フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

あけび2

2016-10-29 08:14:17 | Weblog

田舎に住んでるというと範囲が広くなるから人よりも鹿や猿のほうが多いといわれるほどの田舎に住んでるヨシローさんが昨日訪ねてきてアケビを3つもらった。「家にできてたの?」と「聞くと来る途中で見つけた」と言って差し出してきた。神出鬼没で猿のような爺さんだが3年位前には心臓の手術をしているのに「野生だなぁ」と思う。オレなんか彼と比べるとソフィスティケイトされてるなと思う。それに差し出されたアケビのなんとワイルドなこと。                                「こりゃカラスでもつついたろうかのう」「きれいにくりぬいてるね」「穴あいちょる」と毛むくじゃらのアケビを手渡してくれた。人の近くにできないアケビってこんなものなんだろう。人の近くにできるアケビはもっとツルツルして紫っぽいもの。「じゃぁ、帰るケン」といってさっさと帰ってしまったヨシローさん。まさに風と共に去りぬ。世の中分からない人がまだまだいるもんだ。                 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ半袖 | トップ | オブリガード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL