みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

バイオリンレッスン ビバルディ・ト短調協奏曲3楽章2回目

2017年05月14日 | ヴァイオリン
8月の発表会に向けて、ビバルディ/ト短調コンチェルト3楽章(鈴木教本5巻-3)の2回目。
このところ、業務多忙で、連休中も外出ばかりで・・・、ほんとうに練習不足であったけれど・・・。

=====
<レッスンメモ>
◎左手3と4の指独立、くっつかないように
◎ダウンのアクセント
 ⇒元弓で
◎移弦を伴う新しいフレーズ
 ⇒早めに準備
◎P(ピアノ)のドルチェ
 ⇒弱く弾くよりも、歌わせること
◎D⇒G線 移弦を伴う細かなパッセージ
 ⇒肘が置いてけぼりにならないように
◎楽器を弓に当てる。下げない。

面白くなってきたけれど、指摘事項が山盛りすぎて・・・。
平日はほとんど練習できないので、次回、1週間後のレッスンまでにどこまで、直せるかな・・・。
丁寧にゆっくり練習したいなあ・・・。

=====
レッスンの後、軽く近くの里山(尾張富士山)へ。
雨上がりで、緑が瑞々しく、アオアオしてきた!
空気が爽やかで、そよ風も心地良く、往復1時間弱、いい気分!
途中滑って、転んで、危なかったけれど・・・。(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノレッスン ハイドン! | トップ | ギタリストたちの饗宴コンサート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL