フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

感激

2010-06-30 01:42:59 | Weblog
world cup 日本はpkで散った。試合が勝てそうだっただけに残念。120分の死闘。感激だ。サッカーは国技になれるんじゃないかな。試合の延長戦に俊輔を出してもらいたかった。スター選手が嫌いな岡田の性癖が出たんだろう。でも、出てたら勝てたと思うのは自分だけだろうか。しかし、長谷部の立派さに敬意を表してそのことは、言わずに行こう。日本は強くなった。ありがとう。楽しめました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外では蛙が大合唱

2010-06-29 01:34:12 | Weblog
雨になるのかな家の外では蛙の大合唱。田圃もないのに蛙がいるんだ。里山があるからかな。自然に近い庭があるからかな。蛇もいるし蛙もいるのか。昨日からフィガロの具合が悪くて戻してばかり。死ぬかと思ったけどなんとか水が飲めるほどに回復している。それというのも、いままでしたこともないことだけど帰ったら犬の餌から、自分の餌の予備まで全部あけて大宴会したんだ。その報いで急性胃炎を起こしたんだろう。なるべく自然治癒力でと思うからos1で口を湿らせて様子を見ただけ。回復に向かいつつあるので一安心。一安心といえば、垣根の剪定がはいった公園だけどまだ下刈りはされてなくてなんとかねじ花がてっぺんまで咲いていけそうだ。


自然は偉い。ウルーは絶対に勝手に食べないのにフィガロはおばさんとこであまり躾けられてないんだね。これで懲りてくれたらいいんだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママでも金、ロンドンでも金、パンツも金

2010-06-28 00:17:52 | Weblog
ママでも金、ロンドンでも金、パンツも金、入れ歯も金、なんでも金とどこかの馬鹿がいってたけど金はそんだけ魅了する物質であることは間違いない。このところネックレスを作るのが面白くて731円のチェーンとか490円のメダルとかを組み合わせてオリジナルチョイスのものでささやかに楽しんでいたんだが本物が欲しくなった。好みとしてはシルバーなんだけどシルバーは持っているし今度は金かなと思ったとたん女子柔道のあの人を思い出してしまった。仏様じゃあるまいしお箸も金、茶碗も金なら笑っちまうね。でもゴールドの持つ魅力は、そんな金おばさんを惹きつけるだけでなくシルバーおじさんもうっとりさせるから不思議。ゴールドのコインペンダントといえば、スティーブマックィーンかアランドロンだね。野球選手が着けていた喜平のチェーンはイメージじゃないが一つぐらい本物を持っているのも悪くないかなと密かに思っているが、今は金相場は値上がりだから買うのは待てと言われるけど資産として持つのではないからあまり気にならない。ちょっと体を絞めてささやかな金が胸の上に光るというのがイメージだけどね。金を欲しがるなんてやっぱり歳なんでしょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町内会

2010-06-27 19:06:41 | Weblog
今年は、町内会のお世話係の番が来て町内会費を集めたりゴミ当番に出かけたりとみんなが順番にすることをしてるだけだけど、みんなのお宅を訪問すると何故か昔より喜んでくれることが多い。不思議だなと思いつつ考えてみるに昔は1日1回は誰かを見かけたり誰かに出合ったり誰かと話したりしたもんだけど今は、一日誰とも会わなかったなんてザラだもの不思議はないか。若い人が多い新興住宅地の町内会では何かとトラブルが発生して町内会も大変だよと友達は言うけどここは、老人地区だからそんなことはまずないのだが、家からでてこなくなったのかな。小さな道まで消防法だ住宅法だとアスファルトで固めるからかな。昔は、よく道端の草を引いてる人がいて挨拶交わしながら家路についたもんだからずっと近所の人に合っているような錯覚があったから改めて思うとしばらく会ってなかったなとつくづく思った。おかしいよね、住む場所の人を見かけない生活なんて。でもこれが現実か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日だがバーゲン初日

2010-06-26 16:08:02 | Weblog
九州の南部と四国の太平洋側は大雨の注意報だったか警報だったかが出ているけれどバーゲン初日の店をのぞいてみよう と朝から出かけた。僕が買いたかったロッククライミング用のパンツはセール対象外で何のために来たことやら。さすが、男物は自分ひとりだったけど女物には多くの人が来ていた。一体みんな何を買うのかな。僕この夏買うと決めていたグラミチのパンツと庭師用のTシャツを買った。「セールだろ?」と念を押してやったのは言うまでもない。「すみません、両方とも対象外です」だって。こんな時もある・・・か。アルボマレーの60/40のパーカーもあったけどこれも対象外。いったいどれがセール品なんだというとシャツをさしてそこいらです。ウ~ンいらない。服は満足度だから他の商品とは自分の場合尺度がちょっと違うんです。今年は、自分が10数年前からしている自転車乗りのカントリー系ファッションが主流だから初めて外国を頼らず自分の住んでる街で買い物が出来ると喜んでいたのにこの有様じゃまだまだネットに頼るしかないのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相撲より日本人的なサッカー。

2010-06-25 10:21:14 | Weblog
World Cup 日本はデンマークに勝って決勝リーグに進出をしました。リアルタイムで見てないからなんとも言えないが最後の岡崎のシュートが良かったね。まるで絵に描いた見たいに「和をもって尊しとなす」の文化が花開きましたね。自称、国技の相撲より日本的だった。それも世界に通じるレベルだった。これから、日本のサッカーは研究されるだろうという予感がするのは僕だけだろうか。堅い守りと瞬間の鋭い攻撃。スピードと守りは剣の道にも通じるからある意味日本はこのスタイルがもともとのDNAだったのだ。すぐ何かというと人まねコザルのサッカーを今までやっていたけど今回、これだ!と確信した選手は多いんじゃないの。そして何より中国が真似てくるだろうな。あのアジアで一番体力がある民族が日本式を取り入れていつか席巻するときがくるだろうと予測はつきない。次は、パラグアイ戦。南米の真ん中にある小さな国だね。凄い強いってイメージなんだが大丈夫かな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語は死にますか

2010-06-24 10:21:37 | Weblog
今凄い英語ブームというか企業がこぞって英語なんだってね。楽天なんか社内では英語で統一するというとバジルが言っていた。何で英語なんだろうこれからのことを考えたら英語圏なんて衰退の一途で夢も希望もないのに。これからはアジアだよとも。そうだよな歴史をひもとかないでも自国の言語を大切にしない民族は、滅んでいるじゃないかい。はじめに言葉ありき、言葉は,神であった。と言ったのは聖徳太子かイエスキリストか。別に話せなくてもいいんじゃないか日本人は大抵の人が正しい日本語で英語が書けるんだから。どっちみち大声で自分の主張を話さないといけない言葉は日本人には似合わないよ。それよりアジアに日本語を広めようよ。これから日本語を使う日本人は確実に減るんだから。食料自給率と同じく心配だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土佐勤王党、弘瀬健太の手紙見つかる

2010-06-23 10:24:18 | Weblog
幕末の志士、土佐勤王党の弘瀬健太の手紙が見つかった。うちの近所でね幕末の頃なら「健ちゃん」と呼んでいただろう。知らない人も多いだろうけど龍馬の幼馴染で平井収二郎とともに切腹させられたと言うくらいしか僕も知らない。このたび子孫の人の家から手紙が見つかったということで当時の様子。攘夷のことが少しでも垣間見える貴重な資料となるということだ。当時の土佐藩の追及が厳しく切腹後も詮索されたので手紙なんかもやばいのでほとんど焼かれたという。収二郎なんか墓まで捨てられたんだから。それに健太は吉田東洋暗殺にかかわっていたからなおさらであっただろう。享年28だったかな。龍馬は弘田の死を聞いて一晩中泣きとおしたという。友達が、幼馴染が理不尽にも殺されていく現実に途方にくれたでしょうね。もう少し時がゆるやかであったなら・・・白虎隊の唄だけではないのですよすべての志士の上にも時が情け容赦なく過酷に通り過ぎていったのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲は何やってんだ!

2010-06-22 10:01:14 | Weblog
朝青龍が横綱の品位を汚したとかで引退に追い込んだ相撲協会が野球賭博まみれの団体だったなんて品位が聞いてあきれるね。こんなもんだろう臭いものには蓋をしろなんて体質のとこは。それより何より「相撲賭博」が開帳されていなかったかどうか協会は調べなければいけないんじゃないかな。八百長ももう一度調べなおしだよ。この体質だろう黒に近い灰色だと思うよ。板井を呼んできてやくみつるにインタビューさせろよ。横審もこれで信用度が落ちたね。なんだかみんなグルのような気がするよ。力士と言うくらいだから暴力団には強いのかと思ってたが「たっすいがはいかん」のだね。単なるデブの集団か。もう何をしてもだめだから金権体質から抜け出してアスリートとしての威厳を取り戻したいのなら政府に働きかけて野球賭博、相撲賭博をサッカーくじのように公営ギャンブルにしてもらうことだ。そうすりゃ、大手を降ってお天道様の下で堂々とギャンブリングできるからさ。協会は朝青龍よりひどかったんだから朝青龍も呼び戻してさ大相撲野球賭博と暴行場所なんてやらないかな。目先の金より存続をかんがえなければいけないよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねじ花が咲いていた

2010-06-21 20:26:55 | Weblog
公園で犬と散歩していると草むらにねじ花がポツポツと咲いているのを見つけた。今年は多いのかな。それとも毎年見つける前に刈られていたのかな。


今年は、涼しかったせいか雑草が伸びるのが遅いような気がする。雑草が伸びたら係りの人が草を刈るからまだ刈られてない。それで、今年はたくさんのねじ花が見られるのかもしれない。歩いているとベンチに坐ってた高校生のカップルがキスしている。モウこの歳のなると「きたねぇな」と思うだけで何の関心もない。道の真ん中を大きな青大将が横切っていく。蛇をはじめてみた犬は、あとずさっておっかなびっくり。僕は、いつから蛇が平気になったんだろう。歳のせいかなと思いながら蛇の横をゆっくりと通っていった。それにしてもフィガロとかウルーなら蛇にちょっかいを出して自分の危険も顧みず果敢に挑戦していくだろうに猫は野生が強く残っているものなのかそれともうちの犬が弱いのかなとも考えていた。蛇は無事に道を横切り木をのぼていった。小鳥が止まるのを待つのだろうか。モンクがI have been very busy How was your day?ときいてきたのでI have enjoyed my slow lifeと答えてやった。マイペースというか誰にも縛られず指図されずささやかな自分の生活費を稼いで足るを知り自分の好きなものに囲まれて生きてるだけのことなんだけど自分はこれで言いと思っている。誰か偉い人が言ってたけど欲のない人間ほど始末の悪い者はないと。始末の悪い人間なんだろう。いまさら、欲欠いてもしかたがないからな。外国人にはちょっと理解できないらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加