フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

2010最後の日

2010-12-31 19:33:26 | Weblog
大晦日、2010年最後の日、西日本は強い寒波に見舞われて山間部は雪、道路は凍結、冷たい風が吹く一日だった。僕は朝から、黒い喪服に袖を通して黒いシャツに黒いタイを締めた。黒いシャツを着ようと思ったのは白いシャツが夏用の薄いのしか見当たらなかったから、それに葬式用よりパーティ用の白いシャツが圧倒的に多いのも関係があるのかな。冬用のブロード織のヤツが何枚かあるんだけど黒のドレスシャツがあったので着てみるとなかなかステキ。これでいいんじゃないかと自分でルールを決めてナンにあたるんだろうちょっと神経質そうな大金持ちのオバサンの葬式に出かけた。式場にはベンツがズラリ。どこのヤクザの葬式や。金持ちってのは感覚がズレてんだね。といろいろ見ながら式場へ入った。自分は親類は苦手だから親類席には坐らず一般席の末席に坐った。こっちの方が気が楽だから。確か、ここの息子といっても自分より年上なんだけど若い頃はホームレスのような格好で腰から手ぬぐいぶら下げて相当変人だったと聞いていたのでどんな風になっているんだろうと対面を楽しみにしてたけど単に普通の高級官僚という感じだった。何でも東大でいちばんできたという伝説の男だったけど。どの息子が坊主頭で坐っているから海老蔵かと思ったけどよく見るとテッペンがはげてた。テッペンが禿げるのはウチの血統だからしかたないか。遅いか早いかの違いだ。オバサンは、死の前日まで普通に暮らしていてその日の午前3時頃ポックリ逝った。心筋梗塞だった。歳はいくつだったか忘れたけれど寒いというのも遠因だろうか。それにしても大晦日に葬式だなんて。金持ちでも社会的地位があっても死んだら関係ないね。死とはきわめて個人的なことだから。ベンツに乗ろうが大八車に乗ろうが行き着く先は同じ。ただ何も持たずに骨になるだけ。500℃から700℃位の高熱で焼かれて終わりなんだよ。諸行無常だね。ひとへにかぜのまえの塵におなじ・・・か。でも、パンプより先に逝くとは思わなかった。パンプ元気です。
一年の終わりは、新年の幕開け。龍馬が脱藩のときに無事を祈って出て行ったという坂本家の家神「和霊神社」で龍馬と共にカウントダウンという催しがあるんだけどこの寒さだから参加できそうもない。脱藩できんな。それでは、みなさまよいお年をお迎えください。本年のご愛読ありがとうございました。来年は年男です。跳ねて見せます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老援隊

2010-12-30 16:39:23 | Weblog
今日は、本来なら「餅つき」をする予定だったけど、腰が痛いのとマーチンがマンボーだから餅をひっくり返すのができないのと予備の若者が育っていないのとで今年は中止とした。老援隊の体力は思うほどではないのだから。さて時間が余ったので一人で親父の墓掃除と墓参りにでかけた。冬は、虫がいなくて作業がスムーズ。となりに、龍馬たちが遊んだ山を開発して痕跡を消した霊園とやらがあるがコンクリートで草一本ない。墓と言うよりと思う。草が生えて引きにいくから先祖とも作業のあとの疲れた体を癒しながら手を合わすといろいろな会話が楽しめるのに。車で来て汗も流さず処理をしてと言う感覚なじめないな。まぁ、人それぞれだからと隣の霊園を尻目にまだ、龍馬の足跡を感じる我が家の墓地の枯れ草の処理をした。シキミを挿しているととこからともなく天道虫がきて水筒にとまり、そのあとショウリョウバッタも来てm同じ水筒に止まった。Ladybugかgrasshopperというのはバランスが悪いな「お前はDandybug」にしよう。仲がいいんだねとこんな寒い日に一緒に来るなんて。と虫とお話して墓に手を合わせて帰ってきた。フェルトの靴を履いていたからくっつき虫が沢山付いて取るのが大変した。今日はここまで。と区切りができるのが墓参りとかにはあっていいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土佐勤王トーク

2010-12-29 18:31:45 | Weblog
今朝テレビを付けて「龍馬伝総集編」を予約録画しようとしたら再放送だけど「復活土佐勤王トーク」と言う番組をやってた。「龍馬伝」で山内容堂に壊滅された土佐勤王党を演じた「武市半平太」をはじめ望月清平、亀弥太兄弟、川端容之助?がセミフォーマルな格好で出演してた。武市半平太を演じた大森南明がちょっとアンデス風のファッションで中々いい男に映っていた。東京生まれの東京育ちだということで話し方と言うか全体の雰囲気が垢が抜けてるというか田舎者はどうカッコつけてもかなわないなと思った。帝都の魔力なんだろう。やはり、日本人は、セミフォーマルっぽいファッションのほうが、カジュアルより見やすいね。それに、最近ジャケット好きだから清平がしていたボウタイなんか自分で結ぶやつで好感が持てた。改めて言うわけでもないが「龍馬伝」の土佐勤王党の思い出シーンを振り返っていたが半平太と富の別れの朝餉のシーンには全員が泣いていたよ。出演がなかった役者も。こんなのいままでなかったでしょう。ストーリーを追って見ているときには気づかなかったけど丁寧に撮られていることに感激した。これ、レギュラーでできそうだなと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ginger jam

2010-12-28 17:52:54 | Weblog
バジルから無農薬の生姜を沢山貰ったのでこの時期、風邪の特効薬にもなる「ginger jam」を作りました。無農薬だから、素性がしっかりしているから安心して作れた。


土を洗い落とし皮を簡単に剥き小さく刻んでフードプロセッサーでジャー。砂糖と蜂蜜をいれて普通のジャムを作るよりは、緩い目に抑えて、仕上げにレモン汁を入れて火を止めて出来上がり。熱々のものを熱湯消毒したビンに閉じ込めて出来上がり。冷めてから少しいただきました。「うまい」これホントです。冬にはいいなこの味。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女は強し!

2010-12-27 18:50:13 | Weblog
昨日の女子フィギアスケートは、素晴らしかったね。浅田真央の復活も村上佳菜子の躍進もすごかったけど安藤美姫のフリーの演技は圧巻だった。思わず見入って気が付けばフロが沸きすぎてボコボコいってた。この強さはナンなのでしょうね。浅田が勝ったと思ってみてただけに驚いた。女は強いというのが印象かな。浅田は、絶好調ではない状態での試合だったからこの復活は彼女自身では満足な結果であっただろう。ヤングが数多くでてきた中で村主が頑張ったのも印象に残った。浅田はこれから精度をあげて女王としての地位を取り戻すだろう。安藤は、たちはだかる存在としてますますフリーの演技に磨きをかけるだろう。どちらが勝っても遜色はない。人を魅了すると言うのが勝負なんだからあとは好みの問題だろう。安藤美姫のセクシーさもいいし浅田真央の優美さもいいと思って見ている。みんな終わったらハーハーと言ってるから相当激しいスポーツなんでしょうね。テレビの前でウダウダ見てる身には分かりようもないのだが立ってるだけでも大変なんだからねスケートって。完璧、完璧、完璧と3人の完璧での点差は採点方法を知らなくても分かるような気がする。凄みの差なんでしょうね。作戦とか闘志とか乗り越えたところにあるもの。観客は其処を見て納得してるんじゃないだろうか。冬の華なんだね。世界選手権、キムヨナとの対戦が楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

retire

2010-12-26 20:30:24 | Weblog
今年retireすると決めていた。まだ、体が動くうちに。今までやってたことはもうやめて本来の心の欲することをやる。詩を書いて歌を作って物語りを綴って発表する。勿論、一人ではできない。コラボというのだろか感性が近い人や、刺激を受ける人と一緒にやりたいな。僕のワールドを自分自身がどこまで素直に表現できるか。いまこのことにすごく関心がある。いままでは、多分逃げていた。と思う。でも、この歳になって、初めて自分をぶつけてみたいと思った。若いときの感覚と違って名誉欲はないな。自己実現欲というのかな。それも、平常心。評価はどうでもいい。結果は後からついてくる。この言葉が、実感としてしみこんできた。僕は、この15年、充電をしてたのだろうか。何と長い時間の充電だこと。装置が古いから時間がかかっても仕方がないか。でも今、晴れ晴れとした気分。力が甦ってくる。平成のドンキホーテのようだ。さて、何を目指すか。その前に、珈琲飲もう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

carol

2010-12-25 21:02:29 | Weblog
クリスマスキャロルが聞こえる日、ナザレのイエスという男の子と同じ日に生まれた男の子の6歳の誕生日に行って来た。その子は普通の子とはちょっと違っていて染色体が1っポン多いのだよ生まれつき。でもね、外見はほとんど変わらない。このところ言葉が多くなって「なせばなる」とか「からくれないにみずくくるとは」とかかしこいのかどうかわからない。でも感性が鋭いのはわかる。普通の子が言葉を覚えていくのは分かるような気がするけど彼等がどうやって言葉を覚えていくのか謎である。そこに少しの驚きと感激を感じる。この子達が生きやすい社会を僕らは作れるのだろうか。と思う。いまはいいけど、彼らは成長し、僕らは、歳を取っていく。ナザレのイエスと言う男の子と同じ日に生まれた男の子。僕らは、キャロルを歌い続けていこう。今日は何故か感謝と言う言葉を身近に感じる・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Santa Claus's coming to town

2010-12-24 18:16:06 | Weblog
クリスマスイブだから我が家の猫達に小さな電気ストーヴをつけてあげた。そしたら早速あったまろとばかりに二匹が擦り寄って暖をとっている姿なんか微笑ましい。

サンタさんって何歳だったっけ?橇に乗って走り回れるということは60代かな。そろそろサンタの年齢なのかと思うと楽しくなるね。さぁ、プレゼントもってマーチンとこのクリスマスパーティに行ってくるか。

行ってきました。ケーキは、施設の子供達が丹精込めて作ったもの。チョコレートケーキは、ベルギーの本格派だよ。

プレゼントはね、ジャムの詰め合わせにオランジェット。

ちょっといい感じ。
それよりね、東京のクリスマスライブでね僕が作詞した「love you」が歌われるんだよ。アーティストの人が気に入ってね歌っていいかって姪を通じて言って来たんだ。いいとも!ステキじゃないか。応援歌だもの。すべての人に元気を与えるんだ!
あらためてみんなに聞いてもらいたいから。上手くリンク張れたかな。僕にサンタさんが来たみたいだ。

[VOON] love you

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は月が潤んでいる。

2010-12-23 21:09:42 | Weblog
ラファエルのキャラバンを聞いていたら月が潤んで見えた。自分の目が潤んでいるのかと思ったら月のほうが泣いていた。もう、涙があふれそうになるという歌だからな。と勝手に決めている。寒いクリスマスになるというからその前兆かな。北国はホワイトクリスマスだろうな。ラファエルのいるフランスも雪だろう。僕は、明日ひとつの別れをする。クリスマスイヴフィナーレだね。なんとなくロマンティック。月は潤んで僕は目にいっぱい涙をためた女の子の前から姿を消すんだ。想像だけどね。願望かな。とかなんとか、別れがあることは事実なんだ。お互いに意志を持たないと明日バイバイって言ったら永遠に会えないなんて無情だね。だけどもう僕は、旅立ちの時だから、十分時の流れの中で休養させてもらったからもう行かなくっちゃ。本来の自分に戻る時が来たんだ。否応なしに。何だか自分の中で力が湧いてくるのを感じる。こういうの年寄りの冷や水っていうのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

profitからbenefitへ

2010-12-22 20:25:49 | Weblog
利益ってなんだろう。稼ぐと言うことは大事だがいまや世界中がこれに夢中になっている。人間の生き方の一つのパターンにすぎないのにまるでこれじゃなきゃ人に非ずとばかりに国を上げて狂い走る。稼いだもの勝ちこれが世界サイズで走りだす。グローバリズムってprofitableの物差しで何でもかんでも計ってしまう世界のこと。でもねそろそろbenefitの考えに戻りませんか。むかしむかし人間はベネフィットで暮らしていたんだよ。稼ぐことではなく自分のためになることを基本に他人のためになる生き方をしてたんだよ。profitでなくても生きていけた世界があったんだよ。循環社会っていうのかな。教養ってことが一番だったんだ。利益を上げその恩恵にあずかる暮らしよりも人間の徳に接する暮らしを!というのが今の僕の理想だ。便利さの中にあるprofitよりbenefit 人の中にあるprofitよりbenefitまだ思考途中ではっきりと伝えることができないけどこれからはbenefitの時代だとボンヤリと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加