フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

短歌

2016-09-18 07:51:27 | Weblog

今朝の新聞を見てたら高新文芸の短歌に高橋治光氏の歌が1席で選ばれていた。いつも注目して見ている高橋さんの歌の中でもこれは逸品だ。

「幾たりもの生命(いのち)を連れて離りゆく(さがりゆく)夏の背(そびら)は小さくなりつつ」

またひとつ段階を上がった感がある。継続は力なりと教えられる。といっても同い年で僕の友達の同級生で僕の知り合いで禿げたおっさんですけどね。「お前がこんな歌作るのか。イメージ狂うな」なんて軽口を言いながらも大したヤツだと認めている。これからもいい歌作って楽しませてくれ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Try mess hair? | トップ | ちょっと振り向いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL