フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

hawaiian

2014-01-31 09:56:20 | Weblog
ハワイでは今、ハワイ語を残そうという運動が盛んだそうだ。夕べテレビのワールドニュースでやってた。言葉は文化だからこの機運は誠に喜ばしい。インドネシアでもインドネシア語を話そう使おうという法律ができているという。どの民族も自分のアイデンティティをもとめて文化を大切にしようとしている。重ねて言うが言葉は文化だからだ。ハワイはアメリカに占領されて英語によるハワイ語の撲滅教育が行われポリネシア人たちは英語文化圏へと強制融合されていったんだがハワイ人としての誇りが残っていたんだね。絶滅しかけた言葉を掘り起こして若者がハワイ文化を受け継ごうと立ち上がったんだ。今ではトイレや道路標識まで英語表記とハワイ語表記だって。それにひきかえわが日本は、植民地でもあるまいに日本文化を伝承することも怠っていながら小学低学年から英語だって。中学に至ってはすべて英語で授業だって。文化を知らない者が英語で何を伝えようと言うんだろうか。この反日教育にはギモンだ。グローバルという言葉にもギモンだ。英語はカンタンな言語だからいくつになっても話そうと思えば話せるのにネイチャにはなれないんだから小さい時からやる必要ってあるのかな。反日思想を植え込まれるだけじゃないの。誰に?そりゃぁ、日本人になりすましたヤツラにさ。教育者にいたり政治家にいたりまことしやかに日本を憂いて英語ができる国際人を育成なんて言ってるけど英語ができるから国際人じゃないからね。郷ひろみも松田聖子も英語はできるけど国際人じゃないだろう。
こんな人間いっぱい作ってこの国は何をしたいのだろうか。それならウイーン大学が採用している「タンデム」という制度がいいと思うけどね。ある程度教養を身に付けたもの同士がスキルではなくお互いの国の言葉を教えあうという制度だ。これならまだ納得するけど。僕らも日本語を土佐弁を守ろうよ。ハワイに負けずにさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常識を覆す

2014-01-30 08:16:22 | Weblog
常識を覆すってことは最高だ。「歴史を愚弄しているのか」とまで罵られたことを僕らから言わせれば30歳の女の子がやってのけた。「STAP細胞」という万能細胞を誰も信じられなかった方法で作ったんだ。ラジオで聞いた時「ハーバード大の・・・」とか聞こえたからまたアメリカにやられたかと「チェッ」と思ってたけど新聞見て驚いた。「日本人」かと。テレビ見て腰ぬかした。助手だと思ってたら小保方晴子その人だったから。これがまた可愛いんだ。時代は変わったんだね。そりゃぁ細胞も発想も変わるはずだ。彼女の容貌も常識を覆すもんだった。それがどんな誹謗中傷にも負けず自分の信念を通す強さがすごい。ちょっとばかりのカワイさを鼻にかけてバカな女が多い中やはり常識外の突き抜けた美しさを持った人がいるなんて日本も捨てたモンじゃないね。世界中のすべてを敵に回しても彼女の側に立つ。というハーバードの教授や仲間達がいたことも納得できるね。細胞は酸性ストレスを与えると若返るのか・・と単純に「酢を飲もう」なんて思いたくもなるんだけど凡人としては。それじゃないんだよな。でも再生医療はこれから凄いスピードで進むだろう予感をさせるSTAP細胞の開発でした。日本はまだまだ底力がある。美人がいるなんか自信が湧いてきたというか久しぶりに希望が見えた。やっぱりハゲのおんちゃんではこうはならないんだ。アマテラスの国なのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サスラ

2014-01-29 09:25:23 | Weblog
こんなコマーシャルを最近よくみかける。「サスラトロドロール」「これからとってもいいことあるよ」って意味だよ。なんて言ってたのかなちょっと忘れたけど。日本人ていよいよフランス語が好きだね。フランス語で言われると大阪弁で言われたようにコロッとまいってしまうのかな。そういえば高知でもフランス語の店名が多い。美容院、ブティック小さな居酒屋、デザイン事務所。不動産屋にもあるね。高知ってフランス語文化圏なのかなと錯覚してしまいそう。すべての言語は日本語から。日本語は土佐弁からという説があるんだけどその説からいけばフランス語が高知に帰ってくるのも無理はないか。ちなみに自分の周りでフランス語を訥々でも話せる友達は一人しかいないんだけど。まぁ英語が世界語のような思い違いをさせないためにもテレビでいろいろな言語が聞こえるのがいいかな。そうやってればきっといいことあるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪光山へ

2014-01-28 18:51:10 | Weblog
せっこう山へ行ってきました。ヨシハラからの登山道です。「しんどい坂」を越えていくコースです。標高920mくらいだから距離は短いのですが「しんどい坂」というくらい傾斜のきつい坂が頂上付近まで続いています。こういうのは高知の山の特徴なんですが慣れているとはいえキツイのはちっとも変わりません。チーム64、這うようにのぼり頂上でメシ食って帰ってきました。ただこれだけのことなんですけどなんかこれが面白いのです。今日のお弁当はオートミールにしました。フードコンテナだったら簡単に作れて頂上に着いた頃にはいい具合になってるんですよ。「何食べてるの?」ってみんなが聞くから「昭和天皇も食べていたと言う由緒正しいアイリッシュオートミールだ」と言ってやりました。天皇というだけでなんか尊敬の眼差しで見ている。やはりロイヤルブランドは強いな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒星

2014-01-27 08:24:20 | Weblog
風邪は引かないことにしているが少し風邪気味。絵の教室でさすが出てきては無かったがせっちゃんが「インフルエンザ」って言ってたから風邪菌がそこらに飛んでいたのかも。風邪菌を持って絵画教室に行ったら生徒が急に明日からいなくなるから注意が必要。なんせ「俺たちに明日はない」連中ばっかりだから。と思ってたら連中は鬼か邪か。インフルや風邪なんかでヤラレル連中ではなかった。比較的若い60代がやられてるだけで70,80は元気元気。新聞のチラシに「厄除け星除け表」があったので見てたらオレは「星除け」が黒星だった。お祓い料5000円と書いてあった。四緑木犀、中央にあって八方塞とのこと。御祓いをしなければ。といっても自分で祓うのだけど。知らないうちに自分にまつわりついている罪や穢れや悪霊を塩で清めて祓うのです。神社に行った方がいいと思いますけど行かなくても自然神が日本にはいますから基本偶像崇拝はありませんから自分が中央の星なら八方に向かって手を合わせ祓いをすればいいのです。コレが本当の神道の流儀なのです。「神仏は尊し、されど神仏を頼まず」ですか。でも古事古典に触れるにはいいことだと思います。今年は黒星発進。さてどうなりますことやら。災い転じて福となすぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-01-26 10:12:17 | Weblog
矛を止めると書いて武というと聞いたことがある。上級武士の心得だという。上級武士の支配が強い時は外交に問題なかったという。下級武士で才覚がある者を積極的に登用し政治の表舞台で活躍させる風潮が高まって武士のボーダレスとなり内政はともかく外交は弱くなったという。その結果が武力衝突だと。武の始まりはヤマトタケルに始まるとも言われるがその頃の人々の感覚は「やられた方が悪い」というのが戦士のルールだったらしいこれって動物の感覚に近いと気づいた。昔の人はこうやって命を永らえてきたのかと思うと自然はやはり先生なんだ。動物の用心深さが外交のコツなんだ。外交に失敗したから倭タケルは死地に追い込まれ白鳥となって飛び去った。明治以降も下級武士支配だったばっかりに上級外交の経験がなく戦争へと突き進んだ。そして現代アメリカ、ヨーロッパ、中国、北、アジア、アフリカと見て日本が何に用心しなければならないのか長州の安倍ちゃんは分かっているのだろうか。このまま行けばヤマトタケルのように白鳥となって日本は飛び去ってしまいそうな気がする。中国、韓国とレベルを合わせたような幼稚な外交を何時まで続けるのだろうか。もっと崇高な日本の姿を示してもらいたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティーチ

2014-01-25 08:31:38 | Weblog

まだ描きかけなのだがぐうたら畑の小屋で寝転んでいるとヤマガラがやってきて「ティーチ」と啼く木の枝に止まっていそがしくあっちへいったりこっちへいったりせわしない。餌台を作ってひまわりの種をあげてはいるんだがすごく馴れているわけでもない。あまり馴れ過ぎても困るから適当に距離を置いている。寝転んでいると足に乗ったりはするけれど。どれスケッチでもしてやろうかと鉛筆とウインザーニュートンをとりだして描こうとするとひとっ処にいないもんだから描けない。写真を撮ろうとしても撮れない。まぁいいかと彩色。あれどこか違うなと思ったけどもう飛んでいっていない。なかなか野性のものを書くのは難しい。よくイラストレーターやグラフィックデザイナーが鳥や魚や野生の動物なんかを描いているけどどうやって描いているんだろうね。モデルはひとっ処にいてくれないのに。とブツブツ。そういえばヤタガラスって出雲族と大和族が争った時、出雲族からでた裏切り者だってね。大和族にとってはヒーロー。出雲族にとっては裏切り者。どっかの国の話に似てるな。そんなことを鳥が教えてくれる「ティーチ」と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Asia fit

2014-01-24 08:27:39 | Weblog
自分で買うのはユニクロのヒートテックだけど誕生日プレゼントにパタゴニアの下着を貰った。ブルーサインの証明があるやつでスグレモノ。ヒートテックも山では汗をかくとこもってしまい網シャツに変えようかと思っていたところだから助かった。このクイックドライがどれほどのものか今度試してみようと説明書を読んでいるとサイズの項にAsia fitとある。パンツなら外国製に負けないが上は逆立ちしてもかなわないからこれはグッドジョブだね。アメリカンスタイルというかそのものズバリの発想って時としてというか道具に関しては100%いいね。日本人なら収縮させて誰にもあうものをさりげなく作ってさ普通のS,M,L表示でだすのだろうけど。昔はジャパニーズサイズって言ってたのにいまでは中国の経済発展でアジアフィットだからね。それでいいと思う。もう日本も自然を守って隠れて生きてもいい頃だと思うから。経済発展しなくても生きていける国の発展したモデルに日本はなれると思うけどな。Asia fitした価値ってこれからのキーワードかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乱心

2014-01-23 08:37:15 | Weblog
「殿、ご乱心を」と2枚舌のアンマリ経済再生相が細川氏が東京都知事選に立候補を表明した時に言った名言。細川さんのトップ政策が「原発0」だからその後原発は国のエネルギー政策だから都知事選の争点ではないとか20年前の金の問題とかいろいろと言ってマスコミがらみで細川おろしをみっともないほど画策してきたみたいだけどそれにも負けず老人は立った。国がエネルギー政策を何にもしないから細川氏が素人ながら「原発0政策」をぶち上げたんだ。素人というのは技術者じゃないという意味で見識が無いということではない。一番電気を消費する都市だからここから「原発0」を発信するのが筋だとオレなんか思うんだけどそれは地元の問題であって東京の問題じゃないってエセ評論家や御用学者は発信続けているね。この後におよんで何をかイワンだね。東京が民意だと国に突きつけるような選挙をやってもらいたいね。無論国民の総意だとエネルギー政策の転換を国に迫ってもらいたい。名護市の民意は踏みにじったが東京も踏みにじれるかこれも見ものだね。当の細川氏は「殿 ご乱心を」と言われましたが「乱心でなきゃこんなところに出てきません」と芸術家らしく切り返していました。電気も必要ですが美もまた必要なのです
さてこの戦い、どうなることやら。ちなみに今日は、私の63回目の誕生日です。チーム63のうちで自分が一番遅い誕生日なので今日からチームはチーム64になりました。よく生きてきたなと思います。アブナカッシイけど面白く可笑しくそれなりに・・・いやいまはまだまだ「人生を語らず」ですか。僕らにもいつ「ご乱心」がまだあるかもしれないから。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神勅

2014-01-22 18:59:18 | Weblog
過去ばかり向いている国に未来がないように過去を振り返らない国にも未来はない。幸い日本は歴史を大事にする国であるから国が困ったとき昔の人はどんな知恵で乗り切ってこられたかを見ることが出来る。神代からの繋がりがある日本人の体質で言えば神武天皇が畝傍の橿原で即位され歴史が始まるわけであるがその前に天照大神が天孫降臨のときニニギの命に命令を出されたのである。これを「神勅」という。「日本を農業国家として成立せよ」という命令だったという。それが神武天皇に受け継がれ大和の平定と農業立国を成し遂げるにいたるのだ。これが日本人の基本。他の宗教と違い子羊を殺してささげるのでもなく熊の頭をささげるでもなく敵から奪った戦利品をささげるのでもない。日本人は農産物を天の神に捧げて先祖の霊に報告する。そこには一点の偶像崇拝の要素もなければ迷信の要素も無いと古事記にある。渡来人のことも記紀にはよく書かれているから技術や文化的なものが融合し今日の日本文化が生まれてきたのであろうが低きに流れるのが世の常ならば悪習もほとんど渡来してきているので渡来人がもたらしたものを今一度考察してみなければ真の日本の姿は見えてこない。とこの頃そう思うのです。縄文人、弥生人、渡来人。国津神、天津神、渡来の神、仏教と多種多様に混合されて取捨選択を繰り返されたのだろうけどなかなか単純じゃないからこの国は面白い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加