tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

花壇では「かわらナデシコ・赤色さるちるべ」開花。

2017年05月14日 | がーディニング・園芸

花壇では、チュウリップもほぼ咲き終わり、

「百合類」と「グラジオラス」

の茎が伸びてきました、開花までは今少し。

 

一方草花ですが「かわらナデシコ」が勢いよく、

隣では白色と赤色の2種類育って、同じ場所に並んでいても

「サルチルベ」赤色だけが

完全に開いていますが、白色は蕾のまま。

アントシオニンなど色素のせいなのでしょうか。

「サルチルベ」、宿根草で丈夫、乾燥には弱いといわれています。

花言葉は、「恋の訪れ」、やがてつぼみが開き、ピンクや白のふわふわした花

を咲かせる様子にちなむとも。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の恵み第3弾「やまぶき」収... | トップ | これは、ちと咲かせすぎ?「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む