多趣味多彩

雑多な書き散らしブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

源氏物語

2011-12-19 20:00:00 | 日記


うっかり。
ブログの存在を忘れかけておりました。
日ごろお越しの皆様には、ご不便おかけしております。




さて、映画「源氏物語~千年の謎~」を見た。

めずらしいことに、男性が源氏役の映画である。
生田斗真が光る源氏の君とは、なるほど大変に良いものと。

腰つきとか指先とか、口元とかに妖しげに色香が漂って、
美しい光る君ができたものである。

しかしまあ、源氏物語のようにかなり完成された作品を
おもしろい解釈で味付けするというのは難しいテーマで、
ただ、序盤も序盤である、光る君が若くして結婚し
悶々と義理の母を思いつめるあたりを、
なぜ紫式部は書いたのか、
なぜ「書かずにはおれなかった」のか
という視点に基づくと、
きわめて精密に考証されている映画と見受けられた。

映画のラストは藤壺が出家するところで終わり、
光る君の心象風景と紫式部の心象風景が混在する姿で終わる。

このシーンで、夕霧(源氏物語では人物名でもあるが、この場合、自然現象の「霧」)に沈む
多くのわだち、打ち捨てられた牛車の車輪が見てとれ、
ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」の感覚がにおう。

年上の女に捨てられたような感慨、
理想とする女性がどんどんと離れていってしまう雰囲気のなかで、
ヘッセの主人公のように車輪のしたに屍となるのではなく、
光る君は高笑いをして終劇となる。

男性の感覚からすれば、
いわく「あまよのしなさだめ」であるとか、
幼女の育成、あしながおじさんのような「紫の上」とのやりとりなどが
贔屓目に見えがちであるが、

やはりこの序盤はもっとも見所がある。

藤壺、葵の上、六条のみやすどころ、夕顔などの女性を通して、
紫式部は自分自身をモデルにこれらの女性を描いただろうか。

朧月夜や末摘花あたりが、映画では出てこないが、
たとえば朧月夜は政敵がわの娘であるというストーリーの関わりをもちつつ
奔放な性格で、式部がそう憧れたという気配もあろうし、
末摘花は、容姿の描写にことごとく筆舌を尽くしているあたり、
どうも自分自身の容姿に自信をもたない式部の感慨すら思える。

さても、しっかりした原作を「よくやった」と周囲に言わしめるほどに
パロディ、あるいはリメイクするというのは難しいことだ。

六条のみやすどころの生霊さわぎは、
「あおいまつり」を発端としなければ成立しないのが源氏物語だと私は思うが、
「あおいまつり」の「くるまあらそい」に関して、映画ではふれられない。

「芥子のにおいが……」の意味するところも説明されていないので、
「芥子のにおい」の意味を知っている、
つまり、源氏物語の主要な部分は、
脳内で補完できるほどに源氏物語を読んでいる必要がありはする。

こうした意味では、少々、来場者を選ぶ、高度で敷居がたかいものになっているかもしれない。

源氏物語を全く知らない者が見た瞬間に
「われは何をしても許される身分だ」
と、とある人物が言う伏線の意味には絶対に気づかないだろう。

それは、それで、まあ、いいのかもしれない。
源氏物語に興味をもつきっかけにはなるかもしれない。





とかくに、原作があってのうえに新たなものを見出す作品をつくるのは、
その作品をみる人間の目が肥えておらねばならず、少々やっかいな問題を抱えるものだ。


私の最近の趣味は
18禁童話(←激しく矛盾することばである)を書くことなのだが、
やはりこれも難しい。

なかなかに苦心しているので、感想をたまわりたく思っている。

「黒檀のように黒く、血のように赤く」

18禁であることを、お忘れなきように。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく分からんが

2011-09-10 17:00:00 | 占い、占術


日本精神世界普及促進協会から
相互リンクの要望があり、貼ってみる。


霊の教科書




と、いいつつ
私自身は霊感をもたない劣等感があるもので



リンクしたところで
コンプレックスを刺激されるような気がしないでもないのだが



私は私の目の良さを信じてみることとしよう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教えてくれた

2011-08-26 21:00:00 | 日記


マカベアルミの技術顧問であったろうか。

私には50歳ほど歳の離れた友人がいた。




私の愚にもつかない一説を
一笑することもなく聞いてくれた唯一のひとであった。



私の知っていることのほとんどは、
彼から習ったのではなかろうか。



そう思えるくらい、
訃報は無念であった。



名残おしい。




しかし、彼のいうように、

彼が死んだ後も、やはり世界はつづいている。


生前、
一人称で死を自覚することはなく、
しかし、その死後、自分がいなくなったあとも
世界は平然とまわりつづけることが、
ちょっとムカつくのだ、と言っていた。



代わりはいないが

まして代わりとはなれようもないが、



その後の世界を生きていきたい。


私に遺してくれた限りない恩恵を
次の誰かに遺すことを志そうと思う。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝

2011-07-31 00:00:00 | 占い、占術


お客様にありがたがってもらえるのは、本当に嬉しいことだ。


こちらこそ、どれほど感謝していることか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前日の記事に添えるべき写真資料

2011-07-24 14:00:00 | 古代・民俗・宗教



正面。



やや近影。



胴体、裏側。



胴体、表側。



文化財としての説明看板。



さきぶれの幟。



当番提灯。



舞い手が交代中。



右見て、



左見て、




泣きじゃくる子供に噛み付く。



尻尾。



揉み。わりと全速力。



反対に揉み。かなり全速力。



担ぎ、内部。



頭の内部。



クチを開く。



耳が動く。



八幡からの帰途。



演舞。



演舞。



まだ帰らない胴体。



町を逆走。



神社に帰すために当番が待ち構える。



獅子と目をあわせられない「ささら」は待ちぼうけ。



頭部のほうが先に帰社。



吊り下げの太鼓をはずす。



八坂の神輿。



終えたあとの背中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加