人生の処方箋・セラピスト愚禿進の我が計らいにあらず e-mail:gutokushin610@outlook.com

愚かで、弱くて、不完全なのが人間です。だから生きていてよかったと感謝の気持ちで、滋味深く生きよう。メールにて相談受付中

我が計らいにあらず 46 自然(じねん)という生き方 2

2017年05月12日 | 人生の処方箋

 しばらく休んでました。
 そもそも何故ブログ書いてるのかっていうと、自分のことをよく知り、日々是好日の生活を送りたいからです。病気になっても、老いても、お金がなくても生活を楽しむことです。楽しい生活を送るというのではありません。 年をとって、病気になって、お金がなくては楽しい生活は出来ません。でもね、難病や脳内出血で思うに任せぬ身体になっても、年金生活でも、生活を楽しむことは出来るんです。旅行だって行けるし、居酒屋にも行ってます。

 タイトルに自然という生き方なんで書いてますけど、要は愚に徹することなんです。小賢しい考えを巡らせず、好きなことをしてその日その日を送るということです。

 自然は(しぜん)ではなく、(じねん)と読みます。親鸞が晩年に達した境地です。自然法爾(じねんほうに)と言う四字熟語になっています。これについては仏教、特に親鸞に関心がない人には退屈でしょうからまたいつか触れます。辞書的な意味だけで理解しないでほしいだけです。日々の生活感覚、身体感覚、で理解していけるようにわたしは日々努めていますが、その努めること自体が必要なくならなければ、自然という生き方にはならないんです。ボチボチと行こうと思います。

 若い人や社会の第一線にいる人にとっても例外ではありません。これもわたしの偽らざる実感です。でも、過去を追うな、未来を願うなです。これも釈迦の言葉ですけど。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が計らいにあらず 45 自然... | トップ | 我が計らいにあらず 47 自然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL