フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

memory like an elephant's

2016-09-30 08:15:03 | Weblog

「象は非常に記憶力がよく、自分の身に起きたことは決して忘れない」福島がフクシマになった原発事故の記憶を数編の物語で表した柳広司の「象は忘れない」を読んだ。今年の2月に発刊されたのかな。いま皆がというかマスコミが忘れよう、なかったことにしようとしているフクシマ原発事故。誰も責任を取らなかった世界の不思議の事故。この事故の現実、この事故後の現実、被害者の分断作戦による疑心暗鬼。僕らが知らなかった現実が物語として語られるときへんに真実味を帯びているのはこれは本当のことなんだと暗に意味を込めているからだろうと納得してしまう。現状はこんなことがあって日本が3キロ避難だ10キロ避難だと言ってる間にアメリカは50マイル80キロ避難指示だった。政府や警察や県は原発が爆発する2時間前にどの方向に放射線物質が流れるのかを知っていたという事実。その結果を政府高官や県、警察、さらにはアメリカまでにつたえていた。国民の税金を130億もかけて作ったコンピューターシステムをつかって。何故地元住民には知らせず同心円で避難させて被爆させたのか。僕らも避難民の地元帰還許可ということにマユツバものだと思いつついつのまにかなかったことにしようという風潮に流れがちだがやはり立ち止まって事故の責任追及をしっかりしていかねばならない。ヨウ素131は8日、セシウム134は2年、ストロンチウム90は28年、プルトニウム239は約2万4千年。これが半減期。2011年には覚えていたことがいまではオリンピックに押され忘れてさられていた。この本は、もう一度、日本の在り方を含めて被害にあった人たちの心情に寄り添うべきだと教えてくれた。まるで象の問わず語りみたいに。「原発の建屋はジェット機が墜落してきても壊れません」と原発施設見学会で担当者が得意になって説明していたそうな・・。 「象は決して忘れない」。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経年疲労 | トップ | bellwhether »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL