続・KOOさんのENJOY LIFE

日々身のまわりに起こった出来事などへの思いを綴っています・・・・・ちょっときれいな写真と共に・・・

心合寺山古墳の桐の花を見てきました。

2017年04月29日 17時03分57秒 | 日記

 拙宅から南東方向、八尾市大竹にある心合寺山古墳(しおんじやまこふん)の桐の花を見てきました。心合寺山古墳は西暦400年頃、中河内地区を治めていた豪族の墳墓と言われています。全長160mの前方後円墳で国指定史跡です。
 この古墳は完成直後の様子を伝えるように きれいに整備され、訪れる人が古墳内に立ち入りができるようになっています。後円部の脇に大きな桐の木が2本あり春に大きな花を付けて このあたりの隠れた名所になっています。今日、行ってみると桐の花は満開でした。今年はしおんじやま学習館開館12周年で、桐の花の満開に合せて4月2930日の2日間 古墳懐石弁当(両日とも限定20食、税込1,200円)が販売されていました。昼食を済ませてから心合寺山古墳に行ったので、弁当は買いませんでした。


 
↑八尾市大竹にある「しおんじやま古墳学習館」です。  ↑開館12周年&桐満開記念 古墳懐石弁当が売られていました。

↑心合寺山古墳後円部全景と花が満開の桐です。 桐の木は2本ありますが、南側の1本が傷んでいました。

↑後円部の上から見た景色です。 桐の花が間近に見えます。
 
↑後円部と桐の木です。西から東方向を見ています。    ↑後円部と桐の木、北から南方向を見ています。

↑心合寺山古墳 後円部頂上から西側の景色です。 写真の左の隅にあべのハルカスが見えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高大・世界の文化に親しむ科 ... | トップ | 午前中は図書館へ、午後はま... »

コメントを投稿