フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

VIVA FRANCE

2014-06-29 07:32:58 | Weblog
アマゾンのようなグローバル企業から地元の本屋を守ろうとフランスではネットによる書籍販売に関して配送無料販売を禁止する法案が議会で可決したという。いわゆる反アマゾン法だ。さすがフランスだ。文化の保護には徹底している。そこでフランスの新聞を見てみるとトップはイラク問題。それにアフリカが続いてウクライナとイスラエル。アジアではアフガニスタンとパキスタン、ヴェトナム。日本のこともでてた。なになに、「鯨の解体作業を若者に見せる」だって。「死刑囚に死刑が執行された」だって。日本て野蛮な国のイメージしかないんだね。それに引き換え中国の記事は「ニューヨークで中国人富裕層がホームレスを250人レストランに招待」ときた。えらい差だね。日本人てアピール下手なんだね。まぁ中国人も表層的ではあるけれど。これって覚悟の差じゃないかとフランスを見て思った。弱くなったとは言えまだ世界はアメリカ秩序の傘下にある。そのなかで堂々と自国の文化を貫く覚悟をフランスは持っている。じつに堂々と反アマゾン法を成立させていく過程が面白い。日本にはこんな覚悟ないな。アメリカの顔色うかがってばかりだもの。神も言う子供時代は15までだと。戦後60数年たってもまだ自己判断が出来ないのかなこの国は。武力独立よりさきに精神の独立を果たさねばフランスを見習わなければなんともならん。そのフランスもワインの醸造所まで中国企業に買収されているとのことだが彼らは中国人に頭を下げているわけではなく金に頭を下げているだけ。このしたたかさアジア人にはない。そういえばヴァルディさんどうしているかな。と急にあの可愛いフランス人を思い出した。モンサンミッシェルと言ってたオッサンも。みんな個が生きてたよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全無水メスレージャム

2014-06-28 08:11:28 | Weblog
一滴の水も加えずメスレージャムを作りました。少々水を使った昨日のジャムと比べると中味の濃さが違います。旨み成分がぎっしりと詰まった感じのジュレです。

ただほんの少しエグミがあります。昨日のジャムと足して2で割ればちょうどかなと思いました。エグミも自然の味だから「エグミがすこしあるね」なんて言いながら食べるのも悪くはないですがどうやって取るか気になります。皮をちょっとのあいだ一緒に煮たからかもしれません。製造過程に問題があるのなら簡単ですが完熟の実だけでなく混ぜこぜで煮たからかとあれやこれや原因を並べていますが分かりません。違いと言えば水を使った分つまり薄めた分にはエグミはありません。ということはまだ熟れてない実が混じっていたのかな。次回は素材を厳選して作ってみよう。それでもメスレーのジャムはクレムソンレーキの色がきれいで味がいい。多分みんな食べてみたらファンになるんじゃないかな。「ジャムおいしいよ」っていうと「メスレーあるならもっとちょうだい」ってリピートがきた。メスレーって楽しめるね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

La confiture de prunes

2014-06-27 08:13:03 | Weblog
1本の木だけど「すもも」メスレーが沢山実をつけたので連日収穫に終われてました。採れども採れども減らないのにいささかウンザリ。それでも貰ってもらえるだけでありがたいので欲しいといってくれた人にはどんだけ遠くてもせっせとお運びいたしました。延べ50人以上に届いたんじゃないかな。

それも今日辺りで終り。ヤレヤレです。農業って大変なんだから。無農薬無消毒完全木成りの有機果実だからみんな喜んでくれた。今回は僕は生食にも飽きたので完熟の実を使ってメスレーのジャムを作りました。作り方はバジルが教えてくれたんだけどやるのは僕のほうが早いと思う。

メスレージャムです。砂糖蜂蜜以外何にも入っていません。といいたいんだけどペクチン成分がないらしく固まらなかった。レモン果汁で普段は固まらすのだけど少しでも味が混じるのがイヤだったからほんの少々ゼラチンを使って固めました。色は濃い葡萄色でなんともいえないいい色です。味は梅ジャムに近いですが香りが梅ジャムよりソフトでフルーティ。今朝はヨーグルトソースとして食べました。作り方は簡単でトマトのボイルと同じ要領でボイルすると皮がつるんと剥けるので剥けた皮を取り除いて(すっぱくなりすぎるから)実を潰して種を取る。そのあと砂糖を加えてグツグツと。仕上げに蜂蜜を好みで。あとゼラチンを少々。これで出来上がり。美味しいよ。試してみて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煽るメディア

2014-06-26 07:34:16 | Weblog
最近の報道を見てると大本営発表みたいな傾向にあるとつくづく思うね。その一つがワールドカップの日本代表の報道。なんか向かうところ敵ナシのような無責任な報道しといて結果0勝2敗1分け勝ち点1。予選リーグ敗退。いいところ1個もナシ。采配もダメなら選手もダメ。それでいてメディアは責任をとらない。いつから責任をとらなくていいようになったか?それは原発事故で盗電の責任を追及することなく終わった時から。そのあとは言いたい放題。最近では都議会のセクハラ野次について議会は責任を取らない。犯人を突き止めて責任をとらせないどころかそんなことなかったで幕引きをしようとしている。煽るメディアに責任を取らない取らせない政府。これでワールドで勝てると思ってるのかな。サッカーにしたっていま2級品が日本のトップなんだから。世界との力の差は歴然としてるのに個で戦おうとする選手。世界の一流選手なみの采配を立てる監督。これでは勝てないと告げなければならない報道がいきなりのヨイショ記事。報道を信じて浮かれたヤツが馬鹿なのか。カズをださなきゃ勝てないと前から言ってるのに。これが日本のスタイルだと前から言ってるのに。一線級が退き二線級が台頭してきた背景にはB級監督岡ちゃんのスター嫌いがある。これでスターが引っ張ると言う日本の伝統は崩れカオスが始まったんだ。そのB級をここまで持ち上げ錯覚させてきたメディアの罪は大きいと思うんだがメディアは責任も取らず日本健闘するも敗退とまだ持ち上げている。誰が4対1でボロ負けの試合を健闘したというのだろか。それでもワールドカップは面白いけどね。サッカーがこんなにアタマを使うスポーツとは知らなかった。まるで碁の感覚だね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼なじみ

2014-06-25 08:05:37 | Weblog
昨日幼なじみのクミちゃんと久しぶりにあって話をした。と言っても立ち話だけど。話すなんて35年ぶりじゃないかな。クミちゃんから出た最初の言葉「○○○ちゃん」だもんな
もう65に近いオジイをつかまえて。クミちゃんもオレより一つ下だから二人ともじいさんばぁさんなんだけど。「ちゃん」という響きが懐かしくていきなり昔に戻ったような錯覚を覚えた。小学校の2~3年までだろうか一緒に遊んでたの。トンボとったりバトミントンしたり一緒に風呂屋にいったりと一瞬のうちに当時のことが走馬灯のように駆け巡る。そういえばユタカくんやシンちゃんユウコちゃんタカちゃんにジュンコちゃんみんなどうしているんだろう。昔はこの界隈にも子供が沢山いていつもつるんでたよな。いまではすっかり老人地区になってしまったけれど。オレなんかここでは青年だからね。だけどおさななじみっていいね。どんなに会わない期間が長くてもどんなに話さない時間があったとしても立った一言話を交わすだけですごく心が打ち解けるもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野次と中傷誹謗

2014-06-24 07:00:04 | Weblog
東京という田舎モンの集まりの議会でひどい野次が女性議員に浴びせられた。これはセクハラだということで問題になった。その時Sという議員が発した言葉だということまで分かっていた。のらりくらりで議長も問題を不問にしようとしてたら外国のメディアが野蛮な国日本ととりあげたから一国堂の人形みたいな幹事長もあせった。そして4日か5日たった今になってイタチみたいな鈴木と言う男が名乗り出てあやまったというか弁明をした。それでも全部自分が言ったんじゃないほかの人も言ったんだからと。おまけに議員は辞めないって。コイツは馬鹿じゃないのか。こんなヤツが議員やってる都議会なんていかがなものか。野次は議論の沈滞を活性化させるために必要なところもあるけれど中傷誹謗とのグレーゾーンは許されないということを知らなければならないよ。それにコイツ自民党の議長に「オレはやってない」とウソをついていたんでしょ。これは資質としてどうかな。こいつの言を今後誰が信じるのだろう。やはり政治の世界は男尊女卑やあらゆる差別意識が蔓延してるのかな。差別されてきたヤツが権力を得ると差別しだすんだよね。その程度なんだから政治屋って。これは治りそうもないね。それでも安倍ちゃん女性活用の政治を本当に目指しているんだろうか。まぁ権力闘争が好きな連中の世界だから仕方がないところもあるけど誹謗中傷で政治活動を停めようとしないで政策でやってくれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事実に文句つける国

2014-06-23 07:15:47 | Weblog
河野談話の検証が終わりました。事実が淡々と語られています。韓国のために摺り合わせたということが明白になりました。いわば韓国側が泣きついてきて日本側がそれならと譲歩してあげたということです。一体ナンのために。韓国政府が政治をうまくやれないからと脅したら日本が金くれるから大体がそんな按配でしょう。日本側は一体ナンのためにこんな韓国側のいいなりになった談話を発表しなければいけなかったのでしょうね。多分アメリカちゃんが韓ともめたらあかんといってきたのでしょうね。なんか利権のニオイガしますね。それとも当時政府の中枢に在日の議員が多かったのか。いまでも中国共産党の利益を優先してる不思議さがこの国にはあるからな。国としてつぶれてる韓国は論外だが中国に日本の金がいかなかったら中国も潰れることわかっているのにこの国はそれをやらないでのらりくらり。もう中国共産党に金をやらなきゃいいのに。この国は、盗電も罪につけず税金で救う国だから中国に対しても韓国に対してもズルズルいくのでしょうね。こうの談話の撤回も中国への援助金の撤回もせずに。国民の税金を湯水の如く使ってチャンチョン政治をくりかえすのでしょうね。イギリスみたいに相手が弱るのを虎視眈々と狙ってるという迫力が安倍ちゃんにはないな。麻生の馬鹿が言ったという「いじめられるのは喧嘩が弱くておとなしくて金持ちのぼんぼん」の例えこれ安倍ちゃんのことなの。本当にやられるのは、一言多いお前の方だけどな。日本は事実を淡々と積み重ねてウソとハッタリしかない国と対峙すべし。とあの馬鹿言えないのかな。無理かマンガしか読めないヤツには。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哲学マルちゃん

2014-06-22 08:07:48 | Weblog
今日は雨が降っている。猫のウルーが玄関を開けて出て行ったらマルちゃんが入ってきて玄関横の部屋に入った。「マルちゃん、どうしゆう」と言っても映らない。年に1回か2回ある「哲学の日」だ。ナンカ考え事をしてるみたいで窓の傍に立ったまま座ろうともしない。雨に濡れた体で座ってもらうのも困るんだけど。マルちゃんは犬独特のジャレルとか甘えるとかはしゃぐとかそんなものは持ち合わせていない。それでも普段は犬らしくない犬としてなんとか日々無事に過ごしているんだけど。雨が降る日はいけない。勝手に出て行ったりちょっと奇妙な行動をする。今日も散歩から帰ってきて蚊取り線香を点けてやりに行ったらいなかった。そしたら後ろから戻ってきて映ってない。「こりゃ哲学の日か」
と好きにさせておいたら家に上がってきて窓から外を見たまま動かない。「マルちゃん」と言っても映らない。しかががないからそのままにしておいた。何考えてるんだろうな。ボーっと立ってるマルちゃんの横でハサミを持ってマルちゃんの散髪をしてあげた。一点を見つめて不動だから今日はやりやすい。散発が終わるとマルちゃんひょこひょこ出て行った。いったいなんなんだろう。今日は危ないのでまるちゃんを小屋に繋いだ。明日は、
マルちゃん覚めてるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本梅雨

2014-06-21 08:13:35 | Weblog
本梅雨がくるのかな。そんな雰囲気の天気だ。本梅雨の前にメスレーをとらなきゃ。

今年は鈴生り。これは梅と違って貰い手たくさん。ゲンキンなもんだ。ナマが美味しいから漬けたりジャムにしたことはないけど美味しいのかな。そういえばヒサ君が作った枇杷のジャムをもらったけど砂糖が勝ちすぎててまだまだだな。メスレーもそうなるんじゃないかな。今度ジャムおじさんがお手本を見せてあげなければ。。雨の隙間を縫って畑に行かなくてはと思っていたけどしとしとと降り出した。「本梅雨なのか」と空を見る。しかし雨に濡れて風が吹くと実が落ちてしまうから行かなくては。行くべきか。悩むね。雨に濡れて取るのはいやだな。でも実が落ちる。それもいやだな。行ってくるか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅完熟

2014-06-20 07:57:11 | Weblog
梅完熟。この完熟梅を期待してたんだ。市場には出回らない。木で完熟の梅。これが美味いんだ。梅干、梅サワー、梅焼酎、梅シロップ、梅ジャムとどれを作ってもおいしい。と分かっていたのだが今年は梅が馬鹿どれ。馬鹿って言う言葉は支那の秦の時代に皇帝が馬を鹿だと言ったことから始まったことばらしい。つまり皇帝の命令は絶対だということを示すために使われた例えだ。今の中国は1949年に成立した国でたかだか60年の歴史しかない国だ。錯覚してた。5千年の歴史だなんてイメージそのものだね日本人に植えつけられてきた。こっちの方がロマンがあるからね。隣の国なんか昔から気にしてないのが日本流だから「月の砂漠」と同じロマンなんだよ。日本人って古代ロマンが好きだからね。閑話休題。梅だけど昨日も3キロ位拾ったんじゃないかな。黄色くてとてもきれいだ。

でも梅って漬けられる人が少ないんだ。だから誰彼に持って行ってもダメなんだよ。カズカズが仕事に行ってなければ漬けてくれるだろうけど。なんてブツブツ。梅のおかげでいろんな人を思い出しては懐かしがっていた。それも今日で終り。最終の梅が今日落ちてしまう。それも予約済み。ノブが貰ってくれるって。よかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加