tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

「ホトトギス」の花も開花。

2016年10月14日 | がーディニング・園芸
「ほととぎす」は、東アジアを中心におよそ20種も有るという多年草、
その内、10種位が 日本に自生します。

この花、百合(ゆり)科。

 

花を咲かせる姿は風情があり「山野草の仲間」。

若葉や花にある「斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ている

ことからこの花名に。

葉にある斑点は花が咲く頃には消えるので、今はありません。

 

 
 花言葉は「秘めた意志」

自生では「日陰に生える」もの、

西日の当たる我家の庭では、こんなに葉が茶色く花はきれいですが、

葉は汚いのが難です。

 

文字の書き方も面白い、

鳥のホトトギスの方は「不如帰」と書きますが

花のほうは「杜鵑」とも書きます。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲間達の「絵を楽しむ会の展... | トップ | 色々な色をみせた「こすもす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む