのは、まさかのオムライスであった。

お昼につくったやん。食べたやん。不味かったんか。悪かったな。
「昼のが美味しかったから、なんか、また食べたくなった」
とマリーさんは言うが、もう家では作らん!

ふたたびオムライスを平らげてゆくマリーさんを見ながら、
温めた豆乳を啜り、赤城(ガリガリ君つくってるとこね)の
グランパフェいちご&バニラを3分の1ぐらい、食べる。

食後、インターネットの無料映画で「バベットの晩餐会」を観た。
こんな胃のときに、ってちょっと思ったけど、
静かな、よい映画でした。役者さん、みんな静かに上手。

胃も腰もはやく治りますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書と歌会

2017-03-12 06:55:21 | Weblog
3月11日(土)

朝、マリーさんは胃カメラへ、わたくしは天満橋へ向かう。
電車で読み始めた、件の「未来国家ブータン」(高野秀行)がすごく面白くて、
ううっ他のも読みたい、手元に置いておきたい。と、欲張り根性が湧いてくる。
で、
天満橋に着いたらジュンク堂に駆け上がって、
「ミャンマーの柳生一族」
「怪魚ウモッカ格闘記」
を掴んでお金を払い、鞄に入れてやっと落ち着く。
安心して、待ち合わせのドトールで読書。
コーヒーや乳製品は受け付けにくいので、豆乳ロイヤルミルクティー。

1時間ほどして、マリーさんが「問題なし」と到着して、
サンドイッチをあむあむ食べて(おいしそう・・・)
大阪歌会へ。

驚愕の72首。
時間内に終わるのか?と訝ったけど、終わった。なぜなら
作者の自註・解説が省かれたから。そして、それがなかったので、
72首も読んだのに、疲れなかった。これからもずっと作者の解説なし
でやっていただきたい。
あの時間が苦痛でたまらないのである。
まあ歌にもよるけど、
おしなべて作歌の背景とか事情とかあなたのウンチクとか、聞きたくない。

すがすがしく帰宅して、
マリーさんはお弁当、
わたくしは温めた野菜ジュースと、アイス半分。
はやく元の胃に戻りますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブッキング

2017-03-11 08:29:43 | Weblog
3月10日(金)

朝、不調。
堪らず、過日訪ねた近所のA内科へ行ってみる。
そして、予想通り、
「ま、年齢的にも胃カメラとってみた方がいいよ」と
言われて、うう いやだよあんなもの呑みたくないよこわいよ
と怯えながら、でもいつまでもこんな状態も困るので、
胃カメラを、予約した。来週うううううう
で、
他で飲んでる薬を聞かれたので、Yクリニックの処方を見せると、
A先生は、ほぉほぉと眺めたのち、ふふっと笑った。
「なんか、この漢方、マニアックだなあ」
「はい?」
「これあんまり使わないし、これとこれ組み合わせるのも・・・
 おもしろい先生だね」
ああ。はい、ちょっと変わってます。
Y先生、褒められましたよ。
しかし
効くのかマニアックな処方で。

どうせ食べられないのに野菜刻んでとろとろ炊くとか面倒なので、
野菜ジュース買ってチンして終わり。
マリーさんには、鯖缶と野菜のおろし鍋をちゃちゃちゃと作る。
おいしそう〜〜
ネギと海苔入り玉子焼きもふっくら仕上がっておいしそう〜
はぐはぐ平らげていくマリーさんは、しかし明日、
定期通院しているクリニックの定期胃カメラである。
胃カメラ夫婦。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がっかり

2017-03-09 20:23:40 | Weblog
3月9日(木)

一昨日、魚の切り身をたいて食べたら
美味しかったのだけど、胃の具合は
ふりだしに戻ってしまった。

ふたたび液体ばかり。

Yクリニックの日なので遠路を行き、
セディールと、
胃に効きそうな漢方を処方してもらう。

マッサージ(久しぶり!)に寄って帰る。

診察待ち用に、
千野帽子「人はなぜ物語を求めるのか」(ちくまプリマー新書)
高野秀行「未来国家ブータン」(集英社文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすもうさん

2017-03-05 15:12:54 | Weblog
3月4日(土)

住吉大社で横綱の土俵入りが執り行われる、とラジオから
流れてきて、詳しい情報はわからんのだけど(テレビないし)
とりあえず行ってみよか。ということで、ふうらり住吉大社
へ向かう。
そうしたら、入場(参拝)制限などもあってなかなかに
重々しい雰囲気で、でも中には入れて、お昼前、もう人で
いっぱい。
これはこれは。お相撲さん見られるかもね。と、全くもって
行き当たりばったりのわたくしたちだけど、ちょっと待って
みることにする。
おみくじ引いたら、小吉。マリーさん凶。
なんやかんや言うてるうちに、境内がざわざわしてきて、
ああ ほんとうに、白鵬、鶴竜、日馬富士、稀勢の里関が、
のっしのっしとやってきた。おおきい〜

土俵入りの儀式は大変な人垣で全然見えなかったけど、
歩いてる姿を見られただけで、なんか、おおおお って
圧倒されてよかった・・・・
ああ まさか わたくしが、相撲に興味を持つことになるなんて。
去年まで、力士の顔はみんな同じに見えていたのに。
それが、
去年の春場所、マリーさんのおねえさんがチケット買ってくれた
ので行ってみたら、お、おもしろい・・・・すごい・・・
神事だ・・・
というわけで、まだ全然詳しくないんだけど、かなり、お相撲、
好き・・・・
人生ってわからないものですな。

ニコニコ満足で帰宅。
マリーさんに、ハムともやしで春雨サラダを作り、餃子を焼く。
あと、豆腐とほうれん草のお味噌汁。
わたしはまだ味噌汁だけ、なのだけど、今日は、横綱も見たことだし
アイスを食べてみる。白バラアイス。
こないだ買ったときは半分しか駄目でショックだったのだけど、今日は、
ああ全部食べられた。お相撲さん、ありがとう(関係ないって)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加