たろの日記ページ,gooブログ版

http://www009.upp.so-net.ne.jp/taro-r/ の分家です。一部内容が重複してます。

死は取り返しがつかないもの

2012-02-21 22:27:40 | ココロ
安楽死法 ‐ 死を選ぶ権利」というのを読みました。真っ先に思ったのは自殺を不治の病の安楽死と同列に語るのは,ちょっと違うということです。

確かにもう安楽死を…という病人は生きるのが辛いのかもしれませんが,死を望んでいるわけでも無いでしょうし,そこにいたるまでは死にたくない…と思っている人がほとんどだと思います。末期がんになった人だって苦痛で辛くなるまでは死にたくないはずです。もちろん自殺をする人だって,本当は死にたくないのかもしれません。でもやっぱりどこか違う気がします。まぁ人が死ぬということは,人の数だけちがうということなのかもしれませんが。

それから思うこと。死というのは取り返しがつかないこと,というのはのはたぶん間違いありません。死んだ人間は生き返りません。死後の世界があるかどうかはわかりませんが,生き返らないのは事実です。ですから,死を選んだらやり直しが利かないのです。だから人は死ぬことが大変なこととなっているのだと思います。自分で死ぬにしても殺すにしても安楽死させるにしても,大変です。

あと,不治の病気で末期の場合,そもそも治療放棄をすれば病人は死にます。それ以上のものが必要なんだろうかと思います。安楽死ボタンなんて不要じゃないですか?。

それからもうひとつ。社会が死を簡単なものと捉えることに抵抗があります。死自体が軽くなり,簡単に死の選択を迫られる様になるかもしれません。人が簡単に安楽死を選べるというのは,合法的に殺す手段を得るということにもなりえます。だれかそれで得する人がいるんじゃない?という気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お金とコミュ力 | トップ | 最高裁の役目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。