続・KOOさんのENJOY LIFE

日々身のまわりに起こった出来事などへの思いを綴っています・・・・・ちょっときれいな写真と共に・・・

生まれて初めて聴いた「蝋管」型レコードの音楽

2017年08月12日 17時25分18秒 | 日記

 今日は1時半から始まる「蓄音機によるSPレコード試聴会」に行って来ました。円盤式のSPレコードの再生音は聞いたことがありましが、「蝋管」の音は聞いたことがありません。 どんな音がするのか興味いっぱいの気分で会場の美術センターへ向かいました。
 「蝋管」レコードで3曲、円盤レコードで6曲聴きました。蝋管レコードを再生する蓄音機のラッパは木製のためか、ずいぶん良い音でした。 特に吹奏楽の低音部担当のチューバかスーザホーンの音色が きれいに再生されていたのが印象的でした。
 暑い日の真昼間に開かれた催しですので、聴きに来た人はみんな熱心でした。 一部始終をビデオカメラで撮る人、一眼レフの大きなカメラで蓄音機を撮る人、演奏会が終わってからも解説の先生を囲んで ずっと質問などが続いていました。


↑「蓄音機によるSPレコード試聴会」会場の市民美術センター(右の建物)。

↑「蓄音機によるSPレコード試聴会」の会場は市民美術センターの1階ロビーです。

↑「蓄音機によるSPレコード試聴会」がはじまりました。解説の先生と この日使用する2台の蓄音機です。
 
↑まず、「蝋管」タイプのレコードで3曲聴きました。      ↑セットされた「蝋管」レコードと針の接触部分です。
 
↑続いて円盤レコードで6曲聴きました。              ↑「円盤」レコードに針を接触させました。

↑SPレコード演奏会後、先生に近寄って熱心に質問する人たちです。

↑花園中央公園内の美術センターでの演奏会終了後、いつもの定点から生駒連山を撮影しました。

【☟今日のレコード試聴会で再生されたレコードの曲目です。】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 途中でポツポツ雨が降りはじ... | トップ | 花園中央公園に向かって 1年... »

コメントを投稿