tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

庭の恵み第3弾「やまぶき」収穫。

2017年05月14日 | 季節の便り(北陸、福井)

かねてから、我が家?の庭では、

「自然の恵み」の恩恵を報告していますが、

春から「フキノトウ」・「三つ葉」に次ぐ

今回は、第3弾「やまぶき」です。

 

6月に入ると茎に虫(蛾などの幼虫)が入るので、

収穫は、5月中に限る、と、教えられています。

もっとも茎が固くなるので早い方が良いのは当然かも。

 

新緑時には、山へ行くと山菜がいろいろあるのですが、

私は、行かずに到来品で旬の味をいただく

ありがたい生活。

の自然は、誰にはばかることなく「ごちそう様です」。

今年の「ヤマブキ」はこれですべて、

山椒の実(昨年から醤油漬け)と新芽で炊き上げてくれました、

「つくだ煮」のようで、少し辛いのですが、

たくさん口にしなければ、

なかなかの美味、旬の味の一つです。

 

ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「菖蒲」類も元気に、白色も... | トップ | 花壇では「かわらナデシコ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む