爪水虫をうつされないために原因を知って予防しよう健康サイト

水虫の原因からひとにうつさないための対策、予防策、種類、治療、また水虫対策グッズや原因菌(白癬菌)の特効薬など紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爪水虫治し方は清潔と乾燥にお茶っ葉

2017-05-15 17:05:34 | お茶


性別:女性
年齢:50代
職業:元 看護師
水虫:私自身ではなく老人施設利用者さま対象

靴を脱いだ時の嫌なにおい
私が以前勤めていました老人施設のことです。入浴の介助に脱衣場にいますと、高齢者の方々に足の水虫の方が多く、臭いも大変でした。ご本人たちは痒みもなく、訴えはなかったのですが、症状がひどくなる前にとスタッフみんなで水虫ケアを始めたのです。

入浴日以外はお茶で足の清拭
施設ですので、皆さんに毎日入浴していただくには無理があります。まず、入浴日は、足指の間をきれいにボディソープで洗いながし、着衣前には十分水分を拭き取るように心がけました。処方された白癬治療薬のある方は、そこで塗りました。夏の間は、浴室からホールに戻っても、しばらくは、足の指の間を乾かすためにソックスを履かずに待っていてもらいました。浴室の足ふきマットも途中交換しました。入浴日でない日は、濃くお茶を出し(飲茶後の出がらしで、濃く出しました)そこにコットンを浸し、それをしぼったもので、足の指の間や足裏を拭き、乾いたら薬を塗りました。あとは、個人個人の靴も、それまではずっと同じものを履きっぱなしということがよくありましたが、定期的に靴を洗い、乾燥させるようになりました。

におわないきれいな足を眺めていたい
高齢者施設のように集団で過ごしているのと個人とはまた対応が違いますが、高齢者のように疾患を持ち、足のむくみがあって、足指がくっつき、その上靴を履いている時間も長くなると蒸れやすく、また肌もガサガサしており余計に白癬になりやい状態です。スタッフが協力し合ったことで、利用者さんの足の蒸れた臭いは随分となくなり、症状の悪化する人もありませんでした。もし全員が完治したら、臭いのしないきれいな足をみんなで眺めていたいですかね。
爪水虫治し方に詳しい詳細が記載されています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 足を綺麗にするよりは水虫菌... | トップ |