フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

石立山で脱水症

2015-07-31 06:19:00 | Weblog
暑かった。300m位登ったところでは風も吹かず蒸し暑く大量発汗を繰り返す。これを軽く見てたから後で酷い目に遭った。水は普段より多い目の1ℓ近く持っていたんだけど初めから急勾配の登りに沢渡り。この日は前に降った雨の影響か増水して流れも早い。滑りそうな岩をピョンピョンと渡って行くと

かたつむりの標識。ジャンコクトーだったっけ「かたつむりのお葬式」という詩を思い出した。カタツムリがお葬式に出かけるんだけどあんまりに遅いから着いたときにはお葬式は終わってたと言う話だった。ここのカタツムリはあまりにも急勾配にかたつむりになざらるをえないというものだった。

そこからノコギリ歯のような岩の上を歩き這うように登ったがなかなか着かない。この距離の長さに心は折れそうになる。その前に汗で体のミネラルが失われたのか突然足が痙攣し動けなくなる。はげしく足がつる。どうにか騙しながらやっとの思いで頂上にたどり着く。頂上は広い。鹿の食害にあって木は枯れているのが多い。その分南は開けて見晴らしがいい。

写真は北だ三嶺が映らないかなと思って撮った。そこからの下りが大変だった。喉は渇くし足は痛いしで思うように進めない。遅い歩みに太陽が容赦なく照りつける。水は考えて使っていたけど少量の水ではこの渇きは癒されない。なんとか沢まで降りたらと痛い足を引き摺って下りた。ゴーゴーと流れる沢の水に顔をつけて川の水を大量に飲んだら治った脱水症状には大量の水が必要ということがわかった。本当は川の水は飲まないほうがいいんだよ。家がなくとも動物がいるからね。まぁ川の流れも早く水量が豊富だったからそれほどのことはないだろうといや体が大量の水を欲していたんだと思う。舌が猫の舌のようにザラザラになって渇ききっていたから少量の水で湿しても治らなかった。大量の水をいれると渇いた大地が潤うように舌が滑らかになっていく。振り返ればキツイ山だったけど久しぶりに登山の醍醐味を味あわせてくれる山だった。もいいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝3:30に起きて

2015-07-30 03:52:38 | Weblog
朝の3:30に起きて山行きの弁当を作っている。今日はうな丼。水はたっぷりと持って行くつもりだが弁当は少量。今日は珈琲も沸かさないのでジェットボイルも持っていかない。つまり荷物は軽く行く。多分暑くて熱い珈琲なんか飲みたくないだろう。それよりも暑さ対策に重点を置く。今日の山は「石立山」。ボクは初めて登る山だ。なんでも四国で一番キツイ山だとの評判だが四国の山はどこもキツイからさほど驚かない。それでもみんながキツイというのだからキツイんだろうな。さて今日はTシャツで行くか。首にバンダナ巻いて。半ズボンで探検家気分かな。待ち合わせは6:30。いまから猫の餌を作ってやらなくちゃ。けっこう朝は忙しいんだよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うだる夏

2015-07-29 06:18:50 | Weblog
まるでジャングルの中にいるような湿度温度が高い夏。TPPの交渉が大詰めの夏。前はもっと湿度が低かったような気がする。企業にとって有利なTPP.とらぬタヌキの皮算用とばかりに何の情報も出さず抽象的な言葉でひたすら頑張るという。分からないから何をどう頑張るのか分からない。ひたすらTPPの利点ばっかり説いて回った女は内閣参与の職を得たらしい。こいつのためのTPPか。世界でもこんな連中が何人もでてくるんだろうなということは分かる。そしてなんらかの企業も恩恵を被るだろう。では日本の農業はどうなんだろう。日本は世界基準と違って農業を農業としか考えない特異国だから。国民に安全な食べ物を自給するという考えが根本的にない。だから食は外国からという発想になる。他国は食は安全保障の範疇と考えているのに安保関連法案のなかに農業ははいっていない。腹が減っては戦ができんと歴史から学ばないといけないはずなのにこの国の政治家の認識は歴史の歪曲でしかないのか。だから世界で唯一の放射能を食う国民だとか食わす国だとか陰口を叩かれるんだ。今度はフクシマの海に放射能汚染水をながすことになったって。漁業もだめにするつもりかな。関東以北の魚は食ってはいけないんだぞ。なにが「食べるきずな」だ。こんな盗電とくっついたところが出すコピーに惑わされるな。「放射能を食わせない食わない」ことが本当の絆なんだということにそろそろ気づかないと。放射能が原因で癌になったら100万単位で医療費がかかるんだぞ。それでも政府は安全基準を下げてでも国民に食えって言ってるんだから第三国政府は日本人撲滅を狙っているのかと疑いたくもなる。うだる夏に加えてこのうだる政府。責任をとらない政府に価値があるのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Modiglianiの恋人

2015-07-28 06:52:53 | Weblog
2008年に出版された本だけど「モディリアーニの恋人」という本を図書館から借りてきた

顔が末成りひょうたんみたいな目がアーモンドみたいな人物がで有名な画家モディリアーニだ。なかなかのハンサムでいまでいうとイケメンというのかな写真がある。

男前。シャツの着こなしが上手い。シャツは破れているけど顔にはプライドがあって哀愁はあるが卑屈さはない。この時代の芸術家の矜持が垣間見えて面白い。恋人はジャンヌ・エビュテルヌ19歳で32歳のモディリアーニと出会って恋に落ち35歳でモディリアーニが病没すると21歳の若さで彼の後を追ってビルの上から飛び降り自殺した情熱の女。

と言うのが定説。でも彼女も画家でモディリアーニを目指していたんだから自殺の意味が複雑。モディリアーニは女好きで破滅型で売れない画家というイメージだが本当は絵もソコソコ売れて知名度もあったとのこと。ただ前衛だったから当時はそんなに評価は高くなかった。
ジャンヌも画家として作品を残している。こちらも生きていれば名を残したのではないかという思いがある。モディリアーニはプロの線で描く。ジャンヌは素人っぽい描きかただがなんか惹かれるものがある。いわゆるヘタウマ。それがまだプロほど昇華されていないのだが魅力的。やっぱり二人は画家と画家。芸術家と芸術家だったんだね。モディリアーニが置いていかれジャンヌが先を行くそんな予感を感じさせながら突然終わる人生。むつかしいんだ生きるって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なでしこin高知家

2015-07-27 07:36:06 | Weblog
昨日東京で小型飛行機が民家に墜落して悲惨な事故があったけど高知新聞の1面半分は「なでしこ」が高知でなでしこシリーズを戦ったニュースで埋め尽くされてた。正式にはINAC神戸レオネッサ vs ASエルフェン埼玉の試合が開かれたのだけどINACには日本代表の川澄や大野、海堀、鮫島、高瀬らなでしこジャパンの選手が多くいるからスタープレイヤーのトッププレーが見られるというんで多くの観客が詰めかけたと言う記事だ。まるでお祭騒ぎ。あのテレビで見ていた選手が、アメリカとワールドカップを戦った選手が実際見れるなんてと思ったファンは多かったでしょう。世界で活躍すればするほど女子サッカーは盛り上がります。でもあんまり盛り上がってしまうと高知くんだりまで来てくれなくなるのではとの心配もありますがいまのところ高知での試合は組み込まれているそうですなんせ観客には埼玉から来たとか県外のファンも詰め掛けて熱戦を見つめておったそうな
よさこいのように夏は高知でなでしこ三昧というふうになればいいね。試合はINACが2:1で勝ったけどあまりの暑さに中盤へばって動けなくなってたって。今年も暑いからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み

2015-07-26 06:36:38 | Weblog
晴れると夏の匂いがする。一年中夏休みなのになんだか「夏休み」って思うから不思議
絵画教室も今日から夏休み。上手くなったのかどうかいまだに分からない。亡くなった先生の絵はいまも生きている。はじめは線なのかと思っていたけどどうもそうでないことに最近気づいた。鉛筆淡彩の領域は既に出てまさに水彩画として確立している。技量だと言ってしまえばそれまでだけど絵とは総合的なものだからなかなか奥が深い。先生の絵を見るたびにまだまだ先は遠いと思い知らされる。ボクの線は魅力的じゃないから先生の絵とは全く違う絵での表現となると思っていたけどそれもどうも違うらしい。人の心に共感を生むのが絵だよって言われているのかな。まだまだ分からない。だからここらで「夏休み」もいいもんだ。夏休みといえばプールというイメージはボクにはない。川遊びだな。水中眼鏡をつけて。水中眼鏡は「ガンメン」って言ってたな。鼻と眼を覆う丸い水中マスク。なんで「ガンメン」なのか知らないけどそう言ってた。それに「チャン」という魚を突くゴムを引っ張って使う水中鉄砲。これもなんで「チャン」なのか知らない。そんなこんなもんぶら下げて近くの川で遊んでましたね。まだ『乞食」やなんかの人が橋の下に住んでいて今で言ったら「ホームレス」なのかな。その人たちの茶碗や皿が無造作に川につけてあったりした傍を通って泳げる深さのところまで行ったもんさ。川の土手にも掘っ立て小屋みたいなモノが建っていたから橋の下の住みかもさほどには思わなかった。今思うとサバイバルと変わらない暮らしがすぐそばにあったんだね。それでもさほどの事件はなく今よりずっと安全だった。車も少なかったし自然も優しかったし55年前くらいの話だよ随分僕らは乱暴に生きてきたんだな。自然を破壊しつくして。たった55年くらいで。日本もここらで夏休みくらいがちょうどいいんじゃないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けだ

2015-07-25 06:12:59 | Weblog
台風は来てるらしいけど昨日は晴れ。四国地方の梅雨明け宣言。久しぶりの青空。ヤッターって気分になるから不思議。ただ暑いだけなのにね。久しぶりに畑。育つのは草ばかり雨が続いたから畑は柔らかくなっておりこっちも久しぶりに「いのししの猪ちゃん」出現まったく芋畑を荒らしている。まだこれからという芋という芋を全部掘りつくして帰っている。なんで芋とわかるのかな。さいわいジャガイモは食われてない。食われる前に掘り出そう。ちょっと畑で動いたら汗びっしょり。草は切っても切ってもすぐ伸びる。いくら自然農業といってっもこれじゃ作物より草ばっかりの荒野とかわらない。それでも気休め程度の草刈をして赤紫蘇を収穫。洗って塩で揉んで梅漬けの上にうったつけた。これで赤い梅漬けとなり干せば梅干となる。それに梅の砂糖漬けが出来上がっており実を取り除いてジュースをビンに詰めた。コンクドリンクとして冷たい水で薄めて飲めば梅の香りが体中に広がっていくようだ。「ウマイ」と思わず口から出る。誰かに聞かれてないか周りを見回す。そんな美味さだ。まぁ自分で作ったものは美味い。というか素性がはっきりしてるから安心。「梅ジュース」で夏を乗り切ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌麿の水墨美人画

2015-07-24 06:44:59 | Weblog
昨日の新聞に「歌麿の水墨美人画」が新たに見つかったと発表があった。中央に堂々と正面向いて描かれた美人画。彩色されてなく墨と線だけで描かれているのが特徴。

「ウマイ」と思った。平面に平たく描かれているんだけど生きているように見えるし奥行きも感じる。カムロとの対比も面白い。写実でなくて構図を考えた手法。ゴッホが真似した浮世絵といわれてるが反対にまるでゴッホの絵のようだと感じる。まぁ、ゴッホならもっとビビッドな線で描くだろうが和のテイスト恐るべしですね。世界にヒケヲとらない和テイスト。一枚の絵を通して日本って凄い国だったんだなと再認識しました。繊細でしなやかで美しいそして強い精神。これが日本の本当の姿じゃないかな。なにもターザンのような体にならなくてもいいんだ。それらを凌駕する姿に日本人の価値観はあるのだから。それを二者択一の世界に陥れた政権の浅はかさに危機感を持つのはオレだけだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

責任をとらない国

2015-07-23 07:14:39 | Weblog
2011の3.11から日本は責任をとらない国になった。いやとらせない国になった。だからいまだに原子力村が存続し闇の力を温存している。盗電の誰一人原発事故を起こした責任をとってない。そもそも論で言えば日本に原発を誘致した中曽根の責任も追及していない。責任をとらなくていいのだから議員はヤジでも言いたい放題。挙句の果てに首相までが国会で野次を飛ばす情けなく品のない国に成り下がった。責任をとらなくていいから「安保関連法案」も強行採決。新国立競技場の採択も白紙撤回となったのに膨れ上がった予算を押し通そうとした連中の責任を問わない。五輪大会開催組織委員長の森クンは「国立競技場建設の責任は私は関係ない」と大きな声でのたまわった。組織委員長が責任ないわけがないだろう。この幼稚なオツムでできるのが今の日本の現状だ。日本が3.11以降変わったといわれるのがこの責任を誰もとらない社会体制の出現だ。たったひとつ責任の所在地をあきらかにするだけで元の日本に帰れるのに。このまま別の日本に塗り替えられるのだろうか。まずは、盗電の責任から明確にすべきだと思うのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫ノミ

2015-07-22 07:04:40 | Weblog
猫ノミがわきましてバルサン焚きましてやっと一安心と思ったらまた猫どもがお外に行ってお持ち帰り。ノミ捕りようの櫛でとってあげるんですけどピョンと跳んで逃げるやつもいるわけでノミがあとを絶ちません。猫の背中にちょんちょんとクスリをつけて上げているんだけど腹の方にその時は隠れているんだ。猫ノミって人にたかるんだ。最初のうちは噛まれていたけど最近はうまくないのか噛まれなくなったというか噛まれるのが少なくなった。オレが猫化しているのかな。よくみるとノミの跳ねる距離って6cmくらいだね。高さは分からないけれどピョンピョンと跳ぶから遠くまで跳ぶんだと思っていたけど意外と近くにいるんだね。だからこのところ猫がいる部屋ではいつもノミ捕り優先。以前はノミなんかいなかったのに異常気象で大繁殖なんだろうか。困ったもんだ。家の中でネイキッドやってる気分。ネイキッドっていうとジャングルの中にお互い見知らぬ男女が裸で放り出されて28日くらい過ごすサバイバル番組だ。お尻から腕から虫刺されでいっぱいなのに彼らは平気なのかな。ちょっと忘れたけど一つだけ道具を持って行っていいのかな。たいてい男はナイフだったりしてたけど。寝る小屋を作ったり水の確保や食べ物探しと彼らの一日は過酷で忙しい。やらせの部分もあるだろうけど比較的IQの高そうな連中が参加者となって挑戦するから面白い。まぁそれに比べたら猫ノミくらい掃除機で盗るかの心意気で今日も猫どもを捕まえてはノミを捕っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加