みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

イエルク・デームス リサイタル

2017年05月03日 | ライブ&コンサート
この日の夜は、名古屋、栄でピアノを聴く。
イエルク・デームス氏、齢88。
プログラムが興味深く、ウィーン三羽烏の高名のピアニスト氏なので、聴いてみることに。
(ピアノソロのコンサートは実は、随分久しぶり)

舞台に、登場されるや、なんだか、ふわっとした足取りで、
演奏は大丈夫なのかな?と思わないでもなかったけれども、
そんな心配は、杞憂だった。

音の多くて複雑な、バッハとフランクは難しかったけれど、
(もっと予習しておけばよかった・・・。)
全体、美しい音の世界に浸れて、幸せだった。
特に、ドビュッシーは素晴らしく、別天地にいる心地がする。
月の光は絶品だった。
息を飲むような美しさだった。

いろんな音で、いろんな音の世界が広がっていた。
モーツァルトも、よく歌われていて、好みの表現だった。
ベートーヴェンの最後のソナタの2楽章も、たいへんな美音だった。

今回、大きな収穫は、自身が今、先生から教わっていること(音楽の文法)は、
間違っていないと、確信できたこと。

ピアノのコンサートもいいものですね。
いい演奏には足を運ばねば!と改心。(笑)

@宗次ホール




アンコール
 ショパン:ノクターン5番Op15-2
 デームス:夕べの鐘
=====

余談・・・。
しかし、朝4時起床して、2000メートルの山に登って下り、250キロをダッシュで走り、
コンサートに向かう馬鹿は、この日のコンサートでは、自分だけに違いない。
(興味深かったので、眠くなることはなかったです。
 高速の運転も、時間が気になり、気合が入った! いつもみたいに睡魔に見舞われず(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毛無山 | トップ | 広重展 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さちこ)
2017-05-05 21:04:49
こんばんは。

この花、可愛いです。

連日の凄い行動力に脱帽(笑)
興味深い曲がたくさんですね。
Unknown (そらみみ)
2017-05-06 10:04:30
本当に、可愛い花です。
シロカネソウ(白銀草 )だと思います。

とにかく、動けるうちに、やりたいことはやっておかねば!・・・という感じですね。

月の光と幻想曲は、多分、挑戦することになるような・・・。
感動は人生の原動力ですね。

コメントを投稿

ライブ&コンサート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL