フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

キリギリスの讃美歌

2017-05-17 08:11:05 | Weblog

版画家の大場冨生さんの詩に「キリギリスの讃美歌」というのがあっていいなこの世界と思ったから書き留めておいた。正確なものじゃないけど…と思うけど書きます。

キリギリスの讃美歌 (大場冨生)                                                                                                          まっすぐな道なのに私の行くへがわからない                    ただ風に後押しされて歩いている                           もう一つ見えない道を探し歩く                          あの誰が為に輝いている                             小さな星をたよりに

版画も「さすらい人」のイメージで種田山頭火の句を載せていた。「ゆうべいそがしく燃えている火のなつかしく」その英訳を下にBusily at night Firewood burns Making me feel nostalgicとね。版画はCypress糸杉が燃える火のように描かれたものだった「さすらい」は男の永遠のテーマなのかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才はなぜ消えた | トップ | スケッチ日帰り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL