フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

柑橘類

2007-09-30 16:10:27 | Weblog
檸檬、酢橘、仏手柑、かぼす、酢蜜柑、柚子。今、手にあるドレッシング。魚にも、肉にも、野菜にも絞ってかける。山にも、海にも、川にも持っていける。いままでこんなに美味しいのかと気づかなかった。きっかけは、単に、サラダにかけるドレッシングをきらしてたこと。刺身に使うようにと酢橘があったからたまたまそれを絞って代用品にしたこと。その味が、とても新鮮だった。それから、やみつき。持ち運びは便利だし、変な食品添加物は使ってないし、無農薬か、有機のものなら、洗って、皮ごと使えるしとっても気に入っている。それぞれに、香りと味が違っていて楽しめ、なによりレフレッシュな気分にさせてくれる。身近にある自然のドレッシング。もっともっと利用されてもいいんじゃないかな。世界に誇れるものだと思うよ。写真のものは、自然食品の店で買った、有機のかぼす。薄く切ってサンドウィッチにはさんでもいいよ。自分達の環境問題は、まず、食から。地産地消ではないけれど手間隙かけたものが、今は好き。ずっと好きかな。食べ物は、他の命をいただいているんだから、この連鎖を絶ってはいけないと思う。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

眠り猫

2007-09-29 18:49:40 | Weblog
猫ってよく眠る。もともとは、夜行性だったからか、昼間は、ほとんど寝ている。けど夜も寝ている。人が眠った頃、少し動いているらしいけど、飼い猫は、よく眠る。犬は、つながれていて、することがないから、寝てる場合が多いけど、猫は、気ままに生きているからそんなに寝なくてもいいと思うけど、起きて、餌貰って、寝ての繰り返し。時たま、遊ぼうといってくるけど。そんなものなのか。ウルーの前の飼い主の人が持ってきたダイエットのキャットフード、高いのに、あまり食べない。前の普通のキャットフードは、カリカリ食べてたのにそんなものなのか。肉より魚が好き、野菜も少々食べる。ご飯も食べる。牛乳は飲む。じゃこと鰹節とチーズが好き。またたびは、あまり感心がないらしい。庭の開いてた鉢の中に猫草の種をまいたら、芽が出て、少し伸びてきた。人の手を挨拶代わりに噛む。用事があるときは、ニャーニャーとしゃべる。寝言を言う。のどを鳴らす。お風呂もそんなに嫌いじゃないが、ブラシは怖がって逃げる。トイレは、外の木の下と自分できめている。水は、風呂場で飲むと決めてる。気まま、自由がモットー。猫にも学ばなくては・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑いニャー

2007-09-28 20:00:25 | Weblog
今日の暑さったら31℃から三十二度だよ。9月の終わりで。アフリカのように乾季と雨季の二季になったりして。少し秋めいてきたかなと思ったら、また、保水力のなくなった頭から、滝のような汗。ウルーでなくとも暑いニャ-と言いたくなります。聞いた話によると確実に格差が広がってきていますね。世界水準と地方水準という分類化が進んでいる。かろうじて、インターネットのおかげでその一端に触れることは出来ても実感として体験するには、知力、体力、財力が足りない。ひしひしと地方の衰退を感じる。昔、都会は世界を身近に感じ、地方は、宇宙を身近に感じると書いたけど、いまや、その宇宙すら、入り手のない県外業者の高層マンションに遮られて家で寝転がって見ることも出来なくなっている。紛れもなく、時代は、世界の人々に接し、その異文化に触れ、自分自身を見つめなおし、新しい何かを形成しなければならないところまできているけど、これだけ、疲弊して何ができるというのか。一つだけできるとすれば、スモールパッケージの思想で海外特派員と交流することだけだ。だから、地方で、せっせと外国人とお友達になろうとしている。これなら、自己投資のラジオ英会話とスマイルでなんとかなるもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポーターさんちの萩

2007-09-27 19:12:29 | Weblog
スミレフの家の入り口、ポーターさんちの曲がり角と呼んでいるんだけど、季節の花でいつもいつもにぎやかなんだ。そこにでてきた、スミレフと一緒に萩談義。他のより、花が少し大きいでしょう。京都のね、御所のところにある神社の萩と同じモノなの。へーぇ、そうなの?持っていく?もう終わりかけだけどと言って、2~3本の枝をきってっくれた。京都かぁと思いを馳せながらもらってきた。この色、何ていうのだろうか、紅?緋?日本の色だよね。季節も、花もやさしく、水はきれいで、中間色ともいえる日本の色に囲まれて静かに暮らしていければ文句はない。一日二合の飯を食い、おかずは二品。味噌汁があれば、文句はない。与えられた空間を、なるべく永く使えるように、こまめに掃き清め、まじめにコツコツ働き、花を眺め、犬を見て、猫を撫で鳥の声を聞きながらの毎日であれば文句はない。ついこの間まで、昭和と言う時代にはまだ残っていたものが、今は、まったくないんだろう!?せめて、秋には、日本を取り戻したいね。世界に、まれに見る優れた文化なんだから。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりだね月見るなんて

2007-09-26 18:57:25 | Weblog
お月見しましたか?久しぶりだね月見るなんてという感じでした。昨夜の月は、とってもきれい。澄んだ心のように穢れなき満月だった。空は、秋。はやく、秋の日にならないかな。月の引力に引っ張られたわけではないだろうが、左眼に星が降って、こちらも久しぶりに眼科へ行ってました。眼下の敵という映画が昔ありましたね。戦争映画だったと思いますがなんかポスターをおぼろげながら覚えている。それはともかく、医者が言うには、手術しましょうということだった。星ではなく、肉芽でした。網膜を少し圧迫してると言うことで取りましょうということになった。嫌だな、目を切るなんて。でもね、目と歯は大事なんだから早期発見、早期治療が一番だよ。そういいきかせ、手術に応じるように手続きをとりました。立ってるだけで足首は捻挫するし、寝たら頚骨は、ズレルは。経年疲労ってあなどれないよ。これからは、できるだけ長持ちするようにメインテナンスを心掛けよう。これからも、これまでのようにフリーでいられるように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝食

2007-09-25 08:17:27 | Weblog
八木重吉の雲の詩を読んで心境が微妙に変化している。”私は、まちがっていた。私は、まちがっていた。草の上にすわるとよくわかる”と続くんだ。昨日まで正しいと思ってたことが、何かを境に急に間違いだったと気づく瞬間ってあるよね。それでいて、素直になれず逡巡している。草の上にすわって、空を見上げれば、素直に認めることができそうなそんな予感を与えてくれる。
今朝の朝食は、トマトジュース(自家製)とレーズンパンと胡桃のはいったフランスパン。それに、ゴールデンキウイのコンフィチュール。ハムも、ベーコンも焼き魚もないいたってシンプルなもの。日本人は、食べ過ぎだと思う。もう少し、シンプルに暮らさなければ、中国のように、人に反省ばかり求めて、自分は、反省しない国家になってしまう。
なでしこジャパンは、立派だった。スポーツの世界に政治を持ち出すなんて民意が低すぎて議論の余地もない。あんな国でスポーツの祭典であるオリンピックを開いてよいのかはなはだ疑問だ。今からでも遅くない変更すべきだと思うよ。なんて、ブツブツいいながら、反省すべきは、反省して朝食をいただいております。合掌
死は、神である。生は、神である。自分は、ただ、合掌していればいいのだ・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモス2

2007-09-24 14:15:34 | Weblog
今日は曇り。雲のある日、雲は悲しい。雲のない日、空は、寂しい。とか詠いながら愛車ラレーに空気を入れて、少し遠出をしてみようと、買ったばかりのサイクリングパンツにサイクリングシャツを着て久しぶりの自転車で風を切ってきました。途中、犬を4匹連れたおじさんが土手の隅で倒れてたり、それを発見者よろしく、オッカナビックリデ声かけようか、救急車呼ぼうかと悩んでるおっさんがいて、それを見てるほうが面白かった。僕は、知ってるんだ。土手で転がって前後不覚に寝るのがこのおっさんの日課だということを。犬に守られていい気分なんだ。しばらくいくと、今度は、お遍路さんかな、この寺に行くのだが道が分からない。地図の見方がわからないから教えてくれと言われた。見方がわからなかったら地図なんてもつ意味がないのに人間て面白いね。それで安心するんだから。いい気で走っていると、途中から舗装がなくなっていて、おまけに水溜り。マウンテンならともかくロードだから冷や冷やもんだった。やっとでて自転車見たら泥だらけ。思わぬ不覚。予定を早めて自転車を洗うべく帰路へ。途中で、コスモスの群生に出会う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホットドッグ

2007-09-23 10:13:03 | Weblog
朝、散歩に行った帰り、何だか、ホットドッグが食べたくなって、家に帰ってから、冷蔵庫の中を探すと無農薬のキャベツとナスがあったので、それにニンニクを加えて具をつくり、腸詰ウインナ-の変わりにハムステーキをパンにはさんでオーブントースターでチンしました。ウインナ-よりハムステーキの方が、あっさりとしていて朝向きかな。それに、牧場でとれたばかりのミルクといきたいのですけど、ちゃんと殺菌されてる低温殺菌の牧場ミルクとデラウエアの新しい品種のネオデラウエアとゆで卵。今朝の朝食のメニューはこんなもんです。写真を撮っていたらパンプがホットドッグの端っこを齧ってしまったのはご愛嬌。まだまだ暑いけど気分は、秋になっている。夜空を最近みたことありますか?星がとってもきれい、空が澄んで秋になっている。宇宙は、四季を忘れていない。時間は正確に流れている。自分達の暮らしも四季の感覚で動いている。暑さに、惑わされることなく。ホットドッグをパクつくパンプを見ながら暖かい珈琲でも淹れようかと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花2

2007-09-21 20:00:30 | Weblog
家の庭では、今年は咲かなかったが、スミレフの前の庭で咲いてるのを見つけた。急にポンと花になるわけでないのでずっと前からあったんだろうけど、お彼岸になると急に現れるという感じ。薄いオレンジの上品な彼岸花だった。野に咲く真っ赤な彼岸花もいいけど上品なのもいいね。暑さ寒さも彼岸までだったらいいね。No heat or cold lasts beyond the equinox スミレフの家の庭は、ビクトリアポターの家の入り口にある→看板があるところにちょっと似ている。その奥が自分とこだからそこを通るとき、僕は、いつも思っている。ピーターラビットの世界にようこそと。今は、沢山の花をつけた萩が、道にまであふれている。そのまえを、パンプが通り、ウルーが通り、オランジュも通るだろう。皆、花に囲まれて幸せそうだ。そして、あしたとあさってと彼岸花が咲き誇るだろう。そうやって、1年を知るのかな?
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夏バテ

2007-09-20 21:20:41 | Weblog
夏バテかな?今日は、ひどく疲れた。自然食品の店に今日は、ルヴァンのパンが出るからとバジルが言うので歩いて出かけた。そしたら、バテタ。だから、無性になにか食べたくなって、蜂蜜の胡桃ケーキとレーズンパンと玄米のジュースとさん津軽を買って店を出るなりジュースを飲んだ。はやく公園へ行って食べようよというくらいお腹がすいてた。二人は、学校帰りの小学生が、駄菓子屋によって買い食いしているかのように、辺りもはばからずムシャムシャとケーキを齧っては玄米ジュースを飲んで公園まで急いだ。それくらい、バテテ、腹がすいてた。変なの?ナツバテかな?と思った。夜は、とーもろこしだけで済まそうとしたけど、さん津軽をむいで、ホットドッグを焼いて、グレープフルーツジュースも飲んだ。でも、まだ足りない気分。やっぱり、バテタンダヨ。夏バテは、秋に来ると言うもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加