tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

これも秋いろですか「アユの干し物風景」。

2016年10月15日 | 季節の便り(北陸、福井)

当地、「九頭竜川のアユ」は名物になっています

しかしこれを食する場がないのです。

料亭へ行っても人数が少ないと、

受けてくれません、へんな地域。

 

ここへ来て、こんな店舗、アユ釣りの種アユを売る仮設店。

店頭で「焼きアユ」を売り出した様子(この時期で一匹700円)。

当地で始めてみた風景、それがこちら「乾しアユ」

「素焼きしたものを竹串に挿して乾燥している」。

目的は「煮物の出汁をとるため」に使うものらしい、

海岸地方で白キス・はぜ・ウグイなど、

この目的で、干物として食べないものが有ることを知って

いましたが

当地でアユの素乾しは珍しい。

 

この店、「焼きアユを店頭で食べる」ことも出来るようですし、

裏へ回ると座敷?らしきものも。

ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これも自然の恵み「富有柿」... | トップ | 恒例の「町民運動会」行進要員。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む