tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

霊峰白山登山口「一之瀬」迄・・・そして「夏の赤とんぼ」。

2017年07月16日 | 季節の便り(北陸、福井)

「白山開山1300年に鑑み、、

坐禅後仲間のお誘いで、「白山登山口迄ドライブ」。

 

幸い雨も上がり、「あわよくば白山頂上の遠望の撮影」

と「白山登山入口迄」その匂い?と期待。

 

ところが「一之瀬」までが、自家用車で行ける場所

以後はバスに乗り、「別当出合」、そこから約4時間の徒歩登山、

やはりこのお山への簡単な登頂は無理のようでした。

「別当出合」へ向かうのに乗合バス、自家用車は禁止。

 

それでも「開山1300年のPR」が行き届いているのか、

山口「一之瀬」は、自家用車が満杯、幾台の数でしょう、

駐車場からはみ出た路駐も数十台。

三連休と言う事で登山者も増えていることでしょう。

 

この時間、昨夜からの登山で下山してくる人たち、

そしてこれから登る人たち・・・。

やはり高齢者は見当たらない、

標高2702m、そして4時間の徒歩登山には、

20年遅いのかも。

 

ビジターセンターで「オオルリ」の鳴き声

30m以上の大木の頂上。

小型のカメラで、特徴ある青

色迄判別しにく

いのですが・・・

驚き「あかとんぼ」が鳥の近くに

その他の絵を拡大したら、飛んでいる飛んでいる

「あかとんぼ」たち、見えますか?。

真夏の暑い時こうした高山で体力をつけ、秋口に勝山など

平地へ降りてくる生態。

まさに見つけた思い。

いい体験になりました。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆の墓参、済ませてきまし... | トップ | 月例の早朝「坐禅会」に参加。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の便り(北陸、福井)」カテゴリの最新記事