フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

熱が高かった

2017-09-22 07:21:16 | Weblog

水銀が上がる古い体温計だから上手くは計れてなかったのか熱はないもんだと思っていたが昨日体温計を挟んでいるのを忘れてトイレに行って落として気づいたのを見ると熱が高かった。38℃だ。そしたら今までずっとこんな熱あったんだ。知ってしまうと何だか体がだ塁、フラフラする。知ると知らんでこんだけ感覚が違うのかと苦笑。今朝も相変わらず耳は塞がったまま。何の進展もない。中耳炎がこんだけヤッカイとは知らなかったな。「痛くないの?」と聞かれると「痛いよ」と軽く言うことにして痛みから逃れようとしている。体がフワフワするのだけが治まればなんとかなるんだけど。また熱計ってみよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望をつなぐ

2017-09-21 07:22:13 | Weblog

まだ右耳は塞がったまんま。頭の中はウエットインウエット。耳のどの辺りか明確ではないが奥の方から時折痛みがやって来る。クスリのせいか胃が疲れている。朝の爽快感はない。朝飯も薬を飲むために食べているようなもんだ。何故か肩が凝っている。ほんのちょっとしたことで人間って全然ダメなんだね。今までの健康のサイクルはきれいさっぱりなくなり不健康のスパイラルの中に飲み込まれていく。何もする気が起きないとか寝たいとかただただズルズルと過ごしたい気分。寝て肩が凝ったのか中耳炎のせいなのか分からないが起きると少しフラフラする。これではいかんと少し抗って動いてみる。しんどい。熱があるのかもしれない。と椅子に座って目を閉じると何だかフワフワとして気持ちいい。炎症が治まったら鼓膜に穴をあけて膿を出すのかな。大人の鼓膜は厚いから穴をあけづらいだろうから痛いだろうな。その痛さよりも開放感がずっといいね。耳が通った時のことを想像し希望をつなぐ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中耳炎だった

2017-09-20 06:44:29 | Weblog

病院に行って医者に診てもらったら「中耳炎」だった。台風の気圧変化も耳に影響するらしい。そんな人も2~3人来ていた。これも台風被害というのかな。オレも台風の日に洟かんだたらな。案の定「洟を強くかんだかね」「いやぁ、それほど」耳診ましょうと漏斗のようなものを耳に突っ込んですぐ「中耳炎ですね」だって。「鼻を見ましょう」と鼻の穴にスコープのようなもの突っ込んで「鼻も炎症してます」「喉を診せてください」と喉も炎症だって。「今朝は右耳が聞こえないんですけど」「炎症で鼓膜が硬くなってますから聞こえません」とあっさり。炎症を抑える薬出しときますから必ず飲んでくださいね。と念を押された。クスリなんか真面目に飲まないのバレたかな。中耳炎なんて子供の頃以来だな。年取ると子供に帰るっていうけど体力が落ちるってことも含まれてるのかな。やれやれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに聴こえない

2017-09-19 07:11:50 | Weblog

朝起きると右耳はまだ塞がれたまま。ラジオのイヤホンを入れると聴こえる。wイヤホンだから恐る恐る左耳を外すと右耳は聴こえない。やっぱりというかガックリというかもう医者レベルだなと判断。ネットで調べるとこんな症状で悩んでいる人が600万人もいるとか。耳管狭窄症、耳管開放症、メニエール病、突発性難聴とか色々出てくるが効く薬はないらしい。耳鳴りは脳がいかれてるからだって。それに耳クソが脳にまで運ばれると死ぬんだってね。フ~ン知らなかった。耳と脳は近いからなぁ。脳の血流が悪いと耳が塞がれるよと言われると「確かに血の巡りは悪いからなぁ」と脳梗塞になる前に医者に行っとくかと今日、医者に行くことを決意。なるべく病院には行きたくないんだ病原菌の巣だから。それでも行かなければならないほど不自由を感じている。たかが耳されど耳か。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳が塞がれて

2017-09-18 08:02:03 | Weblog

風邪でも引いたのかしら喉が痛くて山田養蜂所の「のど飴」をなめていたんだけど喉が治ると鼻水が出だして強く鼻をかんだら耳がつまった。ほっといたら治るだろうと高をくくっていたが今朝起きてみると耳が塞がれていた。ちょうどプールで耳に水が入った状態。なんとも気持ち悪い。やっぱり歳なんだろうな。ちょっとしたことでいろんなところが傷むなんて。経年疲労ってやつだ。これは内科か耳鼻科かと思案中。まだ風邪は完全に治ってないし原因は風邪だろうから内科かなと微妙。あ~だこ~だと言いながらも病院に行かないのが常だけど耳が塞がれるとはやくすっきりしたいと思うのです。台風一過幸いたいした被害もなく今日は青空。耳が塞がれているのが治ったらこの青空のような気分なんでしょうねと空を仰ぎ見る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は台風を待っている

2017-09-17 07:09:16 | Weblog

「何、風速40m?それが何だってんだい」と今日は台風が来て通り過ぎるのを待っている。今は鹿児島の屋久島の西北西にある。九州の西の海上を東よりに進んでいるというから夕方前には四国だな。昼前には四国も暴風域というからまいったな。県内には避難に関しての情報が沢山出ている。前は「台風か」で済んでいたけどな。なんか3.11以後こんな風になったみたい。アラート社会って言うんだろうか。危険って自分の感覚なんだけどね。アラートが出たからとか出なかったからとかでアラートを判断基準にしていいのかな。と疑問。確かに詳しい情報はラジオやら何やらで貰うけど「さてどうするか」は自分の感覚優先だけどな。とブツブツ。でも最近は異常気象だから昔の感覚が役に立たないことも多いからアラートも必要なんだろう。僕らは今まで経験したことがない気象の中にいるんだから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

制裁

2017-09-16 08:07:00 | Weblog

制裁がある限り我が国は安泰だ。とあのデブが言ったかどうか知らないが制裁が北とのある種の絆であることは間違いない。とこのことをシモーヌヴェイユから学んだ。あのデブもスイスでひょっとしてヴェイユを読んだのかな?と思いながらアニメのストーリーを考えていた。あのデブがミサイル発射室に来てさ「グァムに向かって撃て」というの。そしたらそばにいた長官も「グァムに向かって撃て」というの。それで次々次々連絡が届いて最後は現場で点火スイッチを押す科学者が「グァムに向かって撃て」とスイッチを押す。凄まじい轟音と炎が上がりミサイルはあっという間に大気圏を飛び越えた。5~6分後には日本を越え太平洋に突き刺さる。ミサイル発射実験成功と喜ぶ面々。あのデブもにっかり微笑む。「見たか、アメリカ。チョウセンチョウセンパカするな」「アメリカ本土も火の海だ」と雄叫びを上げる。その後ろの壁に貼られてある世界地図。北朝鮮をあまりにも大きく描いたものだからグァムが北海道の隣に描かれていた。  ここでエンド。ありそうでなさそうでウッフンでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またミサイルが飛んできたって

2017-09-15 07:00:34 | Weblog

また北からミサイルが北海道を越えて飛んで来たって。たった今のことだ。台風が来るって言うのにさ。またグァムに向けて撃ったのが北海道にいったのかな?ミサイルを撃つ以外の存在証明がない国だから。どうか軌道を間違えずに飛ばしてくれよな。とミサイルに慣れてしまってギャーギャー言わなくなってしまったら北の思うツボだからちょっとのことでも日本はギャーギャー言わなくちゃならないんだ。分かったようなこと言う奴がいてさ困るんだけど彼らが役に立ったことは何にもないことは歴史が証明している。国のトップだなんていうのは大体が訳の分からない奴がやってるんだからわからない奴同士の対応が間違ってないこともあるんだってね。また日本は「最も厳しい言葉で抗議しました」って言うんだろうか。厳しい言葉ってそう何個もあるんでしょうかね。今まで何回も使ってきたフレーズなんだけど。ミサイル発射で台風がどこかにとんで行ったらいいんだけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイビスカス

2017-09-14 07:48:56 | Weblog

ハイビスカスが咲きました。鉢植えなんですけど。夜になると花は閉じるんですよ。合弁花だと思っていたら離弁花だったんですね。思いっきり花びらを広げて気持ちよさそうです。気持ちよさそうというところをモチーフに描いてみました。油彩です。                 底抜けの明るさがこの花にはありますね。光を浴びて両手両足を広げるなんていつのことだったんでしょう。小学校に上がる前のことでしょうかね。それからは、いくら光を浴びても両手両足を思いっきり広げることはありませんでしたからね。今、おジイになって両手両足を広げるという意味においてはできるんですけど。五十肩やらひざ痛腰痛やらで物理的に思いっきり広げることができません。人間、なかなかうまくいきませんね。と語りかけながらハイビスカスを描きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨だれの音

2017-09-13 07:04:44 | Weblog

雨だれの音も年をとった。版画家の大場富雄さんの詩にこんなのがあった。年をとった俺たちが聞くと雨だれも年をとった音に聞こえて若い人には若く聞こえるのだろうか。

雨だれの音も年をとった ふりかえらない道を急ぐ 酒飲めば涙ながるる愚かな秋ぞ   あんな夢を見た今朝のほがらかさ この旅 果てもない旅のつくつくぼうし

人が生きるってなんなのでしょうね。無常観漂えども今朝は喉が痛くて気になって起きた。風邪かな?と痛いところがあるというだけで無常観など吹き飛んでしまいやれウガイだのクスリだのとあわてふためく。そうだ正常なままの寿命を求めているんだとふと気づく。異常があるから死を迎えるんであって正常な死なんてないのにね。おかしいね脳が不老不死のイメージを勝手に作るからだろうか。やっぱり大事なことは目先のウガイだろうな。人間って時々イヤになるね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加