たろまろカフェ

オリジナルのBL小説を書いています。活動報告、創作、BL、映画など散文を掲載。小説はエロから爽やかまで。ストーリー重視。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『キング・アーサー』

2017年03月06日 17時28分57秒 | 映画・海外ドラマ

             

 

『キング・アーサー』観ました。

 

噂の二人が出てるなれそめ映画です。

 

結構面白かった。

 

カット割りも魅せるし、戦場シーンも迫力勢いがあって興奮する。

 

 

 

トリスタンと言う一押しキャラがいた為というのも過分にあるかも知れない。

 

トリスタン=マッツ・ミケルセンがかっこいいんす!

 

 

 

 

仲間の団結シーンは震えたし気持ちが良かった。

 

アーサーの戦術もなかなか面白い。

 

しかし、騎士キャラ一人一人にストーリーが作れるほどキャラ立ちが凄くあるだけに、仲間の描写が少なく残念。素材は十分いいからドラマ化してじっくり味わいたい。それがあればもっと魅せる事が出来たと思うし泣けたと思う。

 

出だしがランスロットの徴兵シーンだったんです。

 

だったら仲間になるシーン、共に釜の飯食うシーン。互いに心許しあい、剣術を高めるシーンとかがやっぱ欲しいわけです。友情育んで、友情以上でも大歓迎ですけどっ!

 


 

映画のメインはアーサーが高潔でいいやつ。みんな大好きアーサー! なお話でした。

 


 

ちゃうんです! 欲しいのはそこではない! 

 

友情と、苦悩そして団結! そう、アーサーと騎士たちのお話が見たかった!

 

アーサーとグウィネヴィアとのロマンスはどうでもいい。

 

ってかなんでグウィネヴィアがパッケージのセンターなんだろう……。

 

確かに演技素敵でしたけども。 

 

ごめん求めたのは騎士たち。トリスタンとガラハッドです。

 

酒場のシーンは萌えました。ありがとうございます。

 


 

せっかくの騎士たちをもっと扱って欲しいよね! やっぱり。

 


 

ガラハッド=ヒュー・ダンシーにいたては、なんやようわからんのです。キャラが!
おみ足はとても眩しかったですけれど!

 

実にもったいないと思うわけです。

 

だって、個人的に調べましたところ。

 

ガラハッドは、ランスロットとペレス王の娘エレインの子供らしいです。

 

しかもエレインがランスロットを幻覚でだまし、ランスロットが思いを寄せるグウィネヴィア(アーサー王の嫁)と誤解させて一夜を共にした時の子供。

 

幻覚から覚めたランスロットはエイレンを捨て、ガラハッドは修道院送り。

 

こんな人生があるうでしょうか!

 

しかも大人になったガラハッドは父のランスロットのところに行き、アーサー王に御面会。

 

さまざまな試験を受け、それを易々達成。

 

捨て子なのに、超天才エリート君です!

 

 

 

円卓の騎士として、親父と共に戦うんすよ! 捨てた親父と共に! 

 

(映画では親子ではなかったですが)

 

こんなキャラを名前だけ使用とかっ!! しかもヒュー君なのに!! ありえない!!

 

かなり口惜しいです。

 

なんせ、ガラハット出なさすぎ! ラストの笑顔がめちゃくちゃ可愛いかったぜこのやろう!

 

 


 

 

そして、トリスタン。人柄から彼のストーリーが観たい!

 

実に男らしい寡黙でキッチリ仕事をこなす遣り手であって、鷹と友達な天才神な弓使い。

 

八割のかっこよさに、残りの二割でチラリと見せる野生的なチャーミングさ。マッツ最高!

 


 

このトリスタンにしても、個人的に調べました。

 

なんと、出生前に父親を失った。また別のお話では、母親以外の女性と関係を持ち帰ってこなくなった。そんな悲しみから母が『悲しみの子』トリスタンと名付けたらしいです。

 

もっとクレ! トリスタン!

 

最後にチャーミングなトリスタンおば……。  

 

 

 

  

 

 ちょい見せて。     ふーん。       もらうわ。

 

 

 

……を黙ってやります。
退役証の入ってた箱を欲しがります。箱を!

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 更新情報と、第四章 | トップ | 更新情報と、おアツいのと冷... »

コメントを投稿

映画・海外ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL