フェンネル氏の奇妙な生活

独身のフェンネル氏と2匹の犬と90歳のボケた母親との生活を
通して人生をユーモラスにまたペーソスに一人語りいたします。

昔ながら

2017-06-20 06:45:55 | Weblog

梅雨になっても雨が降らなかったから今年は水を畑に運ばなくてはと思っていたがやっと雨が降るようだ。Have you ever seen the rain.雨を見たかい?だね。これで百姓としては一安心なのだ。百姓と天文学者と宇宙関係者と漁師と航海者と人生をあきらめた奴は天を仰ぎ見るのかな。ドヤが網戸を開けて勝手に上がり込んでウルーが残したミルクを飲んでいた。「コラーッ」てなもんで近づくとあきらめきれないがひとまず退散といった風に元来た道を戻って行った。どうせウルーは飲まないしこのままでは腐るからとミルクを外に出してやる。いつの間にかどこからかドヤがまたやって来てミルクを飲むカランカランとお茶碗が空になった音。そう言えば、前にウチにミルクを飲みに来てた猫がいた。オランジュだ。「ウチはミルクバーじゃないぞ」と言ってもミルクをもらうまで帰らなかった。ウチではオランジュって呼んでたけど本名は茶々丸だったっけ。れっきとした飼い猫様だった。ドヤの本名は知らないがドヤも飼い猫だ。お花の先生とこの。ここら辺は猫も犬も年寄りも近所で面倒見るんだ。明るい年寄りの昔ながらの町だからね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 101歳の手 | トップ | あじさい往生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL