おさびし日記

たのしい作文練習帳

疲れ気味

2017-04-29 21:26:34 | Weblog
4月29日(土)

朝、今日もパン買って病院へ。
マリーさんは微熱が続いてるようで
ちょっと心配。でも食欲はあって、それは
よろしいことでございます。

わたくしはメイバランス・コーヒー味と、
カゴメの、今日は豆乳ベリースムージーを試したけど、
んーー・・・バナナの方が好きだな。ベリーは酸っぱい。

食べられない苛々が活字に向かい、毎日何かしら
買ってしまうのだけど、駅前の小書店にはそうそう
欲しい本もなく、今日はコンビニで新聞3紙と、
文藝春秋など購入。

夕方、帰りの電車にぼんやり座っていたら、降りる駅を
ひとつ乗り過ごしてしまった。えーー めんどくさい・・・
ひと駅戻る。

うちに帰ってレトルトスープを温めて啜り、胃が温まった
ところでアイス食べて、ふたたび熱いシナモンミルクなんか
飲んでごまかす。冷たいものなんか入れてないよ〜ん と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一種の食生活の乱れ

2017-04-28 21:17:14 | Weblog
4月28日(金)

朝、パン買って病院へ。
昨日の検査は説明通りカラダに負担がかかったようで、
夜、熱が上がって薬と氷枕をもらったらしい。
今日はもう落ち着いていて、食欲も戻って、普通食2完食後、
コーヒーゼリーもベーグルも、あぐあぐ平らげる。
羨みながら、
メイバランス・ヨーグルト味と、カゴメの豆乳バナナスムージー
をすする。どう見てもわたしの方が病人やん。

夕方、帰る前に書店に寄る。
こんな胃じゃなかったら、好きなものいっぱい食べて
気晴らしするんだけど、食べられないからつまらない。
スーパーに寄っても買うものないし、悲しくなるだけ・・・・
なので、
本屋。
古本コーナーで、
こないだ面白くなくて腹立てたはずなのにまた
買ってしまった島田雅彦は、「自由死刑」(集英社文庫)。
それから、
町田康「つるつるの壺」(講談社文庫)なんかこれ読んだことある
ような気もするが。それから、
橋本治「人はなぜ「美しい」がわかるのか」(ちくま新書)。

帰宅して、洗濯物を取り込んで、スープを温める。
今日は美味しいMCCのスープ、コーンクリーム。
ああしかし
アイス食べたい。
冷たいものだけは我慢、と言われているけれど、
食べたい。
ので、スープで胃を温めたのち、白湯をすすって胃の
温かさをキープしながら、アイスを食べる。そうまでして。
MOWベリー。美味しかった・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗プー

2017-04-27 20:35:04 | Weblog
4月27日(木)

今日、マリーさんは、今回のメイン検査を終え、
あとは結果と、
今後の対策待ち、
なのだけど、ここまでの結果に大きな問題がなかったので、
とりあえず来週早々に、一旦退院できることになった。
ああ よかったねえマリーさん。S先生アリガトウゴザイマス。

夕方、帰って本日のレトルトを温める。
成城石井で見つけて奮発した、プーパッポンカーリー。
しかし、
マイアーロ〜イ
失敗であった。魔が差したのであった。
いつもの、普通の、ポタージュにしておけばよかった。
わたくしの、貴重な、一食を、どうしてくれるねん

旅の一食を、まずい選択してしまった後悔と全く同じで、
怒りの持って行き場がない・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーーーープ

2017-04-27 19:35:10 | Weblog
4月26日(水)

月曜日は病院から実家へ帰り(遠い!)、昨日の朝イチにエジリ先生に
診てもらい、そのまま、また病院へ戻る(遠い!)。
マリーさんは粛々と検査をこなしていて安心。普通食2 も毎回完食。
その胃を半分くれー と心で叫びつつ、相変わらずわたくしは
メイバランスを吸い、カゴメのスムージーを啜る。

夜は、しかし、レトルトのポタージュを、温めて食べることにした。
母が買ってくれた、べつにどこにでも売ってるヤツらしいんだけど、
へえぇぇ けっこうおいしいものなのですなあ
レトルトとかインスタントものに、全くもって疎いので、
おおおお こここここんなに美味しいのかああああ と
驚いている。しかも便利・・・ なんか、こう、虚しくなりますね、
日々、刻んで煮込んで味つけて、ってしてた作業を。いや、それは
止むを得ずレトルトを利用する、とは全然意味が違うのだから、
比べられないんだけど。

とか、なんとか、うにゃうにゃ考えつつ、とりあえず、今は、
簡単に、温かい食べ物で、栄養とカロリーを摂りたいので、
便利なスープを「買う」ことにする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏滅・・・

2017-04-23 19:37:44 | Weblog
4月23日(日)

なんといういいお天気なのでしょう。
朝、洗濯物みっしり干して、掃除して、それから
病院へ向かう。
しかし、今日はわたくしの体調が不穏・・・ここ数日調子よかったのに、
調子に乗りすぎたのか・・・

電車を降りて、パン屋で塩パンとナッツのマフィンを買い、
カラダ動かしたほうが良さそうな気がするので、ちょっと
ふらつくけど思いきって歩く。天気いいし花咲いてるし。
歩いて到着。日曜日の静かな病棟。
さあ今日も窓辺で本を読みましょう。
が、しかし。
まさかの部屋替えを言い渡される。
重篤なおじさんを詰所近くに移すため、マリーさんは奥の部屋に
送られることになったのであった。いや、それはいいんだけど、
移動先のベッドが廊下側なのである。えーーーー  
別にあたしが入院してるわけじゃないけどさ、いやだよ廊下側は。
薄暗い。気が滅入る。窓側のベッドを返せーーーー

よりによって体調悪い日に、この仕打ち。
さらに落ちる。
一昨日、昨日、マリーさんの昼食時間には、持参したメイバランスと
ヨーグルトと、カゴメのスムージーとか摂取してたのに、今日は
何も欲しくない。怖い。
なんとかメイバランスを1本、飲む。がっくり。

持ってきた本も、今日のは失敗だった。
島田雅彦「英雄はそこにいる シャーマン探偵ナルコ」(集英社文庫)、
ぜんぜん面白くない・・・・

ま、お土産の塩パンを、マリーさんが旨そうに
あむあむ食べてたから良しとしよう。
じゃあまたあした。夕方、帰る。

本屋に寄り、古本コーナーで(今日は100円)で
「おっ」と目についたのを購入。

井上荒野「だれかの木琴」(幻冬舎文庫)
椎名誠「ナマコのからえばり」(集英社文庫)
小林恭二「俳句という愉しみ」(岩波新書)

今日のはハズしてない、はず。たぶん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目

2017-04-22 20:15:54 | Weblog
4月22日(土)

そうだ、土日の病棟は静かなのだった。
朝、洗濯して買い物して、病院へ行く。
土日は検査もないしなんやかんやの処置もないし、
スタッフも少ないし、なんか、のんびり。
勝手もわかってきて、余裕。なんの余裕かしらんけど。

それにしても、窓の外の緑のきれいなこと。
さわさわ。そよそよ。きらきら。
本を読んでいても、つい外に目をやって、そのままぼーっと
眺めてしまう。今日持って行った本は、
江國香織「日のあたる白い壁」(集英社文庫)で、これがまた
読みながらしかし時々ぼーっと外を見てしまうのにぴったりな
本なのであった。心地いい・・・ホワンと幸せにすらなってしまい
そうな・・・あかんやん 病室に、こんなに馴染んだら。

マリーさんと売店まで散歩したり自動販売機のコーヒー飲んだり、
新聞のクロスワードパズルをしたりして、夕方、今日の洗濯物を
持って、帰る。

週明けからいろいろ検査が始まるのだけど、明日もう一日のんびり
できるので、何か、おやつ買って、行こう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッション

2017-04-21 19:15:33 | Weblog
4月21日(金)

マリーさんの検査入院日。
朝、手続きして、部屋に案内され、主治医からの説明を聞く。
検査とはいえ、入院って、なんか不必要に病人化されるよなあ・・・
同室には重篤な人もいて、んんん なんかなあ・・・・

ゴハンもなあ・・・さっそくお昼から提供されて、普通食だし、
季節の食材いろいろ多彩に、栄養バランスよく作られているのだけど、
プラスティックの食器では美味しいものも美味しく感じられんでしょう・・・

まあしかし、ぐじゅぐじゅ言うててもしゃーないですな。
よいことに目を向けよう。向けると見えてくる、よいこと。
① 窓側のベッドである。外みえる。窓あけられる。
② 有休使って、堂々と仕事休める。カラダ休まる。
③ ベッドにカード式テレビが設置されている。さっそく千円のカード購入。
  (うちはノーテレビなので、マリーさんは激しく嬉しいに違いない。)
④ 電車とバスで割とラクに通える、通えば運動になる(わたくし)。
⑤ 待ち時間に本がたっぷり読める(わたくし)。
⑥ ゴハン作らなくていいので自分の胃のことだけ考えられる(わたくし)。

そう、自分の胃、と言えば、夕方帰宅したらいい感じに空腹で、
実家でもらったレトルトのスープなど食べてみる気になり、
お鍋で温めて、とろとろ啜った。美味しかった。
マリーさんを病院から救い出せ!というミッションのおかげで、
わたくしの胃が元に戻るのではないか、と
ものすごく期待している今宵でありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんな心配、だけど映画館

2017-04-20 07:21:45 | Weblog
4月19日(水)

金曜の予約を変更してもらって今朝、E先生の
オステオパシーに行ってきた。
胃は相変わらずだけどカラダはちゃんと力が出てきてるから
焦らず頑張りましょう、って。
そうね・・・少し、摂取できる量が増えた気もするし。
でもなあ
マリーさんの検査入院のことを考えると、また胃がキュウって
なってしまうのだよなあ・・・・
考えてもしょうがないんだけど。

午後、マリーさんとカンテで待ち合わせ。
着いたら、もうエビカレーセットを食べてた。いいなあ美味しそう。
わたしはラッシーだけ注文して、ランチ後、映画館へ向かう。
面白いかも、と選んだ「はじまりへの旅」。
なのだけど、
んぐーー
まあ、アメリカ人もだいぶ疲れてるのね
という感じでした。
まあでも映画館で映画観るっていうのはいいですねやっぱり。
しかも最近の映画館て、すごい。前後左右に余裕のある、広々
としたシート、座席脇に飲み物のみならず荷物も置けるように
造られた心遣い。

能楽堂とか文楽劇場とか体育館(お相撲見るところ)は、
昔のニッポン人の体格仕様というか、
ちんまりおとなしく鑑賞する用、という感じで窮屈なのだけど、
いまの映画館は欧米サイズになってるのだねえ。ただ、飲み物の
自販機を置いてなくて、カウンターでアホほど高い炭酸飲料を
買うしかないのはいかがなものか。と思う。バケツ(みたいな
容器)に入ったポップコーンとかさ。
ま、いいけど別に。

夕刻、疲れたのでスーパーでお弁当を買って帰り、
じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁だけ作って晩ご飯。
わたしは冷たいラッシーがいけなかったのか、なんかまた胃が
拗ねてしまって、メイバランス・バナナ味。

う〜 マリーさんの紅鮭弁当、美味しそう・・・
もう、忌み嫌っているはずのパカパカ容器に詰められた出来合いの
お弁当さえ旨そうに見えるうううう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

献立に困ったら

2017-04-20 06:52:08 | Weblog
4月18日(火)

信頼できる消息筋(って、そういえば死語か?)によると
「孤独のグルメ」は面白い、とのことであるので、昨夜、
無料で見られるやつでちょっとのぞいてみた。
で、
うむうむ。
話は面白くないけど、松重さんはシュッとしてるし、
料理は美味しそうだった。その回で出てきたのは、
中華食堂の、白ネギと豚肉の炒め物。
塩コショウしてあるだけらしい。

そんなわけで、今日は、それ、作ってみた。

塩コショウだけで勝負する自信がなかったので、
生姜、大蒜、赤唐辛子を刻み、豆板醤もちょっと加えて
多めの油で香りを出し、肉とネギを一気に炒めたら、
家の中がバンコクの匂いに。

ひゃ〜ん いい匂い〜
わたしも炒め物食べたいよぉ〜〜〜

準備しておいた、キャベツと春雨の酢の物と、
キュウリにもろみ味噌のせたモロキュウを添えて、
本日のマリーさんの晩ご飯。

わたくしはメイバランス・コーヒー味と、
暑いからちょっとぐらい食べてもええやろ、とアイス(MOWベリー)。
(しかしなあ いくらアイス好きでも、やっぱりちゃんとご飯食べたいよ
毎日言うけど・・・。)

というわけで、
「孤独のグルメ」は献立に困ったときに役立ちそうなので
ときどき見ようと思う。とはいえ、
マリーさん今度の金曜から入院なんだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン(仮名)かも・・・

2017-04-18 07:12:59 | Weblog
4月17日(月)

うちの近所にもインド人シェフが料理するインド料理屋がある。
去年の暮れの頃、仕事で遅くなってゴハン作りたくないときに
マリーさんがテイクアウトしてくれたことがあって、
ああインドのカリーだインドのカリーだ
と期待いっぱいで口に入れた。けど、ぬーーー・・・ なんかなあ

あのブリリアントなガンガマハルと比べてはあかんのやろけど、
なんかなあ

これまで2、3回食べたのだけど、やっぱり、
もわぁっと、なんかなあ。なのである。
店で食べたら或いはガンガマハルに近いのかもしれないけど、
じゃあ食べに行こか。って気には、ならないのだな。

川上未映子のエッセイに、インド料理屋「ジョン(仮名)の店」の
話があるのだけど(新潮文庫「すべてはあの謎にむかって」)、
まさに、それ。

今、本を手元に持ってきて探したら、192ページにありました。

で、なんかなあ 
やけんけど、
拗ねてしまった胃を抱える今、カレーは、考えてみたら、
ポタージュみたいなもんやん。
てことは、食べられるやん。
ゴハン無しにしたらええやん。
カレーめっちゃ食べたいやん。

というわけで、ふたたび、インドカリーお持ち帰り。
マリーさんはひよこ豆カリー。
わたくしはパラクパニール(カッテージチーズ入りほうれん草カリー)。

お鍋に移し、ぼやけた味をシメるため生姜を加えて温める。
インド人のカレーを手直しするわたくし。

そうして、スープカップによそってとろとろ啜る。
どうしようもないパンチの無さも、今の弱った胃にはちょうど
ええんちゃいますか。栄養も摂れるし。

川上さんとこのジョン(仮名)も、あの背が高くて腰の低いインド人シェフ
みたいな感じなんやろな。と思う。
また買いに行こ。

そんなわけで
本日のディナーは
パラクパニール(のルー)に、
ラッシー(メイバランス・ヨーグルト味)。
白湯。
なんかアユルベーディックやん。(ぜんぜんちがう。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加