16年09月19日 白神岳1235m 蟶山コース 里程13km 74回目単独

2016年09月19日 21時03分31秒 | Weblog

16年09月19日 白神岳1235m 蟶山コース 里程13km 74回目単独

18日ニンニクの植えつけと北面の草取りが終了し19日はぽっかり空いた一日になりました。天気予報を見るとAMは晴れPM曇の表示。私の敬老を祝う意味でも「月に一度は登りたい山白神岳」と言うことで挑戦です。朝いつも通り起きて準備をして、パンとコーヒーをコンビニで購入し出発です。上を見上げるとお月様に傘がかむっていました。

もう靴からスパッツまでつけていますので登山口に着くとすぐに出発です。登山口には前泊者の車が13台位おりまして山小屋は大変な混雑だろうと想像されます。NOを見ましたら一番遠いのは山口県でした。今日の白神岳は全国版です。この連休を利用しての山三昧のようです。

4時14分登山口で登山届けを出して出発です。酒の飲み過ぎで重たくなった身体で登れるのか心配です。ヘッドライトをつけての歩きなので、木の根、転石で滑らないように道を照らしよい場所を選んで慎重に歩く。マテ山・二股分岐から最後の水場迄は右側が沢になっているので注意をして歩く。

それにしても今日は私がトップのようで蜘蛛の巣が顔に絡まる。それとヘッドライトに蛾が刺すように集まってくる。薮蚊でなくなくてよかった。露払いは辛い。最後水場着5時過ぎには明るくなりヘッドライトを外して歩く。

マテ山迄の急登を凌ぎ、いよいよ尾根に出て2.3km地点までのブナ街道の歩きですが何とも言えないほど気持ちがいい。たった16分の道のりですが涼しく高低差も少なく最高です。2.3kmにつくとこれから意外ときつい登りが待ち受け受けている。上り下りを3回位繰り返すと、最後急登のポール大峰分岐まで0.8kmの表示があり高低差約270mの急登が待ち受けている。

ここの登山道の刈り払いをしていただきましたがまだ身体が濡れる。下界を見ると今にも雨が降りそうな曇り空。頂上を見るとガスが発生して何も見えない。粗い吐息で登り切ると大峰分岐。ようやくたどり着く。後は頂上迄すぐ。でもこの区間の道も狭く低灌木、笹等の夜露で身体が濡れる。頂上に着くと解るが立ち止まると、すぐに身体が冷えて震える。夜露と汗で濡れた身体の熱を急速に奪っていく。いくら汗を吸い取ってくれるシャツでもすぐには乾かないので、合羽を着ての保温対策が必要。

頂上に着いてもガスですぐ近くの避難小屋も見えず。仕方なく74回目の記念写真をパチリ。後寒くて避難小屋で合羽を着て遅い朝食。ブルブル震えながらオニギリを食べる。外を見ているがガスの流れの速さが凄い勢いで流れていく。これは霧雨になるかもと思ったり、晴れる気配がないと判断と寒さで耐えられないし、食事が終わってすぐに下山。

大峰分岐から急登を下るが展望の所まできたら下界が見える。いさい構わず下山していくが段々天気が快復していく。それにしても次から次と登山者が登ってくる。いつもこのような賑わいだといいのにと思います。

それにしても9月19日にもなるのにそんなに秋の気配が感じられない。異常天候のせいでしょうか?。

何とか登山口に着いて届けを出して駐車場に。駐車場は20数台の車。凄い。片付けをして帰りいつもの白神川河口から白神岳を見ると全容がはっきりと見える。天気予報が恨めしく思う。でも山はこのようなことがつきもの。

それでも今日の登山は楽しかった半日でした。登り2時間54分。頂上で休憩40分。下山2時間17分。今日の山行5時間51分でした。登り下りは休憩時間無しです。因みに歩いた歩数27000歩でした。何度か滑って転びましたが怪我無く無事終了でした。

 

01.16年09月19日 白神岳登山時間。上記を参照。休憩時間はありません。

 

02.16年09月19日 74回目の白神岳 お月さんに傘マーク。

 

03.16年09月19日 74回目の白神岳 アキノキリンソウ。

 

04.16年09月19日 74回目の白神岳 最後の急登展望台から見た岩崎方面。これから上がガスがかかってくる。

 

05.16年09月19日 74回目の白神岳 イブキトラノオ。2本まだ残っていました。

 

05.16年09月19日 74回目の白神岳 キオン。

 

07.16年09月19日 74回目の白神岳 上トイレ、下避難小屋。

 

08.16年09月19日 74回目の白神岳 白神岳頂上。

 

09.16年09月19日 74回目の白神岳 頂上から避難小屋、トイレを見るがあまりに濃いガスで周囲は全く展望効かず。

 

10.16年09月19日 74回目の白神岳 頂上で74回目の記念写真。ガスがかかり呆けている。

 

11.16年09月19日 74回目の白神岳 社の目にあったツリガネニンジン。

 

12.16年09月19日 74回目の白神岳 オオカメノキの果実。

 

13.16年09月19日 74回目の白神岳 エゾオヤマリンドウ。

 

14.16年09月19日 74回目の白神岳 いつもの花畠。

 

15.16年09月19日 74回目の白神岳 エゾアジサイ。

 

16.16年09月19日 74回目の白神岳 私の好きな兄弟ブナ。

 

17.16年09月19日 74回目の白神岳 ジュウモンジソウ→ミヤマダイジュウモンジソウに変更。

 

18.17.16年09月19日 74回目の白神岳 ハテナ?→サラシナショウマに変更。

 

19.16年09月19日 74回目の白神岳 オクトリカブト。

 

20.16年09月19日 74回目の白神岳 帰りの駐車場。数えなかったけれど全国版の車です。

 

21.16年09月19日 74回目の白神岳 帰り10時20分頃の写真です。ガスも葉れて白神岳の全容が見えます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 16年09月18日 ニンニクの植... | トップ | 16年09月21日 ニンジン・ホ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吹田の暇人。)
2016-09-22 11:20:40
タロンペ 様

無事74回目の白神登頂されたようで何よりです。 少し前には 体力面で気弱な事を言われる時期も有りましたが これで一安心、でも くれぐれも無理をされません様に、、、。 秋目前のこの時期の花々の風情は独特のものですね。
畑作業も順調なようで、、、ホウレン草も発芽したようですが どういう品種の種なのでしょうか。
うたた寝の宿六さんや私は この時期に蒔くのは「次郎丸」です、この種類が一番 コストパフォーマンスが良い様に思います。 畑作業は腰が疲れますので  休み休み御用心のほど。
家庭菜園 (タロンペ)
2016-09-22 19:22:16
吹田の暇人様

いつも覗いて頂きありがとう御座います。
鋭い観察眼に敬服いたします。
地方が変わるといろいろな品種が出回っておりどれがどれで一概には評価することができません。
やはり地元の種苗屋さんにお聞きするのが一番いいようです。
本当に種子もいろいろ交配されてどれがいいのかシロウトには解りません。
温暖な気候地帯、こちらのように寒い気候地帯でいろいろ売っている種子も違います。
ほうれん草に関しては春は晩抽パルク、秋はクロノスという品種を漬かって失敗の作はありません。
これからも家庭茶園の情報を流していきたいとおもっておりますがそちらとはあまりにも気候と土壌がちがうのでちょっと私には解りませんが。あうかどうかは種苗やさんでお訪ねるすることが何よりだと思います。
それとご近所の物知りに聞くとかいろいろ手段はあると思いますので頑張ってみて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事